アスペルガー症候群 特徴

アスペルガー症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/22 05:04 UTC 版)

特徴

古典的自閉症とアスペルガー症候群の比較[3]

特徴としては以下が挙げられる。

古典的自閉症とASの共通点[3]
古典的自閉症とは異なる点[3]
  • ASでは、IQは少なくとも平均以上であり、知能の遅れはない
  • 古典的自閉症では、IQはどの値でもありえるが、知能の遅れが認められる

社会的コミュニケーションの困難

アスペルガーの人は、多くの非アスペルガーの人と同様か、またはそれ以上に強く感情の反応をするが、何に対して反応するかは常に違う。彼らが苦手なものは「他人の情緒を理解すること」である。

例として、教師がアスペルガーをもつ子供に(宿題を忘れたことを問いただす意味で)「犬があなたの宿題を食べちゃったの?」と尋ねると、その子は押し黙ってしまう。この時、教師に自分は犬を飼っておらず、普通犬は紙を食べないことを説明する必要があるのかどうかを考え、教師の表情や声のトーンから暗に意味していることを理解できないのである。教師がこの子は宿題のことをうやむやにしようとしている、反抗的である、と考えたりしてしまう場合もある。

上記の例のように、アスペルガーをもつ子供は、言われたことを額面どおり真に受けることが多い。成長の上で問題となるのは、親や教師が励ますつもりで「テストの点数など、さほど大事ではない」等、きれい事ばかり言ったり、反対に「テストで点数を取れなければ、何も買いあたえない」等、現実的なことばかり言い聞かせること、つまり極端な教育をすることである。結果的に持つべき水準からかけ離れた観念を持って行動してしまう危険性がある。

彼らは、“大人の発言には掛け値がある”という疑いを持ちにくく、持ったとしても、はたして掛け値がどのくらいなのかを慮ることが困難であるため、発言者の願望を載せて物事を大げさに表現すると狙った効果は効き過ぎることになる。

アスペルガー症候群の人間は、それ以外の人々がモラトリアムを経由して獲得できると言われる「自我同一性」の獲得が困難とされる[10]。自分が過去から連綿と続いている存在であるという認識を持つことが出来ず[10]中庸の考えを持たない為、極端で観念的な思考に走りやすい傾向がある[11]被害妄想対人恐怖などを起こすこともあり[12]統合失調症と誤解されるような病的な精神状態になってしまうこともある[12]。精神に混乱をきたし、自分の世界に引きこもる、その混乱を周囲に対する怒りに置き換える、などの傾向を見せる[12]

非自閉症の人(NT:neurotypical, 典型的な精神の人)は、他者の仕草や雰囲気から多くの情報を集め、相手の感情や認知の状態を読み取ることができる。この能力が自閉症の人には欠けており、他者の心を読むことが難しい(心の理論の欠如)。 そのような、仕草や状況を読み取れない人は他人が微笑むようすを見ることはできても、その微笑みがなにを意味しているかが理解できない。多くの場合、彼らにとって「行間を読む」ことは、困難ないし不可能である。最悪の場合、対人コミュニケーションにおいて、表情を読みとることができない。つまり、人が口に出して言葉で言わなければ意図していることが何かを理解できないのである。しかし、彼らはボディーランゲージなどを通して相手に伝えることは可能である。とはいえ、この種の能力差は、健常者から深刻な障害をかかえるケースにまでわたってスペクトラム状(連続体)に分布している。したがって、アスペルガー症候群に分類されるケースにおいても、表情や他人の意図を読み取ることに不自由のない人もいる。また、彼らはしばしばアイコンタクトが困難である。ほとんどアイコンタクトをせず、それをドギマギするものだと感じる場合が多い。その一方で、他人にとって不快に感じるくらいに、じっとその人の目を見つめてしまうようなタイプもいる。アイコンタクトなどにおいて、相手から発せられるメッセージを理解しようと努力しても、この障害のために相手の心を解読しそこねることが多い。例えば、初対面の人に挨拶をする際に、社会的に受け入れられている通常の手順で自己紹介をするのではなく、自分の関心のある分野について一人で長々と話し続けることもある。

他人に自分の主張を否定されることに強く嫌悪感を覚えるという人もいる。このことは学校などで学習上の大きな障害となる。例えば、教師が生徒にいきなり答えさせ、生徒:「これは○○だと思います」、先生:「 違うよね、これは××だよ」というように、否定して答えやヒントを教えるような方法は、アスペルガーの人には相当な苦痛やストレスとなる。しかし、多くの成人は、忍耐力のなさと動機の欠如などを克服し、新しい活動や新しい人に会うことに対する耐性を発達させている。

これらのことは子供時代や、大人になってからも多くの問題をもたらす。アスペルガーの子供はしばしば学校でのいじめの対象になりやすいとの指摘がある。理由として彼ら独特の振るまいや言葉使い、興味対象、身なり、そして彼らの非言語的メッセージを受け取る能力の低さを持っていることが主な原因とされる。彼らに対し、前述の言動やアスペルガー症候群という病気自体が理解できず、アスペルガー症候群患者に対する嫌悪感を持つ人が多いとされている。このため教育の場である学校において、今後はサポート体制の確立や自立の支援、他の子供への理解を深めさせる、といった総合的な支援策が必要になるという指摘がある。

「アスペルガー症候群」という一つのカテゴリーであっても、人によって障害の度合いは千差万別である。例えば、学校の友達とうまく話せたり、話をうまくまとめられるなど、至って軽度な場合もある。また、上手く話せず、それでもよい友達に巡り会えたから必死で耐えているというように、自閉度が中度–重度なこともある。この障害は、カナータイプの自閉症などと違い、一見「定型発達者」に見えるために、周りからのサポートが遅れがちになったりすることが問題となっている。

狭い興味と反復行動

アスペルガー症候群は、興味の対象に対して、きわめて強い、偏執的ともいえる水準での集中を伴うことがある。例えば、1950年代のプロレスや、アフリカ独裁政権の国歌、マッチ棒で模型をつくることなど、社会一般の興味や流行にかかわらず、独自的な興味を抱くケースが見られる。しかし、これらの対象への興味は、一般的な子供も持つものである。両者の違いは、その異常なまでの興味の強さにある。アスペルガー児は興味対象に関する大量の情報を記憶することがある。

また一般的に、順序だったもの、規則的なものはアスペルガーの人を魅了する。これらへの興味が物質的あるいは社会的に有用な仕事と結びついた場合、実り豊かな人生を送る可能性もある。例えば、コンピューターに強い興味を持って取りつかれた子供は、大きくなって卓越したプログラマーになるかもしれない。それらと逆に、予測不可能なもの、不合理なものはアスペルガーの人が避ける対象となる。突然のアクシデントや、論理的に話し合いのできない感情的な人間なども、その例である。

彼らの関心は生涯にわたることもあるが、いつしか突然変わる場合もある。どちらの場合でも、ある時点では通常1~2個の対象に強い関心を持っている。これらの興味を追求する過程で、彼らはしばしば非常に洗練された知性、ほとんど頑固偏屈とも言える集中力、一見些細に見える事実に対する膨大な(時に、写真を見ているかのような詳細さでの)記憶力などを示す。ハンス・アスペルガーは、彼の幼い患者を『小さな教授』と呼んでいた。その13歳の患者は、自分の興味を持つ分野に網羅的かつ微細な、大学教授のような知識を持っていたからである。

臨床家の中には、アスペルガーの人がこれらの特徴を有することに全面的には賛成しない者もいる。たとえばWing と Gillberg はアスペルガーの人が持つ知識はしばしば理解に根付いた知識よりも表層だけの知識の方が多い場合がある、と主張している。しかし、このような限定はGillbergの診断基準を用いる場合であっても、診断とは無関係である。

アスペルガーの児童および成人は、自分の興味のない分野に対しての忍耐力が弱い場合が多い。学生時代、「とても優秀な劣等生」と認識された人も多い。これは、自分の興味のある分野に関しては他人に比べてはるかに優秀であることが誰の目にも明らかなのに、毎日の宿題にはやる気を見せないからである(時に、「興味のある分野であってもやる気を見せなかった」という報告もあるが、それは他人が同じ分野だと思うものが本人にとっては異なる分野だからだと思われる。例えば、数学に興味があるが答えが巻末に載っている受験数学を自分で解くことに興味が相対的に変化し、日本語の旧字体に興味はあるが国語の擬古文の読解問題には興味が持てない、など)。ノートやテスト用紙に文字を手書きすることを、快く思う子供、またそうでない子供もいる。一方、学業において他人に勝つことに興味を持ったために優秀な成績を取る人もおり、これは診断の困難さを増す。

感覚

アスペルガーの人は他の様々な感覚、発達、あるいは生理的異常を示すこともある。その子供時代に細かな運動能力に遅れをみせることが多い。特徴的なゆらゆら歩きや小刻みな歩き方をし、腕を不自然に振りながら歩くかもしれない。手をぶらぶら振るなど(常同行動)、衝動的な指、手、腕の動きもしばしば認められ、チック症を併発している場合も多い。

アスペルガーの人は感覚的に多くの負荷がかかっていることがある。音、匂いに敏感だったり、あるいは接触されることを好まなかったりする。例えば、突然大きい声でまくしたてられたり、頭を触られたり、髪を触られるのを好まない人もいる。音に神経質過ぎて不眠を訴える人も多い。これが子供の場合、教室の騒音が彼らに耐えられないものである場合等、学校での問題をさらに複雑にすることもある。 別の行動の特徴として、やまびこのように、言葉やその一部を繰り返す反響言語(エコラリア)と呼ばれる症状を示す場合がある。

宮尾益知はアスペルガー症候群の感覚面での特徴として、「ちょっとした態度や言葉で著しく傷つき、それがトラウマとなりやすい」「幻覚や妄想じみたこだわりを見せる傾向がある」「過去のトラウマから、第三者にとってはちょっとしたことでもフラッシュバックを起こして大騒ぎをする」「大変まじめで、それゆえに壊れやすい」という見解を出している[13]




[ヘルプ]
  1. ^ a b Autism Spectrum Disorder” (2015年9月). 2016年3月12日閲覧。
  2. ^ 市川宏伸「成人アスペルガー症候群への対応と支援」(日本精神神経学会)[リンク切れ]
  3. ^ a b c d e サイモン・バロン=コーエン 2011, pp. 21-22.
  4. ^ Divorce among parents of children with autism: dispelling urban legends” (2013年11月). 2016年5月31日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i サイモン・バロン=コーエン 2011, pp. 139-141.
  6. ^ 自閉症及びアスペルガー症候群の児童生徒への特別支援教育 (PDF)”. 東條吉邦 (2003年2月). 2014年9月14日閲覧。
  7. ^ サイモン・バロン=コーエン 2011.
  8. ^ a b 299.80 Asperger's Disorder”. DSM-5 Development. American Psychiatric Association. 2010年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月21日閲覧。
  9. ^ サイモン・バロン=コーエン 2011, Chapt.2.
  10. ^ a b 宮尾益知 2010, p. 156.
  11. ^ 宮尾益知 2010, p. 156-157.
  12. ^ a b c 宮尾益知 2010, p. 157.
  13. ^ 宮尾益知 2010, p. 146-147.
  14. ^ Boukhris T, Sheehy O, Mottron L, Bérard A. (2016-2-1). “Antidepressant Use During Pregnancy and the Risk of Autism Spectrum Disorder in Children.”. JAMA pediatrics. 170 (2): 117-124. doi:10.1001/jamapediatrics.2015.3356. PMID 26660917. http://archpedi.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=2476187. 
  15. ^ Christensen J, Grønborg TK, Sørensen MJ, Schendel D, Parner ET, Pedersen LH, Vestergaard M. (2013-4-24). “Prenatal valproate exposure and risk of autism spectrum disorders and childhood autism.”. JAMA. 309 (16): 1696-1703. doi:10.1001/jama.2013.2270. PMC 4511955. PMID 23613074. https://jama.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1681408. 
  16. ^ Meador KJ, Loring DW. (2013-4-24). “Risks of in utero exposure to valproate.”. JAMA. 17 (3): 84. doi:10.1001/jama.2013.4001. PMC 3685023. PMID 23613078. https://jama.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1681385. 
  17. ^ Meador KJ, Loring DW. (2013-9). “Prenatal valproate exposure is associated with autism spectrum disorder and childhood autism.”. The Journal of pediatrics. 163 (3): 924. doi:10.1016/j.jpeds.2013.06.050. PMID 23973243. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0022-3476%2813%2900809-3. 
  18. ^ Wood A. (2014-7). “Prenatal exposure to sodium valproate is associated with increased risk of childhood autism and autistic spectrum disorder.”. Evidence-based nursing. 17 (3): 84. doi:10.1136/eb-2013-101422. PMID 23999195. http://ebn.bmj.com/content/17/3/84.long. 
  19. ^ Singh S. (2013-8-20). “Valproate use during pregnancy was linked to autism spectrum disorder and childhood autism in offspring.”. Annals of internal medicine. 159 (4): JC13. doi:10.7326/0003-4819-159-4-201308200-02013. PMID 24026277. https://annals.org/article.aspx?articleid=1726872. 
  20. ^ Smith V, Brown N. (2014-10). “Prenatal valproate exposure and risk of autism spectrum disorders and childhood autism.”. Archives of disease in childhood. Education and practice edition. 99 (5): 198. doi:10.1136/archdischild-2013-305636. PMID 24692263. http://ep.bmj.com/content/99/5/198.long. 
  21. ^ 佐藤 特定准教授 (2012年8月15日). “自閉症スペクトラム障害でミラーニューロン回路の不全”. 京都大学. 2015年4月15日閲覧。 - 京都新聞2012年8月18日付27面、産経新聞2012年8月18日22面、日本経済新聞2012年8月19日34面、毎日新聞2012年8月18日29面、掲載内容。
  22. ^ 読売新聞 シリーズこころ「統合失調症」相次ぐ誤診 2008年12月26日
  23. ^ 『精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える』 適正診断・治療を追求する有志たち、シーニュ、2010年5月。ISBN 978-4990301422
  24. ^ “自閉症障害治療、ホルモンを投与 東大など臨床研究”. 日本経済新聞. (2014年11月1日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG01H1Q_R01C14A1CR8000/ 2016年5月8日閲覧。 
  25. ^ 飯田 誠 『自閉症は漢方でよくなる!(健康ライブラリ)』 講談社、2010年10月21日ISBN 978-4062596558
  26. ^ 「発達障害での小児はり効果を検討 ADHDの薬剤投与で個性抹殺の懸念も 日本小児はり学会特別講演会」、『ナラティブメディカ』、ナラティブ出版、2015年5月、 45-48頁。
  27. ^ “Single dose of century-old drug approved for sleeping sickness reverses autism-like symptoms in mice”. ScienceDaily. (2014年6月17日). http://www.sciencedaily.com/releases/2014/06/140617102457.htm 2016年5月8日閲覧。 
  28. ^ あの人はなぜ相手の気持ちがわからないのか もしかしてアスペルガー症候群!? PHP文庫 加藤進昌著 PHP研究所 2011年 978-4-569-67490-2
  29. ^ Marcia Scheiner (2011年). “Tackling the Unemployment Crisis for Adults with Asperger Syndrome”. AUTISM SPECTRUM NEWS. http://asperger-employment.org/wp-content/uploads/2011/04/ASTEP-Article-ASN-Fall-2011-1.pdf 2015年4月15日閲覧。 (英語)
  30. ^ 発達障害児、地域でサポート 集団行動通じて社会性育成 静岡産経新聞 2014年7月12日
  31. ^ 発達障害児の母、かの子さんへ (下)読売新聞 2014年4月7日
  32. ^ 発達障害を支える (5)働く体験通じ「適職」知る読売新聞 2014年1月4日
  33. ^ “第32回「心に残る医療」体験記コンクール [一般の部・読売新聞社賞] 発達障害と向き合って”. ヨミドクター (読売新聞). (2014年3月28日). http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=95380 2016年5月8日閲覧。 
  34. ^ a b 加藤進昌 (PDF) 『社会問題から見た心の病:「アスペルガー障害」』 日本神経精神薬理学会、2008年1月http://www.asas.or.jp/jsnp/pdf/topics/12_200801.pdf2015年4月15日閲覧 
  35. ^ 榊原洋一 『ササッとわかる アスペルガー症候群との接し方』 講談社、2009年、16頁。
  36. ^ テンプル・グランディン (2001年11月). “天才とは普通でないことかもしれない。アスペルガー、高機能自閉症の学生への教育”. AUTISM RESEARCH INSTITUTE. 2015年4月15日閲覧。
  37. ^ 紫音裕 (2014年7月24日). “成人期アスペルガー症候群で高い自殺リスク-ランセット誌”. 医療NEWS. QLifePro. 2015年4月15日閲覧。
  38. ^ 'Surplus suffering': differences between organizational understandings of Asperger's syndrome and those people who claim the 'disorder'”. Taylor & Francis Group. 2016年5月8日閲覧。
  39. ^ Autism and Asperger syndrome: an overview”. Scientific Electronic Library Online. 2016年5月8日閲覧。
  40. ^ 「火星の人類学者」 オリバー・サックス著
  41. ^ Lane, Megan (2004年6月2日). “What Asperger's syndrome has done for us”. BBC.co.uk. 2007年11月8日閲覧。
  42. ^ Herera, Sue (2005年2月25日). “Mild autism has 'selective advantages'”. MSNBC. 2007年11月8日閲覧。
  43. ^ 「準」ひきこ森―人はなぜ孤立してしまうのか?、pp.42
  44. ^ 時事通信 (2013年12月8日). “S・ボイルさん、アスペルガー告白=英国の「奇跡の歌姫”. Yahoo!ニュース. http://news.yahoo.co.jp/pickup/6099914 2015年4月15日閲覧。 
  45. ^ ヴァインズのクレイグ、自閉症の一種と診断”. BARKS. 2016年1月1日閲覧。
  46. ^ Lester, Paul (2008年9月11日). “Asperger's, allergies and aubergines”. London: guardian.co.uk. http://www.guardian.co.uk/music/2008/sep/11/popandrock 2008年9月17日閲覧。 
  47. ^ Celebrities and Autism”. Autism Has My Child. 2015年4月15日閲覧。(英語)
  48. ^ 高機能広汎性発達障害(アスペルガー症候群・高機能自閉症) : ナグレオブログ 非効率なLifeHacker”. 南雲玲生 (2008年6月5日). 2016年5月8日閲覧。
  49. ^ 「そだちの科学」(日本評論社)2011年10月号
  50. ^ NHK総合テレビ首都圏ネットワーク』2011年10月6日
  51. ^ スピルバーグ、学習障害を告白 診断は5年前…子ども時代は理解がなく、イジメも”. シネマトゥデイ. 2016年4月1日閲覧。
  52. ^ A syndrome for success”. 2005年6月19日閲覧。
  53. ^ The Telegrafh 電子版 2011年4月9日 “ Knowing I have Asperger's is a relief ”『アスペルガーだと知ることは救いだ』
  54. ^ a b Celebrities and Autism”. Autism Has My Child. 2016年5月8日閲覧。
  55. ^ NHK「福祉ネットワーク」2011年11月24日 Diversity 発達障害(2)-私の“取扱説明書”-
  56. ^ 岡野高明、ニキリンコ 『教えて私の「脳みそ」のかたち大人になって自分のADHD、アスペルガー障害に気づく』 花風社2002年ISBN 978-4-907725-48-8
  57. ^ Johnson, Richard (2005年2月12日). “A genius explains”. London: The Guardian. http://www.guardian.co.uk/weekend/story/0,,1409903,00.html 2007年11月8日閲覧。 
  58. ^ 「ザ!世界仰天ニュース 脳の不思議スペシャルパート7」2009年7月22日放送分より
  59. ^ Ex-Hacker Adrian Lamo Institutionalized for Asperger’s”. Wired (2010年5月20日). 2010年5月23日閲覧。
  60. ^ Roth, Daniel (2005年11月14日). “Torrential Reign”. Fortune. pp. 91–96. http://money.cnn.com/magazines/fortune/fortune_archive/2005/10/31/8359146/index.htm 2006年11月6日閲覧。 
  61. ^ テンプル・グランディン 『自閉症の才能開発』 学習研究社1997年ISBN 9784054007796
  62. ^ 沖田×華 『毎日やらかしてます。〜アスペルガーで漫画家で〜』 ぶんか社ISBN 978-4821143382
  63. ^ 炎上上等!? お騒がせブログアイドル・倉持結香の本音に迫る日刊サイゾー、2008年4月28日。
  64. ^ 発売中止に関するお詫び”. 新着情報. LD親の会「けやき」 (2001年4月18日). 2009年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月5日閲覧。
  65. ^ 加藤進昌 『ササッとわかる「大人のアスペルガー症候群」との接し方』 講談社2009年ISBN 978-4062847223
  66. ^ 社会問題から見た心の病「アスペルガー障害」、2015年7月11日閲覧。
  67. ^ 「人を殺してみたかった」著 藤井 誠二(双葉社)より
  68. ^ 西日本新聞2003年9月20日朝刊。北海道新聞2006年10月19日夕刊。
  69. ^ “全文表示 - 発達障害者に求刑超え異例判決 「社会秩序のため」に賛否分かれる : J-CASTニュース”. J-CASTニュース. http://www.j-cast.com/2012/07/31141344.html?p=all 
  70. ^ “2審は求刑下回る懲役14年 発達障害の殺人で大阪高裁”. 日本経済新聞. (2013年2月26日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG26040_W3A220C1CR8000/ 2016年5月8日閲覧。 
  71. ^ 草薙厚子『追跡!「佐世保小六女児同級生殺害事件」』、講談社
  72. ^ Profile: Gary McKinnon”. BBC News (2012年12月14日). 2016年5月8日閲覧。
  73. ^ Terrence McCoy. “Study: ‘Significant’ statistical link between mass murder and autism, brain injury”. Washington Post. 2016年4月1日閲覧。
  74. ^ Elizabeth Laugeson (2014年5月26日). “Asperger’s is an unlikely cause for California killer’s violence”. The Conversation. http://theconversation.com/aspergers-is-an-unlikely-cause-for-california-killers-violence-27194 
  75. ^ Wing, Lorna. Asperger syndrome: a clinical account.
  76. ^ アスペルガー症候群を知っていますか?”. 東京都自閉症協会. 2013年5月5日閲覧。







アスペルガー症候群と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アスペルガー症候群に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アスペルガー症候群」の関連用語

アスペルガー症候群のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Amazon Tap

ネズミモチ

ゴールド・ラッシュ

日本の人工衛星

アームレスリング

複葉機

アカタン砂防大平ミズヤ下堰堤

佐々木直





アスペルガー症候群のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアスペルガー症候群 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS