tetrahydrocannabinolとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > tetrahydrocannabinolの意味・解説 

Δ9‐テトラヒドロカンナビノール

分子式C21H30O2
慣用名 ドロナビノール、Δ1-3,4-trans-テトラヒドロカンナビノールDronabinol、Δ1-3,4-trans-tetrahydrocannabinol、(6aR,10aR)-6,6,9-Trimethyl-3-pentyl-6a,7,8,10a-tetrahydro-6H-dibenzo[b,d]pyran-1-ol、(6aR)-6aβ,7,8,10aα-Tetrahydro-6,6,9-trimethyl-3-pentyl-6H-dibenzo[b,d]pyran-1-ol、(-)9-テトラヒドロカンナビノール(-)-trans1-テトラヒドロカンナビノール、1-Δ1-trans-テトラヒドロカンナビノール、Tetrahydrocannabinol、(-)-trans9-THCTHC、SP-104、(-)9-THC、Δ1-THC、Δ9-THCtrans9-Tetrahydrocannabinol、Δ9-trans-Tetrahydrocannabinol、Abbott 40566、(-)-trans9-Tetrahydrocannabinol、(-)9-Tetrahydrocannabinol、(1)-Δ1-Tetrahydrocannabinol、1-Δ1-trans-Tetrahydrocannabinol、(-)-trans1-Tetrahydrocannabinol、1-trans-Δ9-Tetrahydrocannabinol、Δ9-trans-テトラヒドロカンナビノールtrans9-テトラヒドロカンナビノール(-)-trans9-テトラヒドロカンナビノール、Δ1-Tetrahydrocannabinol、1-trans-Δ9-テトラヒドロカンナビノール、(1)-Δ1-テトラヒドロカンナビノール(-)9-trans-テトラヒドロカンナビノールテトラヒドロカンナビノール、Δ9-テトラヒドロカンナビノール、Δ1-テトラヒドロカンナビノール(-)1-テトラヒドロカンナビノール、Δ9-Tetrahydrocannabinol、1-Tetrahydrocannabinol、アボット40566、(-)1-Tetrahydrocannabinol、(-)9-trans-Tetrahydrocannabinol、Δ-9-テトラヒドロカンナビノール、(6aR)-3-Pentyl-6,6,9-trimethyl-6aβ,7,8,10aα-tetrahydro-6H-dibenzo[b,d]pyran-1-ol
体系名:3-ペンチル-6,6,9-トリメチル-6aβ,7,8,10aα-テトラヒドロ-6H-ジベンゾ[b,d]ピラン-1-オール、(6aR,10aR)-6aβ,7,8,10aα-テトラヒドロ-6,6,9-トリメチル-3-ペンチル-6H-ジベンゾ[b,d]ピラン-1-オール、(6aR,10aR)-6,6,9-トリメチル-3-ペンチル-6a,7,8,10a-テトラヒドロ-6H-ジベンゾ[b,d]ピラン-1-オール、(6aR)-6aβ,7,8,10aα-テトラヒドロ-6,6,9-トリメチル-3-ペンチル-6H-ジベンゾ[b,d]ピラン-1-オール、(6aR)-3-ペンチル-6,6,9-トリメチル-6aβ,7,8,10aα-テトラヒドロ-6H-ジベンゾ[b,d]ピラン-1-オール


テトラヒドロカンナビノール

薬物テトラヒドロカンナビノール
英名tetrahydrocannabinol
化合物名or商品名
分子式C21H30O2
分子データ
用途幻覚剤
副作用多幸感時間空間狂いなど
胎,授乳児への影響
備考大麻活性成分主成分
融点
沸点200
LD50(マウス)/mg kg-1
LD50(その他)/mg kg-1
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

テトラヒドロカンナビノール

(tetrahydrocannabinol から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/15 07:40 UTC 版)

テトラヒドロカンナビノール(英: Tetrahydrocannabinol; 略: THC, Δ9-THC)はカンナビノイドの一種。多幸感を覚えるなどの作用がある向精神薬大麻樹脂に数パーセント含まれ、大麻(マリファナ)の主な有効成分である。


  1. ^ Jarho P, Pate DW, Brenneisen R, Järvinen T. Life Sci. 1998, 63(26), PL381-4. PMID 9877229
  2. ^ ドラッグを扱った科学研究5件 (WIRED.jp、2008年4月8日)
  3. ^ マリファナの活性成分を合成して脳損傷の進行を阻止(WIRED.jp 2003年11月19日)
  4. ^ [1]
  5. ^ ハーブのお香の煙に幻覚効果? オーストリアで販売禁止に(AFPBB News、2008年12月19日 12:48)
  6. ^ 薬事法第二条第十四項に規定する指定薬物及び同法第七十六条の四に規定する医療等の用途を定める省令の一部を改正する省令(厚生労働省)
  7. ^ 「副作用」の心配無用、大麻の化学成分を合成する新技術(WIRED.jp 2002年3月5日)
  8. ^ A. J. Hampson, M. Grimaldi, J. Axelrod, and D. Wink (1998-7-7). “Cannabidiol and (−)Δ 9 -tetrahydrocannabinol are neuroprotective antioxidants.”. Proc Natl Acad Sci US A. 95 (14): 8268-73. PMC 20965. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=20965. 
  9. ^ “Cannabinoid receptors in microglia of the central nervous system: immune functional relevance.”. en:Journal of Leukocyte Biology 78 (6): 1192-7. (2005-12). doi:10.1189/jlb.0405216. PMID 16204639. http://www.jleukbio.org/content/78/6/1192.long. 
  10. ^ Cannabinoids remove plaque-forming Alzheimer's proteins from brain cells”. Science Daily (2016年6月29日). 2016年12月28日閲覧。
  11. ^ “Developmental Switch in Spike Timing-Dependent Plasticity and Cannabinoid-Dependent Reorganization of the Thalamocortical Projection in the Barrel Cortex.”. en:The Journal of Neuroscience 36 (26): 7039-54. (2016-6-29). doi:10.1523/JNEUROSCI.4280-15.2016. PMID 27358460. http://www.jneurosci.org/content/36/26/7039.long. 
  12. ^ 世界初!大麻が脳に悪影響を与えることを科学的に証明 大麻の主成分:カンナビノイドが神経回路を破綻(2016年6月30日)大阪大学
  13. ^ “Microglial activation underlies cerebellar deficits produced by repeated cannabis exposure.”. en:Journal of Clinical Investigation 123 (7): 2816-31. (2013-7). doi:10.1172/JCI67569. PMC 3696568. PMID 23934130. https://www.jci.org/articles/view/67569. 
  14. ^ a b c レスター・グリンスプーン、ジェームズ・B. バカラー 『サイケデリック・ドラッグ-向精神物質の科学と文化』 杵渕幸子訳、妙木浩之訳、工作舎、2000年。ISBN 978-4-87502-321-0。58-60頁。(原著 Psychedelic Drugs Reconsidered, 1979)
  15. ^ List of psychotropic substances under international control (PDF)”. 2011年4月20日閲覧。[要ページ番号]
  16. ^ Marinol - the Legal Medical Use for the Marijuana Plant”. Drug Enforcement Administration. 2002年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月20日閲覧。
  17. ^ Eustice, Carol (1997年8月12日). “Medicinal Marijuana: A Continuing Controversy”. About.com. 2011年4月20日閲覧。
  18. ^ MARINOL (Dronabinol) : Capsules - Sep 2004, FDA delta-9-tetrahydrocannabinol (Δ9-THC). 2016年10月04日閲覧
  19. ^ Title 21 of the Code of Federal Regulations – PART 1308 — SCHEDULES OF CONTROLLED SUBSTANCES”. US Department of Justice. DEA Office of Diversion Control. 2014年1月12日閲覧。 With changes through 77 F.R. 4235 (January 27, 2012).
  20. ^ Sativex Oromucosal Spray”. medicines.org.uk (2011年6月9日). 2012年2月1日閲覧。
  21. ^ Debra Borchardt (2016年12月9日). “英製薬会社、臨床試験結果に自信も「トランプ大統領」に不安”. フォーブス日本版. https://forbesjapan.com/articles/detail/14490 2017年9月1日閲覧。 
  22. ^ Pickens, JT (1981). “Sedative activity of cannabis in relation to its delta'-trans-tetrahydrocannabinol and cannabidiol content”. British Journal of Pharmacology 72 (4): 649–56. PMC 2071638. PMID 6269680. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2071638. 
  23. ^ Burns, T. L; Ineck, JR (2006). “Cannabinoid Analgesia as a Potential New Therapeutic Option in the Treatment of Chronic Pain”. Annals of Pharmacotherapy 40 (2): 251–260. doi:10.1345/aph.1G217. PMID 16449552. 
  24. ^ MARINOL (dronabinol) capsule drug label/data at Daily Med from U.S. National Library of Medicine, National Institutes of Health.
  25. ^ McKim, William A (2002). Drugs and Behavior: An Introduction to Behavioral Pharmacology (5th ed.). Prentice Hall. p. 400. ISBN 0-13-048118-1. 
  26. ^ Greenberg, Gary (2005年11月1日). “Respectable Reefer”. Mother Jones. http://motherjones.com/politics/2005/11/respectable-reefer 2010年4月8日閲覧。 
  27. ^ Government eases restrictions on pot derivative”. Online Athens. 2014年1月12日閲覧。
  28. ^ 世界保健機関 (1989) (pdf). WHO Expert Committee on Drug Dependence - Twenty-sixth Report / WHO Technical Report Series 787 (Report). World Health Organization. pp. 10-14、25-28. ISBN 92-4-120787-6. http://whqlibdoc.who.int/trs/WHO_TRS_787.pdf. 
  29. ^ 世界保健機関 (1991) (pdf). WHO Expert Committee on Drug Dependence - Twenty-seventh Report / WHO Technical Report Series 808 (Report). World Health Organization. pp. 4-6、12. ISBN 92-4-120808-2. http://whqlibdoc.who.int/trs/WHO_TRS_808.pdf. 
  30. ^ 麻薬、麻薬原料植物、向精神薬及び麻薬向精神薬原料を指定する政令第1条第41号(デルタ10テトラヒドロカンナビノール)、第42号(デルタ9テトラヒドロカンナビノール)、第44号(デルタ8テトラヒドロカンナビノール)、第44号(デルタ7テトラヒドロカンナビノール)、第44号(デルタ8テトラヒドロカンナビノール)、第45号(デルタ6a(10a)テトラヒドロカンナビノール)、第46号(デルタ6a(7)テトラヒドロカンナビノール)


「テトラヒドロカンナビノール」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「tetrahydrocannabinol」の関連用語

1
72% |||||

2
72% |||||

3
70% |||||

tetrahydrocannabinolのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ヌメリアカチチタケ

ガッサンディ

伊師浜海水浴場

パークゴルフ

スカイ・マティーニ

蝶結び

朝明川砂防堰堤

山奈





tetrahydrocannabinolのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのテトラヒドロカンナビノール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS