アクリフーズ アクリフーズの概要

アクリフーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/12 09:20 UTC 版)

株式会社アクリフーズ
AQLI Foods Corporation
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
135-0061
東京都江東区豊洲三丁目2番20号
豊洲フロント
本店所在地 370-0523
群馬県邑楽郡大泉町吉田1201番地
アクリフーズ群馬工場
設立 2001年平成13年)10月
1974年昭和49年)3月創業)
業種 食料品
事業内容 冷凍食品の製造販売
代表者 田辺裕(代表取締役社長)
資本金 3億100万円
売上高 394億円(2013年3月期)
従業員数 682名(2013年3月31日現在)
主要株主 マルハニチロ食品 100%
外部リンク http://www.aqli.co.jp/
テンプレートを表示

概説

1974年に事業開始した雪印乳業の冷凍食品部門を起源とするが、マルハニチログループの中核会社・マルハニチロ食品傘下の一社。

社名は「Alpha Quality For Lively Impression」の頭文字に由来する。また、コーポレートマークはAQLIのQの文字をモチーフに美味しい物を食べる時の笑顔が隠されている。

営業上の本社は東京都江東区豊洲、登記上の本店は群馬県邑楽郡大泉町の群馬工場に所在していた。

当社群馬工場は、マルハニチロ水産に吸収合併されてからも、マルハニチロ群馬工場として存続している。

沿革

農薬混入事件

アクリフーズ群馬工場で2013年11月〜12月に製造された冷凍食品から有機リン系の農薬・マラチオンが検出され、同年12月29日に同社は自主回収すると発表した[2]。翌30日には、群馬県警察は意図的に混入された可能性があるとして捜査を開始し[3]、2014年1月25日にアクリフーズ群馬工場で働いていた契約社員の男が農薬の混入に関わっていたとみて、偽計業務妨害容疑で逮捕した[4]。また、同日の記者会見で、久代敏男マルハニチロホールディングス社長及び同社担当常務並びにアクリフーズ社長が2014年3月31日をもって引責辞任することが発表された[5][6]


[ヘルプ]
  1. ^ 重要子会社の合併に関するお知らせ”. マルハニチロホールディングス (2013年3月15日). 2013年3月31日閲覧。
  2. ^ 冷凍食品から農薬検出 マルハ子会社 88品を自主回収 朝日新聞 2013年12月29日
  3. ^ 異臭苦情、13都府県から 公表に1カ月半 冷凍食品から農薬 朝日新聞 2013年12月31日
  4. ^ 農薬混入、契約社員の男逮捕へ…服にマラチオン(読売新聞 2014年1月25日付)
  5. ^ “マルハニチロ社長ら辞任 農薬混入事件で引責”. 共同通信. (2014年1月25日). http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014012501002054.html 2014年1月26日閲覧。 
  6. ^ 当社および株式会社アクリフーズ役員に対する処分 (PDF)”. 株式会社マルハニチロホールディングス (2014年1月26日). 2014年1月26日閲覧。


「アクリフーズ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アクリフーズに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アクリフーズ」の関連用語

アクリフーズのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

リアルモーションシステム

きく3号

節木増

ティー

コシボシウミウシ

四万十川の沈下橋をわたる風

穴の谷の霊水

キャロル





アクリフーズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアクリフーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS