ひまわり動画 ひまわり動画の概要

ひまわり動画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/12/21 12:49 UTC 版)

ひまわり動画
URL http://himado.in/
タイプ 動画共有サービス
登録 不要
使用言語 日本語
運営者 FC2, Inc.
設立者 シップ
設立日 2009年平成21年)6月9日
現状 運営中
テンプレートを表示

尚、姉妹サービスであるひまわりストリーム(ひまわりすとりーむ)についても本項目で扱う。

概要

公式では、「世界の動画共有サイトの投稿動画に、コメントを流す事が出来るWEBサービス」としている[1]YouTubeDailymotionVeohのような、他の動画投稿・共有サイト等から動画を取得・再生し、これにコメントを重ね合わせる形態を取っている。非公式に「寄生型動画サイト」と呼ばれる場合もある。

アクセス負荷の増大に対応する形として2010年(平成22年)12月16日よりアカウント保有者のみ動画視聴ができるような仕組みになったが、現在はアカウントなしでも視聴は可能である。

FC2への譲渡

2011年(平成23年)5月末、サイト上の「ひまわり動画」ロゴが終了を示すものへ変更されると共に、ひまわり動画は2011年(平成23年)5月31日をもって終了することが告知された。 しかし、5月25日以降、この終了を示すスタンプが徐々に薄くなった。5月27日の時点で、終了を告知するスタンプは完全に消え、元に戻った。

その後、2011年(平成23年)6月3日に、開発運営ブログにて、ひまわり動画がFC2に譲渡されることが発表された[2]。また、同年6月13日付で、FC2からも譲渡についての告知が行われた[3]

尚、FC2では2011年(平成23年)1月6日付で、同種の動画共有サービスであるSayMove!についても、先行して運営権の譲渡を受けている[4]

ひまわりストリーム

ひまわり動画の姉妹サイトとして、FlashPlayerの機能を用いてライブ配信を行う「ひまわりストリーム」がある。 元々はひまわり動画と同じ管理者によって運営されていたが、ひまわり動画の譲渡に伴いサーバーが分離され、また2011年(平成23年)5月28日午後9時にひまわりストリームのアカウント先行登録が開始された。

2012年7月23日に全ユーザーのユーザー情報が流出し謝罪をした[5]

関連項目

外部リンク




  1. ^ http://help.fc2.com/himawari/manual/Home.html
  2. ^ シップ (2011年6月3日). “ひまわり動画のFC2への譲渡に関するお知らせ”. 2011年6月3日閲覧。
  3. ^ FC2総合インフォメーション (2011年6月13日). “FC2総合インフォメーション 動画共有サービス「ひまわり動画」の運営開始!”. 2011年7月1日閲覧。
  4. ^ FC2総合インフォメーション (2011年1月6日). “FC2総合インフォメーション 動画共有サービス「SayMove!」の運営について”. 2011年7月1日閲覧。
  5. ^ ひまわりストリーム ユーザー情報流出のお詫びとパスワード変更のお願い”. 2012年11月18日閲覧。


「ひまわり動画」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ひまわり動画に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ひまわり動画」の関連用語

1
52% |||||

2
32% |||||

3
18% |||||

4
18% |||||

5
16% |||||

6
16% |||||

7
16% |||||

8
16% |||||


10
14% |||||

ひまわり動画のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ひまわり動画のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのひまわり動画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS