Weblio 辞書 > 凡例 : 『大辞林 第三版』

凡例 : 大辞林 第三版



この「凡例」は、三省堂刊行の書籍版『大辞林 第三版』の凡例に基づいて作成されています。
1. ご利用にあたって

1. 本サービスには書籍版『大辞林 第三版』の電子版を収録しています。

    (この電子版の記述内容は書籍版と同等のものです)

2. 図版、付録などは収録されていません。また、書籍と一部違うところがございます。

3. 詳細は、以降の凡例をお読みください。

2. 見出し

◇ 見出しの示し方

1. 見出しは原則として「現代仮名遣い」(昭和61年7月内閣告示)の方式によって示した。

あおい あふひ [0]【 葵 】 あい さい  [0]【 愛妻 】

はな ぢ [0]【 鼻血 】 い じん ゐ- [0]【 偉人 】

みか づき [0]【 三日月 】 とんこう とんくわう 【 敦煌 】

2. 和語・漢語は平仮名、外来語は片仮名で示した。外来語は「外来語の表記」(平成3年6月内閣告示)によって示し、長音を表すには「ー」を用いた。また、「ヴ」は用いず、「バ ・ ビ ・ ブ ・ ベ ・ ボ」を用いた。

ハープ [1]【 harp 】

バイオリン [0]【 violin 】

ベネチア 【 Venezia 】

3. 子見出しとなる慣用句・ことわざなどの句項目は、[句] → の後ろに行を改めて、漢字仮名交じりで示した。

あげ く [0]【 挙(げ)句・揚(げ)句 】

    [句] → 挙げ句の果て

あし [2]【 足・脚 】

    [句] → 足を洗う

4. ABC略語など、単語ではないがアルファベットで表記されることが多い見出しは、日本語の見出しと異なっている。読みが記載されず、漢字にはルビがつけられている。ただし、慣用的なつづり読みの読み方がある場合は、外来語に準じた。

アスキー [1]【 ASCII 】

アセアン 【 ASEAN 】

◇ 語構成

1. 見出し語の語構成は、語源をふまえつつ現代の言語意識も考慮し、原則として二つの部分に分け、その間を少しあけて示した。

あん ぜん [0]【 安全 】

うえ き うゑ- [0]【 植木 】

な べ [1]【 鍋 】

2. また、地名は「山」「川」「海」などが接辞的に付くものはその前で分けたが、その他の地名や、年号 ・ 作品名などの固有名詞は原則として分けて示さなかった。

3. 区分しがたいものや、区分が「 ・ 」と重なるものには示さなかった。

◇ 活用語の見出し

1. 活用する語は原則として終止形を見出しとした。形容動詞は語幹を見出しとした。

2. 口語形と文語形の両形があるものは原則として口語形で見出しを立て、見出しの下に文語形を示した。おもな文語形は見出しとして立て、口語形が参照できるようにした。ただし、口語形と文語形が配列上並ぶ場合は、文語形見出しを立てなかった。

3. 活用する語には、語幹と語尾の間に「 ・ 」を入れて示した。語幹・語尾の区別のできないものには示さなかった。

あお ・ ぐ あふぐ [2]【 仰ぐ 】(動五[ 四 ])

あさ ・ い [0][2]【 浅い 】(形)[文]ク あさ ・ し

みる [1]【 見る 】(動上一)[文]マ上一

活用する連語・慣用句で、活用する部分が語幹・語尾の区別のできないものは、活用語の直前に「・」を入れて示した。

あま ぎら・う -ぎらふ 【 天霧らふ 】( 連語 )

あらわれ・でる あらはれでる [5]【 現れ出る 】(動下一)

4. 可能動詞形の見出しは、原則として独立の見出しとして立てず、本項目の末尾に[可能]として、その語形を示した。

たお ・ す たふす [2]【 倒す 】(動五[ 四 ])

      [可能]たおせる

5. 形容詞・形容動詞に接尾語「がる」「げ」「さ」「み」などの付いた派生語形は、原則として独立の見出しとして立てず、本項目の末尾に[派生]として語幹部分を「━」で省略して示した。

あつ ・ い [2]【 暑い 】(形)[文]ク あつ ・ し

      [派生] が ・ る( 動五[ 四 ] )・ げ( 形動 )・ さ( 名 )

しん せつ 【 親切・深切 】( 名・形動 )[文]ナリ

      [派生] げ( 形動 )・ さ( 名 )・ み( 名 )

3. 歴史的かなづかい

1. 歴史的かなづかいが見出しのかなづかいと異なるものについては、見出しの直後に平仮名で小さく示した。示し方は、見出しの語構成を目安とし、異ならない部分については「―」で示した。

おうぎ あふぎ [3]【 扇 】

おう せい わう- [0]【 王制 】

2. 子見出しの歴史的かなづかいは、親見出しと重ならない部分について、見出しに準じて示した。なお、慣用句・ことわざなどの句項目には、歴史的かなづかいを示さなかった。

3. 漢字表記が二種以上あって歴史的かなづかいが異なる場合は次のように示した。

いち おう [0] -わう 【 一往 】  -おう 【 一応 】

4. アクセント

1. 見出し語のうち、現代語および現代でも使用されることのある語にアクセントを示した。ただし、方言、古語、人名・地名・作品名などのいわゆる固有名詞、仏教その他特殊な専門分野の用語、および付属語には原則として示さなかった。また、二語以上の要素から成る語で一語化の度合いが薄く、それぞれの構成要素のアクセントから類推できると思われる語にも示さなかったものが多い。

2. 本辞典で示したアクセントは、現在テレビ・ラジオなどで用いられている全国共通語のアクセントである。

3. アクセントは単語ごとに、高く発音される部分から低く発音される部分へ移る境目の音が何番目の音であるかを[1]・[2]・[3]…によって示した。低くならない語は0とした。動詞・形容詞など活用する語は、見出し語としての終止形のアクセントのみを示した。また、「十人十色」などのように、一つの見出し語に二つのアクセントの単位を含むものは[1]-[1]のように示した。

5. 表記欄

1. 見出し語に当てられる漢字を中心とする標準的な書き表し方を【 】の中に示した。その際、国語審議会報告「同音の漢字による書きかえ」を参考にした。二つ以上の表記法がある場合、一般的と思われる順に「 ・ 」で併記した。

(1) 「常用漢字表」および「人名用漢字別表」の漢字は、いわゆる新字体を用いた。

とう だい [0]【 灯台 】

りゅう こ [1]【 竜虎 】

(2) 常用漢字とその音訓を表示した。

【 】の中の漢字が「常用漢字表」にないものには「 」、その漢字が「常用漢字表」にはあるが見出しに相当する音訓が示されていないものには「 」を漢字の右肩に付した。また、「常用漢字表」の「付表」の語は 《 》で囲んで示した。

う ごう  -がふ [0]【 烏合 】

お たけび を- [2][0]【 雄叫び 】

かわせ かはせ [0]【《為替》】

さ なえ  -なへ [0]【《早苗》】

ただし、固有名詞には「 」「 」を付さなかった。

あまのうずめ の みこと 【 天鈿女命・天宇受売命 】

さらしなにっき 【 更級日記 】

たじま たぢま 【 但馬 】

(3) 送り仮名は「送り仮名の付け方」(昭和48年6月内閣告示)の通則に基づいて示した。

(ア) 「常用漢字表」の音訓によるものは、省略の許容についてはその仮名を( )で囲んで示し、多く送る許容については全体を( )で囲んで示した。

きこ ・ える [0]【 聞(こ)える 】(動下一)[文]ヤ下二 きこ ・ ゆ

くもり [3]【 曇(り) 】

あらわ ・ す あらはす [3]【 著す(著わす) 】(動五[ 四 ])

おこな ・ う おこなふ [0]【 行う(行なう) 】

(イ) 「常用漢字表」にない漢字および音訓によるものには許容を示さなかった。

かき なら ・ す [4][0]【 掻き均す 】(動五[ 四 ])

こき おろ ・ す [4][0]【 扱き下ろす】(動五[ 四 ])

おい や ・ る おひ-[3]【 追い遣る 】(動五[ 四 ])

かき まく ・ る [0][4]【 書き捲る 】(動五[ 四 ])

(ウ) 古語は歴史的かなづかいで示し、送り仮名の許容は示さなかった。

おもい い ・ ず おもひいづ 【 思ひ出づ 】(動下二)

かい な ・ ず -なづ 【 掻い撫づ 】(動下二)

(4) いわゆる熟字訓の類は〈 〉で囲んで示した。

あお のり あを- [2][0]【 青〈海苔〉 】

あじさい あぢさゐ [0][2]【〈紫陽花〉 】

さまよ ・ う さまよふ [3]【〈彷徨〉う 】

(5) 外来語と和語・漢語との複合した見出し語は、原則としてその外来語に相当する部分を「―」で示した。必要に応じてその複合語に相当する原語のローマ字綴りを示した。

エーゲ かい 【 ―海 】

ただし、ローマ字・数字などで慣用として書かれるものは、それを示した。

エーご はん [0]【 A5判 】

(6) 近代中国語などで、一般に漢字を用いるものについては 【 】の中に示した。この場合「 」「 」は付さなかった。

マージャン [0][1]【 麻雀 】

2. 外来語については、【】の中に、日本に直接伝来したと考えられる原語を掲げ、その言語名・国籍を注記した。ギリシャ語・ペルシャ語・ロシア語などは適宜ローマ字綴りに直して掲げた。また、原則として英語は国籍の注記を省略した。ただし、複数の国籍を注記するような場合は、他の国籍注記と区別するために、「英」と記すことも適宜行なった。

ガーゼ [1]ドイツ Gaze 】

カーテン [1]【 curtain 】

カッパ [0]ポルトガル capa 】

グラム [1]フランス gramme; gram 】

(1) 地名・人名などの固有名詞には原則として国籍を示さず、解説文中で理解できるようにした。

(2) 原語音からいちじるしく転訛した外来語や、外国語に擬して日本で作られた片仮名の語などは〔 〕の中にその語源などを示した。

パンク [0]〔puncture〕

ナイター [1]和製語 night+er〕

(3) 外来語のうち、かつては漢字を当てて書くことが多かったり、現在でも漢字で書く場合がある語には、その旨を〔 〕の中に補説として示した。

アイルランド【 Ireland 】
〔 「愛蘭」 とも当てた〕

インチ [1]【 inch 】
〔 「吋」 とも書く〕

6. 品詞・活用

見出し語の品詞・活用等の表示は、見出しの下に略語をもって()内に示した。(「略語・記号一覧」参照)

1. 名詞には原則として品詞の表示を省略した。ただし、同一項目で、名詞とそれ以外の品詞の用法とがある場合は名詞用法を(名)と示した。

あじ あぢ [0]【 味 】
( 名 )
( 形動 )[文]ナリ 

かち き [0][3]【 勝(ち)気 】( 名・形動 )[文]ナリ

2. 動詞には活用の種類、活用の行を示し、文語形容詞・文語形容動詞には活用の種類を示した。

あき な ・ う  -なふ [3]【 商う 】(動五[ 四 ] )

あざら け ・ し 【 鮮らけし 】( 形ク )

つきづき ・ し 【 付き付きし 】( 形シク )

おだい おだひ 【 穏ひ 】( 形動ナリ )

せい せい [0]【 凄凄 】( 形動タリ )

3. 活用語で、口語形と文語形のあるものは、口語形の見出しの品詞欄の次に[文]として文語形を示した。ただし、口語 ・ 文語同形の場合は文語形を省略した。

あ ・ ける [0]【 明ける・空ける・開ける 】(動下一)[文]カ下二 あ ・ く

あら ・ い [0][2]【 荒い 】(形)[文]ク あら ・ し

いる [1]【 射る 】(動上一)[文]ヤ上一

おだ やか [2]【 穏やか 】(形動)[文]ナリ 

4. 「する」が付いてサ変動詞としても用いられるものは (名)スル (副)スル などの形で示した。

だん てい [0]【 断定 】(名)スル

しっかり [3]【 確り・聢り 】(副)スル

5. 文語形容動詞タリ活用に相当する口語で、 「―と」 (副詞)、 「―たる」 (連体詞) として用いられるものは( トタル )の形で示した。

とう とう たうたう [0]【 滔 】(トタル )[文]形動タリ 

6. 主な助動詞については、語釈の前に活用変化を示した。

7. 連語は、(連語)と示した。連語の子見出しには(連語)表示を省略した。

活用語で口語形と文語形の異なるものは、口語形見出しのあとに[文]として活用の種類と文語形を示した。

7. 解説

1. 語義解説

(1) 意味の記述順序は次のようにした。

(ア) 現代語として用いられている意味・用法を先にし、古語としての意味・用法をあとに記述した。

(イ) 現代語は一般的な語義を先にし、特殊な語義や専門的な語義をあとに記述した。

(ウ) 古語は、原義を先にし、その転義を順を追って記述した。

(2) 語義区分

語義・用法を分ける場合、次の区分記号を用いた。

(ア) 一般には …を用いた。

(イ) 品詞・活用が異なる場合は …を用いた。

いっ こく [4][0]【 一刻 】(名)(名・形動)[文]ナリ

うら ・ む [2]【 恨む・怨む 】(動五[ 四 ])(動上二)

(ウ) 語義・用法などが大きく異なる場合は …を用いた。

あ ・ ける [0]【 明ける・空ける・開ける 】(動下一)[文]カ下二 あ ・ く
(他動詞) (自動詞)

ほう りつ [0]【 法律 】
〔歴史的仮名遣い 「はふりつ」 〕 〔歴史的仮名遣い 「ほふりつ」 〕

(エ) …を大きくまとめる場合は ❶❷…を用いた。

(オ) …をさらに細かく分ける場合は (ア) (イ) (ウ) …を用いた。

(3) 解説の冒頭に、必要に応じ、語源・語誌、翻訳語の語源、用法、清濁、位相、字音の種類などを〔 〕で囲んで記した。さらに詳述する場合は補説欄として解説末尾に〔 〕で囲んで記した。

(4) 専門用語にはその分野を明らかにするため、必要に応じて〘 〙で囲んで分野名を示した。(「略語・記号一覧」参照)

(5) 二つ以上の漢字表記がある語で、語義によって用い方が異なる場合は語義解説のあとに《 》で囲んで示した。

か ・ く [1]【 書く・描く・画く 】(動五[ 四 ])
 (ア) 《 書 》  (イ)  《 描 ・画 》
 《 書 》

(6) おもな動詞には、同訓の漢字表記の使い分けについて、 [表記] という記号の次に解説した。

(7) 2~3語の同音の語で、その使い分けがむずかしい語には、補説欄で使い分けを解説した。

(8) 2~3語の間で類義関係があり、その使い分けがむずかしい語には、補説欄で使い分けを解説した。

(9) おもな動詞・形容詞には、慣用句として特別の意味で用いられるものを [慣用] という記号の次に示した。

(10) 対義語は ↔ を用いて示した。対義語が二つ以上の語義区分に共通する場合は ▽ でまとめて示した。

(11) 参照項目は→で示した。

(12) 解説をすべて他の見出しで行なった場合は、その見出しを⇒ のあとに示した。

(13) 季語として用いられるものは [季] 新年 のように、[季] のあとに新年・春・夏・秋・冬を示した。また、句例《 》の中に示した。

(14) 歌枕とされているものは(歌枕)と示した。

(15) 人名は、解説の冒頭に生没年を記した。

(16) 中国の現代地名・現代人名には、原則として原語の音に近い形を片仮名で解説末尾に示した。

(17) 外国の作品名には、その原題を示した。

2. 本文の表記

(1) 解説の本文は、平易を旨とし、おおむね「常用漢字表」「現代仮名遣い」「送り仮名の付け方」に従って記した。

(2) 漢字の字体は、「常用漢字表」ならびに「人名用漢字別表」のいわゆる新字体を用い、他はなるべく一般に通用している字体を用いた。

(3) 動植物名・化学物質名などは適宜片仮名を用いた。

8. 用例

1. 見出し語の語義・用法を具体的に示し、また典拠などを示すために、国語項目を中心に、用例を語釈のあとに「 」で囲んで示した。

(1) 現代語には作例を掲げた。ただし今日ではやや特殊な語義・用法などについては明治以降の文献からの引用例を掲げた。

(2) 古語には古典からの引用例を掲げた。初出例にこだわらず、語釈・用法の理解の助けとなるものを掲げた。

(3) 見出し語に相当する部分は「―」で略した。活用語の場合は語幹部分を「―」で表し「 ・ 」を付けて活用語尾を送った。語幹と語尾の区別ができない語は「―」で略さず太字で示した。

かい ちゅう くわい- [0]【 懐中 】
・・・。「-をさぐる」 「-して来た翻訳物を取出し /浮雲四迷
・・・。「人の-を抜くのがスリで /吾輩は猫である漱石

かく ・ す [2]【 隠す 】(動五[ 四 ])
・・・。「雲が日を- ・ す」 「身を- ・ す」
・・・。 「能ある鷹は爪(つめ)を- ・ す」 「困惑の色を- ・ さない」

する [0]【 為る 】(動サ変)[文]サ変 す
・・・。 「勉強をする
・・・。 「昔,高校の教師をていたとき」
・・・。 「鉢巻をする

連語・慣用句で、活用する部分が語幹・語尾の区別のできないものは、活用する部分の前までを「― ・」で略し、そのあとに活用する部分を送った。

みみ [2]【 耳 】
  耳に・する「変なうわさを-・した」

2. 引用例文・出典の示し方

(1) 引用文献のうち古典の書名は多く略称を用い、主要な作品には巻名・章段名・部立てなどを小字で付記した。また、近代の書名は原則として全形を示し、作者名を略して小字で付記した。

いぬる 【 往ぬる・去ぬる 】( 連体 )
「-十余日のほどより /源若紫

おおみ かど おほみ- 【 大御門 】
「-はさしつや /枕179

かん きゃく [0]【 閑却 】( 名 )スル
「生と死との最大問題を-する /虞美人草漱石

(2) 古典の用例は歴史的かなづかいによって示した。読みやすさを考慮し、原典の仮名を漢字に改め、句読点・濁点を補うなどしたため、必ずしも原典のままではない。なお、読み仮名は現代かなづかいで付した。近代の用例は原則として原典のままとした。

(3) 用例中、語句の一部を省略した場合は「…」で示した。また、必要に応じ、語句の注釈を( )で囲んで片仮名で示した。

(4) 「日葡辞書」「ヘボン」(和英語林集成)などのローマ字書きは片仮名でうつした。

えつ よ 【 悦予 】
「-ヲイダク /日葡」

(5) 古辞書などに典拠のあるものについては、〔 〕の中に文献名のみを示した。

あぎ 【 顎・腭
 うわあご。 〔和名抄〕
 魚のえら。 〔新撰字鏡〕

(6) 万葉集は「国歌大観番号」(旧)で示した。また、日本書紀・古事記などの訓・訓注の部分はその旨を示した。

あき つ かみ 【 現つ神 】
「-吾が皇(おおきみ)の天の下 /万1050

9. その他

1. 枕詞は見出しの次に(枕詞)として示した。

2. 人名の見出しのうち、日本人名については物故者に限った。

3. 解説文中の年号については西暦紀元を用いた。解説の中で同世紀の四桁の年が二つ以上あらわれる場合は、世紀を示す最初の二桁の数字を省いた。

4. 国の人口は、基本として国連人口基金「世界人口白書 2005」によって示した。

10. 略語・記号一覧

 ○品詞欄

( 名 )   名詞

( 代 )   代名詞

( 動五 )  動詞五段活用

( 動五[四] )動詞口語五段活用・文語四段活用

( 動四 )  動詞四段活用

( 動上一 ) 動詞上一段活用

( 動上二 ) 動詞上二段活用

( 動下一 ) 動詞下一段活用

( 動下二 ) 動詞下二段活用

( 動カ変 ) 動詞カ行変格活用

( 動サ変 ) 動詞サ行変格活用

( 動ナ変 ) 動詞ナ行変格活用

( 動ラ変 ) 動詞ラ行変格活用

( 動特活 ) 動詞特別活用

( 形 )   形容詞

( 形ク )  形容詞ク活用

( 形シク ) 形容詞シク活用

( 形動 )  形容動詞

( 形動ナリ )形容動詞ナリ活用

( 形動タリ )形容動詞タリ活用

( トタル )  「~と」(副)「~たる」(連体詞)の形で用いられるもの

( 連体 )  連体詞

( 副 )   副詞

( 接続 )  接続詞

( 感 )   感動詞

( 助動 )  助動詞

( 格助 )  格助詞

( 接助 )  接続助詞

( 副助 )  副助詞

( 係助 )  係助詞

( 終助 )  終助詞

( 間投助 ) 間投助詞

( 並立助 ) 並立助詞

( 準体助 ) 準体助詞

( 接頭 )  接頭語

( 接尾 )  接尾語

( 連語 )  連語

( 枕詞 )  枕詞

 スル    サ変動詞の用法

 

○専門用語

〘哲〙     哲学

〘論〙     論理学

〘倫〙     倫理学

〘仏〙     仏教

〘言〙     言語学

〘心〙     心理学

〘法〙     法律

〘経〙     経済

〘教〙     教育

〘医〙     医学

〘生〙     生物学

〘数〙     数学

〘物〙     物理学

〘化〙     化学

〘天〙     天文学

〘地〙     地学

〘気〙     気象学

〘電〙     電気工学

〘機〙     機械工学

〘建〙     建築

〘音〙     西洋音楽

〘美〙     美学・美術

 

○記号

▼      常用漢字表にない漢字

▽      常用漢字表にない音訓

《 》    常用漢字表「付表」の語

〈 〉    熟字訓

( )    送り仮名の省略の許容

( )    送り仮名を多く送る許容

[0][1][2][3]…アクセント

地名      地名の見出し

人名      人名の見出し

[文]      文語形

[季]      季語

《 》    漢字の使い分け

[慣用]    慣用句

[可能]     可能動詞

[派生]     派生語

[表記]    同訓の漢字の使い分け

↔       対語

→      参照

⇒      送り項目の参照

11. 『大辞林 第三版』のアクセント表示

・日本語のアクセントは、単語を発音するさいに、その単語の中に含まれる個々の「拍」を高く発音するか低く発音するかによって決まる。拍とは日本語の音の長さの単位をいい、「キャ・シュ・チョ」などの拗音はカナ2字で1拍である。

・共通語では、1拍目と2拍目との間に必ず音の高低の変化がある。

・1拍目が高で2拍目以降が低である語は「頭高型」と言い、この辞典では [1] で示した。

・1拍目が低で、あとに続く助詞を含め高から低に移る箇所のない語は「平板式」と言い [0] で示した。

・1拍目が低で、2拍目以降が高になり、語中、語末に高から低に移る箇所のある語は「中高型」または「尾高型」と言い、低に移る直前の音の位置が2拍目であれば [2]、3拍目であれば [3]… のように示した。その位置が語中にあるものを「中高型」、語末にあるものを「尾高型」と言う。

・以上のうち、平板式を除く「頭高型」「中高型」「尾高型」を総称して「起伏式」と言う。

12. 著作権

『大辞林 第三版』

編者 松村 明・三省堂編修所

(C)2006-2014

発行者 株式会社 三省堂


三省堂三省堂 Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

ビジネス業界用語コンピュータ電車自動車・バイク工学建築・不動産学問
文化生活ヘルスケア趣味スポーツ生物食品人名方言辞書・百科事典

ご利用にあたって 便利にWeblioを使う お問合せ・ご要望 会社概要 ウェブリオのサービス

©2016 Weblio