アマリリス アマリリスの概要

アマリリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/08/06 23:02 UTC 版)

アマリリス
アマリリス(Merry Christmasという品種)
アマリリス(Merry Christmasという品種)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperm
階級なし : 単子葉類 Monocots
: クサスギカズラ目 Asparagales
: ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
亜科 : ヒガンバナ亜科 Amaryllidoideae
: アマリリス(ヒッペアストルム)連 Hippeastreae
亜連 : アマリリス(ヒッペアストルム)亜連 Hippeastrineae
: アマリリス(ヒッペアストルム)属 Hippeastrum
Herb.
ホンアマリリス
March lilly grave 1.JPG
ホンアマリリス (Amaryllis belladonna )
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperm
階級なし : 単子葉類 Monocots
: クサスギカズラ目 Asparagales
: ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
亜科 : ヒガンバナ亜科 Amaryllidoideae
: ホンアマリリス連 Amaryllideae
亜連 : ホンアマリリス亜連 Amaryllidinae
: ホンアマリリス属 Amaryllis
: ホンアマリリス Amaryllis belladonna L

日本には江戸時代末期に、キンサンジコ Hippeastrum puniceum、ジャガタラズイセン Hippeastrum reginae、 ベニスジサンジコHippeastrum vittatum等の原種が渡来している。

春植え球根の代表種であり、こぶし大の球根は成長が早く4月に植えると1ヶ月後には開花する。植え付け、植え替えはソメイヨシノが散る頃が適期である。

ヒガンバナ科のほかの植物と同じく、球根などにリコリンを含み有毒。

アマリリスという言葉について

「アマリリス」という言葉は広く使われているが、学名を意識して考えるとややこしいことになっている。

日本で一般的な人が「アマリリス」という場合は、冒頭に述べたような意味である。Hippeastrum属であるのに「アマリリス」というのは、かつてAmaryllis属に分類されていた名残である。

また、Amaryllis属というものがあるのに、Hippeastrum属の和名をアマリリス属としている場合があり、混乱があるようである。

Amaryllis属の植物、すなわち「本来のアマリリス」とでも言うべきものは、南アフリカ原産のホンアマリリスベラドンナリリーアマリリス・ベラドンナ(学名 Amaryllis belladonna)などと呼ばれる植物であり、 数品種が夏植え球根として販売されている。

画像




「アマリリス」の続きの解説一覧





アマリリスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アマリリスに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アマリリス」の関連用語

アマリリスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




アマリリスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアマリリス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS