polyethylene terephthalateとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > polyethylene terephthalateの意味・解説 

ポリエチレンテレフタレート [11] 【polyethylene terephthalate】

ペットPET

PET

〖polyethylene terephthalate〗
ペット

PET


ポリエチレンテレフタレート

英語 polyethylene terephthalate

熱可塑性高機能樹脂(エンジニアリングプラスチック)のひとつで、テレフタル酸エチレングリコール重縮合によって得られるポリエステルのこと。繊維としてはほかの合成繊維よりも耐熱性がよく、弾性回復、耐しわ性などにも優れ羊毛類似した性質を有している。商品名テトロンなどとして、衣料品タイヤコードなどに多く使用されている。一方成形材料としてはPET自体成形性難があるため、ガラス繊維強化されたものが重要なエンプラ成形材料として利用されている。耐熱性電気特性にも優れていることから、コネクター、コイルボビンなどの電気部品使用される。自動車部品としてはドアハンドルガーニッシュなどの外装品に利用されている。

参照 ポリエステル樹脂
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ポリ(エチレンテレフタラート)

名称ポリ(エチレンテレフタラート)
英名poly(ethylene terephthalate)
名称2ポリ(オキシエチレンオキシテレフタロイル)
英名2poly(oxyethyleneoxyterephthaloyl)
名称3
英名3
備考略号ほか)PETP(PET),[繊維ポリエステル
構造式-[OCH2CH2OOC-(C6H4)-CO]n-
分子データ
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

ポリエチレンテレフタラート

(polyethylene terephthalate から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/02 23:40 UTC 版)

密度は1.38~1.40 透明で圧力に強い






「ポリエチレンテレフタラート」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

polyethylene terephthalateに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「polyethylene terephthalate」の関連用語

polyethylene terephthalateのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ムーヴ

分配型燃料噴射装置

アコード

インテグラ

スマートウェイ

スイフト

フローリアン

燃料電池スタック





polyethylene terephthalateのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポリエチレンテレフタラート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS