アセンブリ言語 アセンブリ言語の概要

アセンブリ言語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/11/28 06:41 UTC 版)

モトローラ MC6800 のアセンブリ言語のソースコード

アセンブリ言語(アセンブリげんご、assembly language)とは、コンピュータマイクロコントローラ、その他のプログラム可能な機器を動作させるための機械語を人間にわかりやすい形で記述する、代表的な低水準言語である。なお、Assemblyとは組立を意味し日本語の意味では組立言語となる。

概要

プロセッサが直接実行できる言語は機械語のみであるが、機械語はバイナリ(数値)の羅列なので人間には理解しにくい。そこで、機械語を直接記述するのではなく、ニーモニックと呼ばれる命令語でプログラムを記述することで、人間により分かりやすくしたものがアセンブリ言語である。アセンブリ言語の意味は個々のプロセッサに依存するため、高水準言語のような移植性はない。

アセンブリ言語で書かれたプログラムを機械語プログラムに変換する事をアセンブル (assemble) すると言い、それを行うプログラムの事をアセンブラ (assembler) と言う。なお、アセンブリ言語の意味で「アセンブラ」または「アセンブラ言語」(Assembler Language)と呼ぶ場合も多い[注 1][1]

初期のコンピュータでは「アセンブラ」を「アセンブリプログラム」と呼ぶ例もあった[2]

アセンブリ言語の命令は、アセンブラに対する命令(疑似命令)やマクロ命令を除き、基本的には[注 2]機械語と1対1で対応し、プログラマがCPUの動作を把握しながらプログラムを記述する事ができる。

アセンブリ言語ではマシンの低水準な操作またはオペコードニーモニックで表す。オペコードによっては、機械語命令の一部として1つまたは複数のオペランドが必要である。また、多くのアセンブリ言語はオペランドとしてラベルやシンボルを使ってアドレスや定数を表すことができ、それらの値をプログラム内にそのまま書く(ハードコーディング)のを防ぐことができる。マクロアセンブラマクロ命令機能を備えており、アセンブリ言語のテキストに名前を事前に割り当て、その名前を使うことで他のコードにそのテキストを挿入できる。多くのアセンブラは、プログラム開発を支援したり、アセンブリ過程を制御したり、デバッグを支援したりといった付加機構を備えている。

歴史

機械語は、実行したい計算の内容をCPUの内部構造に依存した非常に単純な操作に分割・変換したものであるため、人間には理解しづらい。機械語を並べながらプログラミングするのは、人間のプログラマにとっては負担が大きかった。

そこで、機械語そのものを書く代わりに機械語の「意味」に相当する短い記号や単語を対応させ、それを記述してプログラミングをすることが考えられた。

世界で最初に実用的に稼働したノイマン型電子計算機とされるEDSACのローダ(外部記憶装置からプログラムやデータを読み出して主記憶装置に書き込むプログラム)において、既に原始的なアセンブラの機能が実装されている。EDSACはワード指向アーキテクチャで命令長が1ワードの固定長命令のマシンであり、入力装置は紙テープでありキャラクタ指向である。紙テープ上の A 1 0 0 F という文字列から十進法を数値に変換するなどの処理をおこない、「100番地の値をアキュムレータに加算する」という1ワードの命令を生成する、といった機能が、EDSACのローダには実装されていた。

機械語への変換は人間が手で行うこともあり、ハンド・アセンブルと呼ぶ。単に定められた規則に従って記号や単語から機械語を生成するだけなので、自動的に機械語を出力するプログラムが作られるようになった。このプログラムをアセンブラという。

コンピュータの歴史の初期には、このような、プログラムによって機械語プログラムを生成することを自動プログラミングと呼んだ。

ドナルド・ギリースには、まだ発明されていなかったアセンブラを開発中に、フォン・ノイマンに開発を即座に止めるように言われたという、1950年代初期ならではの逸話がある。当時は人間が手作業でもできるような瑣末な仕事をコンピュータにさせるような時代が来るとは考えられておらず、単に時間の無駄だとノイマンは考えたのである。


  1. ^ IBMはSystem/360から2011年現在まで一貫してアセンブラ言語(Assembler Language)と呼んでいる。例:IBM High Level Assembler
  2. ^ MIPSのアセンブラの一部など、命令の遅延分岐スロットへの移動を勝手に行うものもある。OPTASM(SLR社)という最適化アセンブラもあった。
  1. ^ Stroustrup, Bjarne, The C++ Programming Language, Addison-Wesley, 1986, ISBN 0-201-12078-X: "C++ was primarily designed so that the author and his friends would not have to program in assembler, C, or various modern high-level languages." - assemblerassembly language の意味で使っている例
  2. ^ Saxon, James, and Plette, William, Programming the IBM 1401, Prentice-Hall, 1962, LoC 62-20615. - assembly program という用語を使っている例
  3. ^ a b David Salomon (1993). Assemblers and Loaders
  4. ^ Beck, Leland L. (1996). “2”. System Software: An Introduction to Systems Programming. Addison Wesley. 
  5. ^ Hyde, Randall. "Chapter 12 – Classes and Objects". The Art of Assembly Language, 2nd Edition. No Starch Press. © 2010.
  6. ^ (John Daintith, ed.) A Dictionary of Computing: "meta-assembler"
  7. ^ Intel Architecture Software Developer’s Manual, Volume 2: Instruction Set Reference. INTEL CORPORATION. (1999). http://download.intel.com/design/PentiumII/manuals/24319102.PDF 2010年11月18日閲覧。. 
  8. ^ a b c Intel Architecture Software Developer’s Manual, Volume 2: Instruction Set Reference. INTEL CORPORATION. (1999). pp. 442 and 35. http://download.intel.com/design/PentiumII/manuals/24319102.PDF 2010年11月18日閲覧。. 
  9. ^ Evans, David (2006年). “x86 Assembly Guide”. University of Virginia. 2010年11月18日閲覧。
  10. ^ The SPARC Architecture Manual, Version 8”. SPARC, International (1992年). 2012年10月27日閲覧。
  11. ^ http://www.z80.de/z80/z80code.htm
  12. ^ Microsoft Corporation. “MASM: Directives & Pseudo-Opcodes”. 2011年3月19日閲覧。
  13. ^ Macros (C/C++), MSDN Library for Visual Studio 2008”. Microsoft Corp.. 2010年6月22日閲覧。
  14. ^ Concept 14 Macros”. MVS Software. 2009年5月25日閲覧。
  15. ^ Answers.com. “assembly language: Definition and Much More from Answers.com”. 2008年6月19日閲覧。
  16. ^ NESHLA: The High Level, Open Source, 6502 Assembler for the Nintendo Entertainment System
  17. ^ Salomon. Assemblers and Loaders. p. 7. http://www.davidsalomon.name/assem.advertis/asl.pdf 2012年1月17日閲覧。. 
  18. ^ The IBM 650 Magnetic Drum Calculator”. 2012年1月17日閲覧。
  19. ^ Jim Lawless (2004年5月21日). “Speaking with Don French : The Man Behind the French Silk Assembler Tools”. 2008年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月25日閲覧。
  20. ^ Eidolon's Inn : SegaBase Saturn
  21. ^ Lispによるリターゲッタブルコードジェネレータの実装 (PDF)
  22. ^ http://www.ogis-ri.co.jp/otc/hiroba/others/OORing/interview21.html
  23. ^ Rusling, David A.. “The Linux Kernel”. 2012年3月11日閲覧。
  24. ^ a b Writing the Fastest Code, by Hand, for Fun: A Human Computer Keeps Speeding Up Chips”. New York Times, John Markoff (2005年11月28日). 2010年3月4日閲覧。
  25. ^ Bit-field-badness”. hardwarebug.org (2010年1月30日). 2010年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月4日閲覧。
  26. ^ GCC makes a mess”. hardwarebug.org (2009年5月13日). 2010年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月4日閲覧。
  27. ^ Randall Hyde. “The Great Debate”. 2008年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月3日閲覧。
  28. ^ Code sourcery fails again”. hardwarebug.org (2010年1月30日). 2010年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月4日閲覧。
  29. ^ BLAS Benchmark-August2008”. eigen.tuxfamily.org (2008年8月1日). 2010年3月4日閲覧。
  30. ^ x264.git/common/x86/dct-32.asm”. git.videolan.org (2010年9月29日). 2010年9月29日閲覧。
  31. ^ 68K Programming in Fargo II”. 2008年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月3日閲覧。
  32. ^ Hyde, Randall (1996年9月30日). “Foreword ("Why would anyone learn this stuff?"), op. cit.”. 2010年3月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月5日閲覧。
  33. ^ Randall Hyde. “Which Assembler is the Best?”. 2007年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月19日閲覧。


「アセンブリ言語」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アセンブリ言語に関連した本

アセンブリ言語に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アセンブリ言語」の関連用語

アセンブリ言語のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Xbox One

ARROWS X LTE

Microsoft Visio

Intel Atom

iPod

EV SSL証明書

ハブ

GALAXY Note Edge





アセンブリ言語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアセンブリ言語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS