rush!とは?

ラッシュ 【rush】

撮影結果早く確認するため、撮影フィルム現像し、ポジフィルム焼付られたプリントのこと。ラッシュプリント。

ラッシュ

ラッシュ

 フルタイム4WD
GX
車両型式重量性能
トランスミッション5速マニュアル電子制御4速オートマチック 5速マニュアル電子制御4速オートマチック
車両型式CBA-
J210E-
GMPF
CBA-
J210E-
GQPF
CBA-
J210E-
GMGF
CBA-
J210E-
GQGF
車両重量kg
1,1801,1901,1801,190
車両総重量kg
1,4551,4651,4551,465
最小回転半径m
4.9 *1
4.9
燃料消費率
10・15モード走行
(国土交通省審査値)
(km/L)
15.214.015.214.0
主要燃費改善対策可変バルブタイミング電動パワーステアリングロックアップ機構トルコン(A/T車)
寸法定員
全長mm
3,995
全幅mm
1,695
全高mm
1,705 *2 *3
1,705 *3
ホイールベースmm
2,580
トレッド
mm
1,445 *5
1,445
mm
1,460
最低地上高mm
200 *6
200
室内
mm
1,800
mm
1,385
mm
1,240
乗車定員
5
エンジン
型式3SZ-
VE
種類直列4気筒DOHC
内径×行程mm
72.0×91.8
圧縮比10.0
総排気量L
1.495
最高出力ネットkWPS]/r.p.m.
80109]/6,000
最大トルクネットN・mkg・m]/r.p.m.
141[14.4]/4,400
燃料供給装置EFI電子制御式燃料噴射装置
燃料タンク容量L
50
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
■ステアリング・サスペンション・ブレーキ・駆動方式
ステアリングラック&ピニオン
サスペンションマクファーソン・ストラットコイルスプリング
5リンク式コイルスプリング
ブレーキ
15インチディスク *7
リーディングトレーリングドラム
駆動方式4輪駆動方式
変速比減速比
第1速3.7692.7303.7692.730 
第2速2.0451.5262.0451.526 
第3速1.3761.0001.3761.000
第4速1.0000.6961.0000.696
第5速0.838-
0.838-
後退4.1282.2904.1282.290
減速比5.1255.5715.1255.571

*7 VSC装着した4WD車の場合は、16インチベンチレーテッドディスクとなります。
★印の車両は、自動車グリーン税制適合車です。ご購入時に自動車取得税軽減措置が受けられます(平成18年3月31日まで)。また、ご購入翌年度自動車税について軽減措置が受けられます(平成18年3月31日までの新車登録車対象)。詳しく販売店おたずねください
燃料消費率定められた試験条件での値です。お客様使用環境気象渋滞等)や運転方法急発進エアコン使用等)に応じて燃料消費率異なります。
*1 ローダウンサスペンションを装着した場合は5.0mとなります。
*2 ローダウンサスペンションを装着した場合は1,690mm、ローダウンサスペンションとルーフレール同時に装着した場合は1,725mmとなります。
*3 ルーフレール装着した場合は1,740mmとなります。
*4 ルーフレール装着した場合は1,725mmとなります。
*5 ローダウンサスペンションを装着した場合は1,450mmとなります。
*6 ローダウンサスペンションを装着した場合は180mmとなります。
(注:この情報2008年7月現在のものです)

とっかん 突貫 rush

普通に施工すれば当然かかるはずの日数大幅短縮すること。 機械人員大量投入するため費用がかかり、またでき栄えも雑になりやすいので、 突貫を避けるように十分な工程管理が必要といわれている。

Rush

名前 ラッシュ

RUSH!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/04/02 11:48 UTC 版)

RUSH!
監督 瀬々敬久
脚本 井土紀州
瀬々敬久
製作 下田淳行
岡田真
ユン・スンヨン
出演者 キム・ユンジン
哀川翔
柳葉敏郎
大杉漣
阿部寛
麻生久美子
千原浩史(現・千原ジュニア
ハニホー・ヘニハー
峰岸徹
青田典子
竹内力
音楽 安川午朗
主題歌 川村結花「Festa」
撮影 林淳一郎
編集 菊池純一
製作会社 エルクインフィニティ
配給 スローラーナー
公開 日本の旗 2001年6月23日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
韓国語
テンプレートを表示

RUSH!』(ラッシュ)は、2001年6月23日公開の瀬々敬久監督による日本映画である。韓国映画シュリ』の悲劇の北朝鮮女テロリスト役で注目されたキム・ユンジンの日本映画初出演が話題になった。

第16回高崎映画祭最優秀監督賞受賞。

目次

惹句

LOVE&MONEY!

スタッフ

  • 監督:瀬々敬久
  • 脚本:井土紀州、瀬々敬久
  • ゼネラルプロデューサー:遠藤秀仡
  • 企画:あいかわ翔、神野智
  • プロデューサー:下田淳行、岡田真、ユン・スンヨン
  • 撮影:林淳一郎
  • 音楽:安川午朗
  • 主題歌:「Festa」川村結花
  • 美術:丸尾知行
  • 編集:菊池純一
  • 録音:三澤武徳
  • スクリプター:田中小鈴
  • スチール:奥川彰
  • 助監督:吉村達矢
  • 照明:豊見山明長
  • 製作:エルクインフィニティ
  • 製作協力:ツインズジャパン
  • 配給:スローラーナー

キャスト

ストーリー


注意:以降の記述には物語・作品・登場人物に関するネタバレが含まれます。免責事項もお読みください。


韓国人大富豪・孫(峰岸徹)が経営する焼肉屋で板前をやっているしがない男・昌也(哀川翔)は、ある日偽装誘拐を持ちかけられる。依頼したのはアメリカ帰りのハネッ返りな孫の令嬢・ソヨン(キム・ユンジン)で、彼女自らが被害者役を演じる。二人は喧嘩しながらも身代金5000万円奪取計画を進行させるのだが、金を奪う前に孫が突然殺される想定外の事態が起こった上に孫殺しの容疑も掛けられ、追われるハメに。そのドタバタには悪徳刑事コンビ、ホスト、謎の外国人、うだつの上がらないサラリーマンまでもが更に加わり、事態は混沌の度合いを深めて行く。そんな状況の中でも昌也とソヨンは相変わらず日本語と韓国語でお互いの感情をぶつけ合っていたが、本人同士気づかない内なんとなく心が通じ合い始めていた。日韓ツンデレ・カップルの運命や如何に?

エピソード

  • 哀川翔はこの映画で主演とプロデュース(“あいかわ翔”名義)を兼業しているが、当初は“SWITCH”というタイトルで『BAD GUY BEACH』(1995年)に続く“あいかわ翔監督二作目”として企画され、脇に回る予定だった。だが韓国からキム・ユンジンがヒロイン役に招かれることが決まり、哀川がそのバランスを取るため主役も担当することになり、監督兼業でかなり苦労した教訓から両立は困難と判断し、監督補としてオファーしていた瀬々敬久監督にメガホンを全面委託。
  • キム・ユンジンは役柄同様アメリカ育ち。だから「韓国人というよりアメリカ人のメンタルを持っている」と、DVDメイキングにて瀬々監督が彼女を評していた。
  • 最近は見られなくなったが、時間軸のシャッフルと、予め結末めいたものを冒頭に示しながら、いざラストになったらそれとは異なる結末を持ち出し、観る者を呆気に取らせる“裏切り”が瀬々作品の特徴の一つだった。この映画でも柳葉敏郎が投げ付けた身代金入りバッグが逃避行中の哀川とユンジンが乗った車に偶然当たったために横転し二人が事故死することを何度も示しながら、ラストではそのバッグがなんと空を切り、そのまま逃げ延びて行く。
  • 千原ジュニアは初日舞台挨拶でキム・ユンジンがたどたどしい日本語で挨拶した直後にウケ狙いでワザとユンジン風に挨拶したら、それが思い切りスベッてしまい、芸人としてのプライドが傷ついたことを、「ダウンタウンDX」や「笑っていいとも!増刊号」の放送終了後トーク等で時々自虐ネタとして語っている。
  • 千原がレギュラー出演している久米宏司会のトーク番組「クメピポ! 絶対あいたい1001人」(2009年6月3日放映)に哀川がゲスト出演。トークの流れから『RUSH!』撮影裏の話題になり、千原がバンジージャンプするシーンで「コイツビビリ過ぎたんで、(飛ぶ瞬間は)仕方なく吹き替えを使った」と哀川が暴露すれば、千原も「撮影現場で哀川さんが、まるで子供のように蝶々を追いかけていた」とやり返す一幕があった。
  • 木更津キャッツアイ』や『ゼブラーマン』で哀川を起用したことがある宮藤官九郎は、今までの哀川主演作の中で好きな作品として必ずこの映画を挙げている。
  • 哀川は2006年1月から発売されたトヨタ自動車新ブランドのCMに出演していたが、その車のネーミングは奇しくもトヨタ・ラッシュであった。

参考文献

外部リンク


ラッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/09 14:19 UTC 版)

(rush! から転送)

ラッシュ






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

rush!に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「rush!」の関連用語

rush!のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ブレイド

イスト

プリウス

ランドクルーザー

ヴェルファイア

クラウン セダン

アベンシス ワゴン

アルファード


自動車メーカー一覧
トヨタの車種一覧

 ALLION

 ALPHARD

 auris

 AVENSIS SEDAN

 AVENSIS WAGON

 bB

 BELTA

 BLADE

 CAMRY

 Century

 COASTER

 COMFORT

 COROLLA Axio

 COROLLA FIELDER

 COROLLA RUMION

 CROWN ATHLETE

 CROWN COMFORT

 CROWN HYBRID

 CROWN MAJESTA

 CROWN ROYAL

 CROWN SEDAN

 ESTIMA

 HARREIER HYBRID

 harrier

 HILUX SURF

 IPSUM

 ISIS

 ist

 LAND CRUISER

 LAND CRUISER PRADO

 LITE ACE TRUCK

 LITE ACE VAN

 MARKX

 MARKX ZiO

 NOAH

 PASSO

 Porte

 PREMIO

 PRIUS

 Probox VAN

 Probox WAGON

 QUICKDELIVERY200

 RACTIS

 RAUM

 RAV4

 RUSH

 SIENTA

 SUCCEED VAN

 SUCCEED WAGON

 TOWN ACE TRUCK

 TOWN ACE VAN

 VANGUARD

 VELLFIRE

 Vitz

 VOXY

 WISH

 アイシス

 アベンシス セダン

 アベンシス ワゴン

 アリオン

 アルファード

 イスト

 イプサム

 ウィッシュ

 ヴァンガード

 ヴィッツ

 ヴェルファイア

 ヴォクシー

 エスティマ

 エスティマハイブリッド

 オーリス

 カムリ

 カローラ アクシオ

 カローラ フィールダー

 カローラ ルミオン

 クイックデリバリー200

 クラウン アスリート

 クラウン セダン

 クラウン ハイブリッド

 クラウン マジェスタ

 クラウン ロイヤルサルーン

 クラウンコンフォート

 コンフォート

 コースター

 サクシード バン

 サクシード ワゴン

 シエンタ

 センチュリー

 タウンエース トラック

 タウンエース バン

 ノア

 ハイラックス サーフ

 ハリアー

 ハリアー ハイブリッド

 パッソ

 プリウス

 プレミオ

 プロボックス バン

 プロボックス ワゴン

 ポルテ

 ビービー

 ブレイド

 ベルタ

 マークX

 マークX ジオ

 ライトエース トラック

 ライトエース バン

 ラウム

 ラクティス

 ラッシュ

 ランドクルーザー

 ランドクルーザー プラド




rush!のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2016 Japan Video Software Association
TOYOTATOYOTA
©1995-2016 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2016 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのRUSH! (改訂履歴)、ラッシュ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS