niとは?

ニッケル(Ni)

ニッケル(Nickel)は、元素記号 Ni で表され、原子番号28原子量は約58.71比重は8.90(g/cc)である。銀白色強磁性固体金属で、鉄族属する。地球中心部はニッケルと合金主体となっていると考えられている。
オーステナイト系ステンレス鋼基本元素で、耐食性熱間強度を増す。

N-I

分類:ロケット


名称:N-I
打ち上げ国名機関:日本/宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
開発機関会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げ場所:種子島宇宙センター(TNSC)
運用開始年:1975年
運用終了年:1982年

N-Iロケット日本初めての実用衛星打上げ液体大型ロケットです。第1段、第3段、および固体補助ロケット米国デルタロケット技術使い、第2段には1966年から小型ロケット開発が進められていたLE-3液体ロケットエンジン姿勢制御用ガスジェット制御装置をのせています。
誘導方式機体プログラム誘導地上誘導計算機組み合わせ電波誘導方式を使っています。
1970年から開発始まり1975年初号機の打ち上げに、1977年には静止衛星投入成功しました。
これによって大型ロケット開発打ち上げ技術などの成果が得られました。
またN-Iは世界で3番目に静止衛星打ち上げ運用終了までに7機の衛星打ち上げました。

1.どんな形をして、どんな性能持っているの?


3段式。
全長:32.6m〔第1段21.44m、第2段5.44m、第3段1.4m、衛星フェアリング5.69m〕。
外径:2.44m。
全備重量:90.4t(人工衛星重さ含みません)。
推力は第1段77.1t(バーニアエンジン2基0.9t)、固体補助ロケット3本分71t、第2段5.4t、第3段4.0t。
約130kgの静止衛星打ち上げる能力あります

2.打ち上げ飛行順序はどうなっているの?
リフトオフ後、固体補助ロケット38秒間の燃焼ののち、80秒後に分離します。第1段ロケット218秒間燃焼ののち、226秒後に分離します。第2段ロケットは第1段分離後に点火します。238秒後には衛星フェアリング分離します。第2段ロケット243秒間燃焼ののち、姿勢制御して慣性飛行移ります。1454秒後、第3段をスピンアップして、1,456秒後に第2段を分離します。1,469秒後に第3段ロケット点火41秒間の燃焼ののち、1,614秒後に衛星分離して、静止トランスファ軌道投入します。

3.どんなものを打ち上げたの?
きく、きく2号きく4号、うめ、うめ2号、あやめ、あやめ2号

4.どのくらい成功しているの?
7回の打ち上げおこなわれ、すべて成功しています。


Ni(II)イオン

分子式Ni
その他の名称:Nickel dication、Ni(II) ion、Ni(II)イオン
体系名:ニッケルジカチオン


Ni(III)イオン

分子式Ni
その他の名称:Nickel trication、Ni(III) ion、Ni(III)イオン
体系名:ニッケルトリカチオン


ニッケル(II)

分子式Ni
その他の名称:Nickel(II)
体系名:ニッケル(II)


ニッケル

分子式Ni
その他の名称:NP 2、Nickel、Ni 4303T、RCH 55/5、C.I.77775、Ni 0901-S、Raney alloy、Ni
体系名:ニッケル


物質
ニッケル
英語名
Nickel
元素記号
Ni
原子番号
28
分子量
58.6934
発見
1751年
原子半径(Å)
1.25
融点(℃)
1455
沸点(℃)
2731
密度(g/cm3
8.85
比熱(cal/g ℃)
0.105
イオン化エネルギー(eV)
7.635
電子親和力(eV)
1.15


ニッケル(Ni)

ニッケルは銀白色に輝く金属で、展延性に富んでいます。地殻中に約75mg/kg、海水中に0.5μg/リットル含まれています。用途としては、ステンレス鋼等の合金電気メッキバッテリー等に使用されています。ニッケルは、生体必須元素ですが、暴露により接触性皮膚炎原因にもなります。また、ニッケル工場での鼻腔がん、肺がん発生率が高いことが確認されています。なお、植物にとってニッケルは有害元素で、とともに毒性の強い元素といわれています。指針値は、以前「0.01mg/リットル以下」と定められていましたが、平成11年2月22日付け環水管第49号で削除されました。

Ni

名前 ニー; ニ

.ni

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/14 08:10 UTC 版)

.ni
ニカラグアの旗
施行 1989年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Universidad Nacional del Ingernieria
後援組織 Universidad Nacional del Ingernieria
利用地域 ニカラグアに関係する団体・個人
使用状況 ニカラグアで盛んに使われている。co.niのサブドメインは北アイルランドでも利用されている。
階層構造 登録は第二レベルの下の第三レベルに行われる。
関連文書 .ni Rules (Spanish); co.ni rules
方針 UDRP
ウェブサイト nic.ni
  

.ni国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、ニカラグアに割り当てられている。

第二レベルドメイン

登録はいくつかの第二レベルドメインの下の第三レベルに行われる。登録用のサイトnic.niなど、第二レベルに直接登録されるサイトもいくつかある。

  • .gob.ni: ニカラグア政府
  • .co.ni, .com.ni: 商業機関
  • .ac.ni, .edu.ni: 教育機関
  • .org.ni: 非政府組織
  • .nom.ni: 個人ドメイン
  • .net.ni: ネットワーク
  • .mil.ni: ニカラグア軍

政治的及び商業的理由から、.niは北アイルランドにおいて、アイルランドのドメイン.ieやイギリスのドメイン.ukよりも頻繁に使われている。特に.co.niサブドメインはこの目的のために作られた。

外部リンク


NI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/25 15:00 UTC 版)

NI,Ni

NI

Ni

ni


N-Iロケット

(ni から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/08 10:31 UTC 版)

N-I
N-I.svg
N-Iロケット
基本データ
運用国 日本
開発者 NASDA
三菱重工
運用機関 NASDA
使用期間 1975年 - 1982年
打ち上げ数 7回(成功6回)
開発費用 990億円[1]
公式ページ JAXA - N-Iロケット
物理的特徴
段数 3段
ブースター 3基
総質量 90.4 トン
全長 32.57 m
直径 2.44 m(本体部分)
軌道投入能力
低軌道 1,200 kg , 800 kg
200 km / 30度 , 1,000 km / 30度
静止軌道 130 kg
(燃焼後アポジモータ含)
地球重力圏脱出軌道 180 kg
テンプレートを表示

N-Iロケットエヌイチ - )は、宇宙開発事業団(NASDA)と三菱重工業米国デルタロケットの技術や構成要素を基に開発し、三菱重工業が製造した日本初の人工衛星打ち上げ用液体燃料ロケット

概要

東京大学宇宙航空研究所(後の宇宙科学研究所)が、科学衛星と衛星打ち上げ用固体燃料ロケットを自主開発し打ち上げ実績を重ねていたのに対して、実用商用衛星の打上げを目指して設立されたNASDAは、液体燃料ロケットの実用化を急ぐために自主開発を諦めて、一部がブラックボックスの条件で米国のデルタロケットの技術を段階的に習得していく開発手法を採ることにした。ロケットの技術は弾道ミサイルの技術に繋がることから、米国としても日本のロケット技術を管理下に置く事は好ましいと考えていた。

1970年(昭和45年)10月にNロケットの開発が始まり[2]1975年(昭和50年)に技術試験衛星「きく」を搭載した第1号機の打ち上げに成功した。1982年(昭和57年)までに合計7機を打ち上げ技術習得の目標は達成できたが、打上げ能力が衛星の大型化に対応できないためN-IIロケットの開発に移行することになった。

名称

JAXAのFAQによればNロケットの「N」は日本の頭文字であり、またMロケットの次という意味も込められている。当初は単にN(ロケット)と呼ばれていたが、改良型の名称が具体化するにつれてN-I(ロケット)と呼ばれるようになった。文部科学省公開資料の科学技術白書では昭和53年版からN-I、N-II、H-Iの各名称が用いられている。

諸元と構成

第二段を除けば主要部分はDelta Mロケットと略同型と言える。

主要諸元

主要諸元一覧[3]
諸元\各段 第1段 補助ロケット 第2段 第3段 フェアリング

長さ(m) 21.44 7.25 5.44
(第2段アダプタ含む)
1.37 5.69
全長(m) 32.57
外径(m) 2.44 0.79 1.62 0.94 1.65

各段全備重量(t) 70.09 13.40
(3本)
5.86
(第2段アダプタ含む)
0.67 0.26
全段重量(t) 90.28
(衛星除く)



名称 MB-3-3 キャスターII LE-3 スター37N N/A
型式 液体ロケット 固体ロケット 液体ロケット 固体ロケット
推進薬種類
(酸化剤/燃料)
LOX/RJ-1 HTPB NTO/A-50 HTPB
推進薬重量(t) 66.53 11.24
(3本)
4.74 0.56
比推力(s) 249
(海面上)
238
(海面上)
290
(真空中)
291
(真空中)
平均推力(tf) 77
(海面上)
71
(海面上)(3本分)
5.4
(真空中)
4.0
(真空中)
燃焼時間(s) 224 39 246 41
推進薬供給方式 ターボポンプ N/A ヘリウムガス押し N/A
制御
シス
テム
ピッチ
ヨー
ジンバル N/A ジンバル(推力飛行中)
ガスジェット(慣性飛行中)
スピン安定 N/A
ロール バーニアエンジン ガスジェット

構成

3段式の液体+固体ロケット

  • 第1段 : MB-3-3
    長タンク型ソアーロケットと略同型である。当初はノックダウン生産であったが、後にマクドネル・ダグラス社にロイヤリティを支払って三菱重工業がライセンス生産した。エンジンは液体酸素ケロシンを推進剤とするMB-3-3エンジンで、こちらも同様に当初はノックダウン生産であり、後にTRW社のライセンスで三菱重工業が製造した。そのうち燃焼器やガスジェネレータ等、エンジンの一部部品は三菱重工業から石川島播磨重工業(現IHI)に委託された。ライセンス生産化にあたっては日本独自の改良が施されており、タンクの素材であるアルミ合金を溶接が容易なものへ変更され、また、タンク壁面はワッフル構造からアイソグリッド構造へ変更された。
  • 第1段補助ブースタ(SOB) : キャスターII
    サイオコール社のライセンスで日産自動車(現・IHIエアロスペース)が製造したものを3基使用。当初は地上試験用と実機用に合計15基を輸入した。
  • 第2段 : LE-3
    NASDAが独自にQロケットの第3段用として開発し、三菱重工業が製造していたLE-3エンジン(推進剤は四酸化二窒素エアロジン-50)を使用している。N-Iへの適用にあたっては、マクドネルネル・ダグラス社及びロケットダイン社によってチェック・アンド・レビューによる技術指導が行われた。LE-3は、日米宇宙協定に関する米議会の決定によって技術移転が許可されたAJ10-118Eエンジンよりも、推力及び比推力で勝るものだったが、N-Iと同じ時期にデルタロケットで使用されていた同エンジンの改良型であるAJ10-118Fエンジンと比較すると、燃焼時間や比推力では劣るものであった。
  • 第3段 : スター37N
    サイオコール製のスター37N球形固体ロケットモータを輸入[4][5]
  • ペイロード・フェアリング
    マクドネル・ダグラス製のデルタロケット用フェアリングを輸入
  • 誘導装置
    当時は慣性誘導装置の技術がなかったため、誘導計算機を地上で持つ電波誘導方式で、NECがライセンス生産。

打ち上げ実績

機体 打上げ年月日 成否 積荷 目的 軌道 備考
1号機
(N1F)
1975年9月9日 成功 きく1号 技術試験衛星I型 LEO
2号機
(N2F)
1976年2月29日 成功 うめ 電離層観測衛星 LEO
3号機
(N3F)
1977年2月23日 成功 きく2号 技術試験衛星II型 GEO 日本初の静止衛星
4号機
(N4F)
1978年2月16日 成功 うめ2号 電離層観測衛星 LEO
5号機
(N5F)
1979年2月6日 一部失敗 あやめ 実験用静止通信衛星 GTO 衛星分離直後に3段目が衛星に追突し静止軌道投入に失敗
6号機
(N6F)
1980年2月22日 成功 あやめ2号 実験用静止通信衛星 GTO GTO投入(打ち上げ)には成功
静止軌道移行のために衛星のアポジモーターを噴射した際に通信途絶
7号機
(N9F)
1982年9月3日 成功 きく4号 技術試験衛星III型 LEO

出典・脚注

  1. ^ 日下実男 『日本の人工衛星』 ダイヤモンド社、1971年8月12日。p.259
  2. ^ 宇宙開発事業団(NASDA)沿革 JAXA公式サイト
  3. ^ 竹中幸彦「N-Iロケット開発の歩み」、『日本航空宇宙学会誌』第32巻第362号、日本航空宇宙学会、1984年3月、 pp.127-141、 ISSN 0021-46632010年6月30日閲覧。
  4. ^ 図説 宇宙開発新時代 - 科学技術庁研究開発局宇宙企画課 編 / 1989年7月25日 p.111
  5. ^ 新版 日本ロケット物語 - 大澤弘之 監修 / 2003年9月29日 p.151

関連項目

外部リンク






niと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ni」の関連用語

niのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アイス

天体観測を始めるとき

きく6号

惑星の組成

地球の大きさをはかる

みなみのかんむり座

アトランティス号

キャサリン・D・サリバン





niのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2017 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
JAXAJAXA
Copyright 2017 Japan Aerospace Exploration Agency
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2017 京浜河川事務所 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.ni (改訂履歴)、NI (改訂履歴)、N-Iロケット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS