mln518とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > mln518の意味・解説 

MLN‐518

分子式C31H42N6O4
その他の名称:4-[6-Methoxy-7-(3-piperidinopropoxy)-4-quinazolinyl]-N-(4-isopropoxyphenyl)piperazine-1-carboxamide、MLN-518、TandutinibCT-53518、タンズチニブ
体系名:4-[6-メトキシ-7-(3-ピペリジノプロポキシ)-4-キナゾリニル]-N-(4-イソプロポキシフェニル)ピペラジン-1-カルボアミド


mln518

【仮名】mln518
原文】MLN518

一部のがんに対す治療の分野研究されている物質特定の酵素働き阻害し、腫瘍増殖に必要となる新たな血管増殖阻止することにより、がん細胞増殖阻止できる可能性がある。チロシンキナーゼ阻害薬一種である。「tandutinibタンデュチニブ)」、「ct53518」とも呼ばれる




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「mln518」の関連用語

mln518のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

BNC

近藤 幸子

近江和紙

滑床水源の森

真南小耳猪

水割りのつくり方

サンバイザー

南アルプス国立公園





mln518のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター

©2017 Weblio RSS