アスペルガー症候群 特徴

アスペルガー症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/05 06:27 UTC 版)

アスペルガー症候群(アスペルガーしょうこうぐん、Asperger Syndrome, AS)、アスペルガー障害(Asperger disorder、AD)とは、知的障害を伴わないものの、興味・コミュニケーションについて特異性が認められる、ヒトの発達における障害である[1][2][3]オーストリア小児科医ハンス・アスペルガーにちなんでつけられた診断名である[4][5]




[ヘルプ]
  1. ^ a b Autism Spectrum Disorder” (2015年9月). 2016年3月12日閲覧。
  2. ^ 市川宏伸「成人アスペルガー症候群への対応と支援」(日本精神神経学会)[リンク切れ]
  3. ^ a b c d e サイモン・バロン=コーエン 2011, pp. 21-22.
  4. ^ a b c d e f g h B.J.Kaplan; V.A.Sadock title=カプラン臨床精神医学テキスト DSM-5診断基準の臨床への展開 (3版) メディカルサイエンスインターナショナル、2016年5月31日、Chapt.31.5。ISBN 978-4895928526 
  5. ^ サイモン・バロン=コーエン 2011.
  6. ^ Divorce among parents of children with autism: dispelling urban legends” (2013年11月). 2016年5月31日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i サイモン・バロン=コーエン 2011, pp. 139-141.
  8. ^ 自閉症及びアスペルガー症候群の児童生徒への特別支援教育 (PDF)”. 東條吉邦 (2003年2月). 2014年9月14日閲覧。
  9. ^ サイモン・バロン=コーエン 2011, Chapt.2.
  10. ^ a b 299.80 Asperger's Disorder”. DSM-5 Development. American Psychiatric Association. 2010年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月21日閲覧。
  11. ^ “Current trends in psychological research on children with high-functioning autism and Asperger disorder”. Current Opinion in Psychiatry 18 (5): 497–501. (2005). doi:10.1097/01.yco.0000179486.47144.61. PMID 16639107. 
  12. ^ “Examining the validity of autism spectrum disorder subtypes”. J Autism Dev Disord 38 (9): 1611–24. (2008). doi:10.1007/s10803-008-0541-2. PMID 18327636. 
  13. ^ a b 宮尾益知 2010, p. 156.
  14. ^ 宮尾益知 2010, p. 156-157.
  15. ^ a b c 宮尾益知 2010, p. 157.
  16. ^ 宮尾益知 2010, p. 146-147.
  17. ^ Boukhris T, Sheehy O, Mottron L, Bérard A. (2016-2-1). “Antidepressant Use During Pregnancy and the Risk of Autism Spectrum Disorder in Children.”. JAMA pediatrics. 170 (2): 117-124. doi:10.1001/jamapediatrics.2015.3356. PMID 26660917. http://archpedi.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=2476187. 
  18. ^ Christensen J, Grønborg TK, Sørensen MJ, Schendel D, Parner ET, Pedersen LH, Vestergaard M. (2013-4-24). “Prenatal valproate exposure and risk of autism spectrum disorders and childhood autism.”. JAMA. 309 (16): 1696-1703. doi:10.1001/jama.2013.2270. PMC 4511955. PMID 23613074. https://jama.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1681408. 
  19. ^ Meador KJ, Loring DW. (2013-4-24). “Risks of in utero exposure to valproate.”. JAMA. 17 (3): 84. doi:10.1001/jama.2013.4001. PMC 3685023. PMID 23613078. https://jama.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1681385. 
  20. ^ Meador KJ, Loring DW. (2013-9). “Prenatal valproate exposure is associated with autism spectrum disorder and childhood autism.”. The Journal of pediatrics. 163 (3): 924. doi:10.1016/j.jpeds.2013.06.050. PMID 23973243. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0022-3476%2813%2900809-3. 
  21. ^ Wood A. (2014-7). “Prenatal exposure to sodium valproate is associated with increased risk of childhood autism and autistic spectrum disorder.”. Evidence-based nursing. 17 (3): 84. doi:10.1136/eb-2013-101422. PMID 23999195. http://ebn.bmj.com/content/17/3/84.long. 
  22. ^ Singh S. (2013-8-20). “Valproate use during pregnancy was linked to autism spectrum disorder and childhood autism in offspring.”. Annals of internal medicine. 159 (4): JC13. doi:10.7326/0003-4819-159-4-201308200-02013. PMID 24026277. https://annals.org/article.aspx?articleid=1726872. 
  23. ^ Smith V, Brown N. (2014-10). “Prenatal valproate exposure and risk of autism spectrum disorders and childhood autism.”. Archives of disease in childhood. Education and practice edition. 99 (5): 198. doi:10.1136/archdischild-2013-305636. PMID 24692263. http://ep.bmj.com/content/99/5/198.long. 
  24. ^ 佐藤 特定准教授 (2012年8月15日). “自閉症スペクトラム障害でミラーニューロン回路の不全”. 京都大学. 2015年4月15日閲覧。 - 京都新聞2012年8月18日付27面、産経新聞2012年8月18日22面、日本経済新聞2012年8月19日34面、毎日新聞2012年8月18日29面、掲載内容。
  25. ^ 読売新聞 シリーズこころ「統合失調症」相次ぐ誤診 2008年12月26日
  26. ^ 『精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える』 適正診断・治療を追求する有志たち、シーニュ、2010年5月。ISBN 978-4990301422
  27. ^ “自閉症障害治療、ホルモンを投与 東大など臨床研究”. 日本経済新聞. (2014年11月1日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG01H1Q_R01C14A1CR8000/ 2016年5月8日閲覧。 
  28. ^ 飯田 誠 『自閉症は漢方でよくなる!(健康ライブラリ)』 講談社、2010年10月21日ISBN 978-4062596558
  29. ^ 「発達障害での小児はり効果を検討 ADHDの薬剤投与で個性抹殺の懸念も 日本小児はり学会特別講演会」、『ナラティブメディカ』、ナラティブ出版、2015年5月、 45-48頁。
  30. ^ “Single dose of century-old drug approved for sleeping sickness reverses autism-like symptoms in mice”. ScienceDaily. (2014年6月17日). http://www.sciencedaily.com/releases/2014/06/140617102457.htm 2016年5月8日閲覧。 
  31. ^ あの人はなぜ相手の気持ちがわからないのか もしかしてアスペルガー症候群!? PHP文庫 加藤進昌著 PHP研究所 2011年 978-4-569-67490-2
  32. ^ Marcia Scheiner (2011年). “Tackling the Unemployment Crisis for Adults with Asperger Syndrome”. AUTISM SPECTRUM NEWS. http://asperger-employment.org/wp-content/uploads/2011/04/ASTEP-Article-ASN-Fall-2011-1.pdf 2015年4月15日閲覧。 (英語)
  33. ^ 発達障害児、地域でサポート 集団行動通じて社会性育成 静岡産経新聞 2014年7月12日
  34. ^ 発達障害児の母、かの子さんへ (下)読売新聞 2014年4月7日
  35. ^ 発達障害を支える (5)働く体験通じ「適職」知る読売新聞 2014年1月4日
  36. ^ “第32回「心に残る医療」体験記コンクール [一般の部・読売新聞社賞] 発達障害と向き合って”. ヨミドクター (読売新聞). (2014年3月28日). http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=95380 2016年5月8日閲覧。 
  37. ^ a b 加藤進昌 (PDF) 『社会問題から見た心の病:「アスペルガー障害」』 日本神経精神薬理学会、2008年1月http://www.asas.or.jp/jsnp/pdf/topics/12_200801.pdf2015年4月15日閲覧 
  38. ^ 榊原洋一 『ササッとわかる アスペルガー症候群との接し方』 講談社、2009年、16頁。
  39. ^ テンプル・グランディン (2001年11月). “天才とは普通でないことかもしれない。アスペルガー、高機能自閉症の学生への教育”. AUTISM RESEARCH INSTITUTE. 2015年4月15日閲覧。
  40. ^ 紫音裕 (2014年7月24日). “成人期アスペルガー症候群で高い自殺リスク-ランセット誌”. 医療NEWS. QLifePro. 2015年4月15日閲覧。
  41. ^ 'Surplus suffering': differences between organizational understandings of Asperger's syndrome and those people who claim the 'disorder'”. Taylor & Francis Group. 2016年5月8日閲覧。
  42. ^ Autism and Asperger syndrome: an overview”. Scientific Electronic Library Online. 2016年5月8日閲覧。
  43. ^ 「火星の人類学者」 オリバー・サックス著
  44. ^ Lane, Megan (2004年6月2日). “What Asperger's syndrome has done for us”. BBC.co.uk. 2007年11月8日閲覧。
  45. ^ Herera, Sue (2005年2月25日). “Mild autism has 'selective advantages'”. MSNBC. 2007年11月8日閲覧。
  46. ^ 「準」ひきこ森―人はなぜ孤立してしまうのか?、pp.42
  47. ^ 時事通信 (2013年12月8日). “S・ボイルさん、アスペルガー告白=英国の「奇跡の歌姫”. Yahoo!ニュース. http://news.yahoo.co.jp/pickup/6099914 2015年4月15日閲覧。 
  48. ^ ヴァインズのクレイグ、自閉症の一種と診断”. BARKS. 2016年1月1日閲覧。
  49. ^ Lester, Paul (2008年9月11日). “Asperger's, allergies and aubergines”. London: guardian.co.uk. http://www.guardian.co.uk/music/2008/sep/11/popandrock 2008年9月17日閲覧。 
  50. ^ Celebrities and Autism”. Autism Has My Child. 2015年4月15日閲覧。(英語)
  51. ^ 高機能広汎性発達障害(アスペルガー症候群・高機能自閉症) : ナグレオブログ 非効率なLifeHacker”. 南雲玲生 (2008年6月5日). 2016年5月8日閲覧。
  52. ^ 「そだちの科学」(日本評論社)2011年10月号
  53. ^ NHK総合テレビ首都圏ネットワーク』2011年10月6日
  54. ^ スピルバーグ、学習障害を告白 診断は5年前…子ども時代は理解がなく、イジメも”. シネマトゥデイ. 2016年4月1日閲覧。
  55. ^ A syndrome for success”. 2005年6月19日閲覧。
  56. ^ The Telegrafh 電子版 2011年4月9日 “ Knowing I have Asperger's is a relief ”『アスペルガーだと知ることは救いだ』
  57. ^ a b Celebrities and Autism”. Autism Has My Child. 2016年5月8日閲覧。
  58. ^ NHK「福祉ネットワーク」2011年11月24日 Diversity 発達障害(2)-私の“取扱説明書”-
  59. ^ 岡野高明、ニキリンコ 『教えて私の「脳みそ」のかたち大人になって自分のADHD、アスペルガー障害に気づく』 花風社2002年ISBN 978-4-907725-48-8
  60. ^ Johnson, Richard (2005年2月12日). “A genius explains”. London: The Guardian. http://www.guardian.co.uk/weekend/story/0,,1409903,00.html 2007年11月8日閲覧。 
  61. ^ 「ザ!世界仰天ニュース 脳の不思議スペシャルパート7」2009年7月22日放送分より
  62. ^ Ex-Hacker Adrian Lamo Institutionalized for Asperger’s”. Wired (2010年5月20日). 2010年5月23日閲覧。
  63. ^ Roth, Daniel (2005年11月14日). “Torrential Reign”. Fortune. pp. 91–96. http://money.cnn.com/magazines/fortune/fortune_archive/2005/10/31/8359146/index.htm 2006年11月6日閲覧。 
  64. ^ テンプル・グランディン 『自閉症の才能開発』 学習研究社1997年ISBN 9784054007796
  65. ^ 沖田×華 『毎日やらかしてます。〜アスペルガーで漫画家で〜』 ぶんか社ISBN 978-4821143382
  66. ^ 炎上上等!? お騒がせブログアイドル・倉持結香の本音に迫る日刊サイゾー、2008年4月28日。
  67. ^ 発売中止に関するお詫び”. 新着情報. LD親の会「けやき」 (2001年4月18日). 2009年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月5日閲覧。
  68. ^ 加藤進昌 『ササッとわかる「大人のアスペルガー症候群」との接し方』 講談社2009年ISBN 978-4062847223
  69. ^ 社会問題から見た心の病「アスペルガー障害」、2015年7月11日閲覧。
  70. ^ 「人を殺してみたかった」著 藤井 誠二(双葉社)より
  71. ^ 西日本新聞2003年9月20日朝刊。北海道新聞2006年10月19日夕刊。
  72. ^ “全文表示 - 発達障害者に求刑超え異例判決 「社会秩序のため」に賛否分かれる : J-CASTニュース”. J-CASTニュース. http://www.j-cast.com/2012/07/31141344.html?p=all 
  73. ^ “2審は求刑下回る懲役14年 発達障害の殺人で大阪高裁”. 日本経済新聞. (2013年2月26日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG26040_W3A220C1CR8000/ 2016年5月8日閲覧。 
  74. ^ 草薙厚子『追跡!「佐世保小六女児同級生殺害事件」』、講談社
  75. ^ Profile: Gary McKinnon”. BBC News (2012年12月14日). 2016年5月8日閲覧。
  76. ^ Terrence McCoy. “Study: ‘Significant’ statistical link between mass murder and autism, brain injury”. Washington Post. 2016年4月1日閲覧。
  77. ^ Elizabeth Laugeson (2014年5月26日). “Asperger’s is an unlikely cause for California killer’s violence”. The Conversation. http://theconversation.com/aspergers-is-an-unlikely-cause-for-california-killers-violence-27194 
  78. ^ Wing, Lorna. Asperger syndrome: a clinical account.
  79. ^ アスペルガー症候群を知っていますか?”. 東京都自閉症協会. 2013年5月5日閲覧。


「アスペルガー症候群」の続きの解説一覧





アスペルガー症候群と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アスペルガー症候群に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アスペルガー症候群」の関連用語

アスペルガー症候群のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

名尾和紙

K004

姫淡竹

キリチガイ

ロープラングラー

手貼りライン

東丹沢県民の森

高山伝右衛門





アスペルガー症候群のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアスペルガー症候群 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS