アイヌ語 アイヌ語の方言

アイヌ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/25 14:13 UTC 版)

アイヌ語(アイヌご、アイヌ語ラテン文字表記:Aynu itakアイヌ語仮名表記:アイヌ・イタㇰ)は、現在、日本ロシア等に居住するアイヌ民族(アイヌ)言語である。




  1. ^ UNESCO Atlas of the World's Languages in Danger
  2. ^ Bradley, D. Languages of Mainland South-East Asia (2007) In O. Miyaoka, O. Sakiyama, and M. E. Krauss (eds.), The vanishing languages of the Pacific Rim, pp. 301–336. Oxford Linguistics. Oxford: Oxford University Press.
  3. ^ 消滅の危機にある方言・言語,文化庁
  4. ^ 八丈語? 世界2500言語、消滅危機 日本は8語対象、方言も独立言語 ユネスコ”. 朝日新聞 (2009年2月20日). 2014年3月29日閲覧。
  5. ^ 他の7言語は与那国語八重山語が「重大な危険(severely endangered)」、宮古語沖縄語国頭(くにがみ)語奄美語八丈語が「危険(definitely endangered)」に分類されている。
  6. ^ Ethnologue.com. “Ethnologue report for Ainu” (英語). 2013年3月29日閲覧。
  7. ^ Juha Janhunen; Tapani Salminen. “Endangered languages in Northeast Asia/ report” (英語). 2007年9月29日閲覧。
  8. ^ 「八丈語? 世界2500言語 消滅危機——「日本は8言語対象 方言も独立言語」ユネスコ」『朝日新聞』2009年2月20日付夕刊、第3版、第1面。
  9. ^ 「先住民族サミット」アイヌモシリ2008「日本政府への提言」(2008年7月4日)
  10. ^ 寺島良安『倭漢三才圖會』(復刻版)吉川弘文館、1906年(明治39年)、213-214頁
  11. ^ 知里真志保による。出典:平凡社世界大百科事典
  12. ^ アイヌ語母語話者あるいは習得した話者も含めての各方言別の話者数の比較によって他の方言に優越する方言が存在する可能性はある。また、辞書や研究文献の過多によるアクセスの難易は各方言で差が存在する。
  13. ^ ROM作成物サポートページ - ainu_exchange”. 2007年9月29日閲覧。
  14. ^ アイヌ語入力-試作品その3”. 2007年9月29日閲覧。
  15. ^ ROM作成物サポートページ
  16. ^ 新谷正隆:西木村のアイヌ語地名、秋田地名研究年報20(2004)19-27.]
  17. ^ (入内地区について)
  18. ^ 田子町プロフィール
  19. ^ アイヌ語地名考
  20. ^ 「ひら-(平、比良)」を平らではなく pira "崖"と解釈する方法。ただし、広(ひろ)、拓/墾(ひら)く、などと同語根であることにも留意
  21. ^ 新潟県粟島浦村の地名
  22. ^ 久慈市周辺のアィヌ語系地名
  23. ^ 鈴木健『縄文語の発掘』
  24. ^ 菱沼右一『アイヌ語より見た日本地名新研究』第一書房 (1982)







アイヌ語と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アイヌ語に関連した本

アイヌ語に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アイヌ語」の関連用語

アイヌ語のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アピストグラマ・アガシジィ アレンカー

モニタリングステーション

菊軍鶏図大小鐔

ダブルリボン

ツゲ

PT クルーザー

高圧メラミン樹脂化粧板

チルホール





アイヌ語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアイヌ語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS