methylphenidateとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > methylphenidateの意味・解説 

メチルフェニデート

英語:methylphenidate

中枢神経刺激薬一種ADHD注意欠陥・多動性障害)やナルコレプシー傾眠症)などの療として主に利用されている。具体的な商品としては「コンサータ」や「リタリン」などがある。

メチルフェニデートは、ADHDに対しては、これまで18歳以上の患者対す有効性安全性確立されていないとの理由から薬物療法への利用認められていなかった。2011年8月に、18未満からメチルフェニデートの使用開始している患者限り成人した後も使用することが認められた。

昨今ではADHDを含む発達障害要素持ちながら、小児期に大きな問題となることなく成人し、社会人になってから症状苦しむ人が多くいることが社会的認知され、「大人の発達障害」として問題となっている。

関連サイト
【AD/HD治療薬「コンサータ」】18歳以上の継続使用解禁‐厚労省が通知 - 薬事日報

メチルフェニデート

分子式C14H19NO2
その他の名称:フェニジラート、メチルフェニダン、メチルフェニダート、4311/b Ciba、Phenidylate、Methylphenidan、Methylphenidate、α-Phenyl-2-piperidineacetic acid methyl、4311/B CIBA、カロカイン、NCI-C-56280、Calocain、α-Phenyl-α-(2-piperidyl)acetic acid methyl ester、2-Phenyl-2-(2-piperidyl)acetic acid methyl ester、α-Phenyl-2-piperidineacetic acid methyl ester、メチルフェニデート、Meridil、メリジル、α-Phenylpiperidine-2-acetic acid methyl ester、(2-Piperidinyl)phenylacetic acid methyl ester
体系名:α-フェニル-α-(2-ピペリジル)酢酸メチル、2-フェニル-2-(2-ピペリジル)酢酸メチル、α-フェニル-2-ピペリジン酢酸メチル、α-フェニルピペリジン-2-酢酸メチル、(2-ピペリジニル)フェニル酢酸メチル


メチルフェニデート

薬物メチルフェニデート
英名methylphenidate
化合物名or商品名リタリン塩酸メチルフェニデート
分子式C14H19NO2
分子データ
用途興奮(多幸感覚醒作用)
副作用
胎,授乳児への影響
備考軽症うつ病抗うつ性神経症に用いられる
融点204
沸点
LD50(マウス)/mg kg-1300(経口)
LD50(その他)/mg kg-1
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

メチルフェニデート

【仮名】めちるふぇにでーと
原文】methylphenidate

中枢神経系刺激薬という種類薬物

メチルフェニデート

(methylphenidate から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/10 07:18 UTC 版)

メチルフェニデート英語: Methylphenidate)は、精神刺激薬である[1]。日本ではリタリンRitalin[2])と、徐放製剤のコンサータConcerta[3])が認可されている。同効薬として、精神刺激薬メタンフェタミン、ペモリン、モダフィニルなどがある[1]。リタリンの運動亢進作用は強度と持続性において、メタンフェタミンカフェインのほぼ中間である[1]。通常、成人は1日20〜60 mgを1〜2回に分割し経口摂取する[1]。構造的にドーパミンアンフェタミンペモリンなどに類似したピペリジン誘導体である[1]




  1. ^ a b c d e f g h i 医薬品インタビューフォーム(2016年4月(改訂7版)メチルフェニデート - リタリン錠 (pdf)”. www.info.pmda.go.jp. 医薬品医療機器総合機構(PMDA) ノバルティスファーマ株式会社 (2016年4月). 2016年9月22日閲覧。
  2. ^ 商標登録番号第439740号
  3. ^ 商標登録番号第4657942号
  4. ^ 注意欠陥/多動性障害(AD/HD)治療薬 「コンサータ錠」18歳以上の成人期への適応拡大 承認取得のお知らせ”. ヤンセンファーマ. 2016年9月15日閲覧。
  5. ^ Panizzon L (1944). “La preparazione di piridile piperidil-arilacetonitrili e di alcuni prodotti di trasformazione (Parte Ia)”. Helvetica Chimica Acta 27: 1748–56. doi:10.1002/hlca.194402701222. 
  6. ^ Strohl MP (2011年5月). “Bradley’s Benzedrine Studies on Children with Behavioral Disorders (PDF)”. 2015年8月4日閲覧。
  7. ^ Diller, L. H., Chervin, R. D., Robison, L. M., Sclar, D. A., Skaer, T. L., Zametkin, A. J., Ernst, M. (1999). Attention-Deficit-Hyperactivity Disorder. NEJM 340: 1766-1767 NEJM Vol.340:1766-1767 June 3, 1999 Num.22 - 1999年時点で9割近くがアメリカで消費されていると「The New England Journal of Medicine」で報告されている。
  8. ^ Steele, M., et al. (2006). "A randomized, controlled effectiveness trail of OROS-methylphenidate compared to usual care with immediate-release methylphenidate in Attention Deficit-Hyperactivity Disorder". Can J Clin Pharmacol. 2006 Winter;13(1):e50-62. Full Text (PDF)
  9. ^ Pelham, W.E., et al. (2001). "Once-a-day Concerta methylphenidate versus three-times-daily methylphenidate in laboratory and natural settings". Pediatrics. 2001 Jun;107(6):E105. DOI: 10.1542/peds.107.6.e105
  10. ^ Keating, G.M., McClellan, K., Jarvis, B. (2001). "Methylphenidate (OROS formulation)". CNS Drugs. 2001;15(6):495-500; discussion 501-3. PubMed
  11. ^ Hoare, P., et al. (2005). "12-month efficacy and safety of OROS MPH in children and adolescents with attention-deficit/hyperactivity disorder switched from MPH". Eur Child Adolesc Psychiatry. 2005 Sep;14(6):305-9. DOI: 10.1007/s00787-005-0486-3
  12. ^ 「注意・欠如多動症-ADHD-の診断・治療ガイドライン第4版」 - ISBN 4840748810
  13. ^ Methylphenidate Hydrochloride Extended Release Tablets (generic Concerta) made by Mallinckrodt and Kudco - U.S. Food and Drug Administration
  14. ^ 共同通信PRワイヤー「FDAがデイトラーナ承認 ADHD治療のパッチ製剤」シャイア 2006年4月10日 2011年11月6日閲覧
  15. ^ リタリン再評価結果および使用上の注意改訂のお知らせ ノバルティスファーマ 1998年9月 2010年9月15日閲覧
  16. ^ 「<リタリン>大量処方で幻覚 25歳男性自ら命絶つ 名古屋」2007年9月18日9時36分 毎日新聞
  17. ^ この報道以前よりリタリンの依存性や不正譲渡・不正販売の事件は起きており問題化していた。赤城高原ホスピタルが挙げた例によると、1998年(平成10年)4月には千葉県八街市の女医が長男の受験勉強用に500錠を不正譲渡『「女医が国家試験受験の長男に向精神薬渡す」asahi.com 1998年4月7日』、2002年(平成14年)8月には愛知県女性(19歳)がインターネット経由での不正販売、2003年(平成15年)3月にはインターネットオークションでの競売などを挙げている。リタリン乱用の背景と最近の関連事件”. 2009年2月22日閲覧。
  18. ^ 新聞・テレビのリタリン叩き 患者の治療手段を奪うなJanJan 2007年10月22日 2010年9月15日閲覧[リンク切れ]
  19. ^ "学会等からの要望書" (PDF)”. 2016年2月17日閲覧。
  20. ^ リタリンの難治性うつ病、遷延性うつ病に対する適応取り下げについて-日本精神神経学会の見解- 日本精神神経学会 リタリン特別委員会 2007年10月17日 2010年9月15日閲覧
  21. ^ リタリンを服用しているうつ病患者等への対応について 厚生労働省医薬食品局審査管理課 同省社会・援護局障害保健福祉部精神・障害保健課 平成19年10月26日 2010年9月28日閲覧
  22. ^ "流通管理基準(第9版)" (PDF)”. 2016年2月17日閲覧。
  23. ^ a b "コンサータ錠適正流通管理基準 平成26年3月4日改訂版" (PDF)” (2014年3月4日). 2016年2月17日閲覧。
  24. ^ Leonard BE, McCartan D, White J, King DJ. Methylphenidate: a review of its neuropharmacological,neuropsychological and adverse clinical effects. Hum Psychopharmacol 2004;19:151-180
  25. ^ Szporny L, Gorog P. Investigations into the correlations between monoamine oxdase inhibition and other effects due to methylphenidate and its stereoisimers. Biochem Pharmacol 1961;8:263-268
  26. ^ Chait, 1994
  27. ^ Gatley SJ, Pan DF, Chen R, et al. Affinities of methylphenidate derivatives for dopamine, norepinephrine and serotonin transporters. Life Sci 1996;58:231-239
  28. ^ 福井進. Methylphenidate(Ritalin)の依存. 向精神薬実態調査事業報告書 1984: 23-23
  29. ^ 中谷陽二. メチルフェニデート(リタリン)の乱用 臨床精神医学 1998;27: 405-410
  30. ^ s methylphenidate like cocaine? Studies on their pharmacokinetics and distribution in the human brain.”. 2014年8月25日閲覧。
  31. ^ Volkow N., et al. (1998). "Dopamine Transporter Occupancies in the Human Brain Induced by Therapeutic Doses of Oral Methylphenidate". Am J Psychiatry 155:1325-1331, October 1998. Full Text
  32. ^ がんナビ リタリンは緩和医療に欠かせない薬剤だったのに”. 2009年2月22日閲覧。
  33. ^ 『臨床緩和ケア』 青海社、2004年ISBN 978-4902249071の「表4 モルヒネの副作用対策薬剤」に取り上げられている
  34. ^ Barbaresi, W.J., et al. (2006). "Long-Term Stimulant Medication Treatment of Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder: Results from a Population-Based Study". J Dev Behav Pediatr. 2006 Feb;27(1):1-10. PubMed
  35. ^ Green List: Annex to the annual statistical report on psychotropic substances (form P) 23rd edition. August 2003. International Narcotics Board, Vienna International Centre. Accessed 02 March 2006. PDF
  36. ^ 医薬品インタビューフォーム(2014年4月(改訂11版)ロフラゼプ酸エチル - メイラックス錠 (pdf)”. www.info.pmda.go.jp. 医薬品医療機器総合機構(PMDA) Meiji Seika ファルマ株式会社 (2014年4月). 2016年9月18日閲覧。
  37. ^ Adriani, W. et al. (2005). "Methylphenidate Administration to Adolescent Rats Determines Plastic Changes on Reward-Related Behavior and Striatal Gene Expression". Neuropsychopharmacology advance online publication 23 November 2005. DOI: 10.1038/sj.npp.1300962 PubMed
  38. ^ Wilens, T., et al. (2005). "ADHD treatment with once-daily OROS methylphenidate: final results from a long-term open-label study". J Am Acad Child Adolesc Psychiatry. 2005 Oct;44(10):1015-23. PubMed
  39. ^ Castellanos, F.X., et al. (2002). “Developmental trajectories of brain volume abnormalities in children and adolescents with attention-deficit/hyperactivity disorder.” JAMA. 288,1740-1748.
  40. ^ Rao, J.K., Julius, J.R., Breen, T.J., Blethen, S.L. (1996). "Response to growth hormone in attention deficit hyperactivity disorder: effects of methylphenidate and pemoline therapy". Pediatrics. 1998 Aug;102(2 Pt 3):497-500. PubMed
  41. ^ Spencer, T.J., et al. (1996). "Growth deficits in ADHD children revisited: evidence for disorder-associated growth delays?". J Am Acad Child Adolesc Psychiatry. 1996 Nov;35(11):1460-9. PubMed
  42. ^ Klein, R.G. & Mannuzza, S. (1988). "Hyperactive boys almost grown up. III. Methylphenidate effects on ultimate height". Arch Gen Psychiatry. 1988 Dec;45(12):1131-4. PubMed
  43. ^ http://www.ritalindeath.com/
  44. ^ El-Zein, R.A., et al. (2005). "Cytogenetic effects in children treated with methylphenidate". Cancer Lett. 2005 Dec 18;230(2):284-91. PubMed
  45. ^ Teo, S.K., et al. (2003). "D-Methylphenidate is non-genotoxic in in vitro and in vivo assays". Mutat Res. 2003 May 9;537(1):67-79. PubMed
  46. ^ Selby, J.V., Friedman, G.D., Fireman B.H. (1989) "Screening prescription drugs for possible carcinogenicity: eleven to fifteen years of follow-up". Cancer Research 49, 5736–5747.
  47. ^ The New Yorker. 2 February 1999. "Running from Ritalin". PDF
  48. ^ Mannuzza, S., Klein, R.G., Moulton, J.L. (2003). "Does Stimulant Treatment Place Children at Risk for Adult Substance Abuse? A Controlled, Prospective Follow-up Study". Journal of Child and Adolescent Psychopharmacology, Sep 2003, Vol. 13, No. 3: 273-282. DOI: 10.1089/104454603322572606


「メチルフェニデート」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「methylphenidate」の関連用語

methylphenidateのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

寺田明日香

ペンキステッチ

渡船

フレーム

フルセゼブラヤドカリ

クラウン

クラウン ハイブリッド

ワイン包み





methylphenidateのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2017 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメチルフェニデート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS