magicとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > magicの意味・解説 

マジック [2] [1] 【magic】

魔法奇術手品。 「トランプの-が得意だ」
思議な力のある意で,多く他の外来語複合して用いられる。

マジック

原題:Magic
製作国:アメリカ
製作年:1978
配給:20世紀フォックス映画配給
スタッフ
監督:Richard Attenborough リチャード・アッテンボロー
製作:Joseph E. Levine ジョゼフ・E・レヴィン

Richard P. Levine リチャード・P・レヴィン
製作総指揮:C. O. Erickson C・O・エリクソン
原作:William Goldman ウィリアム・ゴールドマン
脚本:William Goldman ウィリアム・ゴールドマン
撮影:Victor J. Kemper ヴィクター・J・ケンパー
特殊メイク:Lee Harman リー・ハーマン
音楽:Jerry Goldsmith ジェリー・ゴールドスミス
美術:Terence Marsh テレンス・マーシュ

Richard Lawrence リチャード・ローレンス
編集:John Bloom ジョン・ブルーム
字幕:清水俊二 シミズシュンジ
キャスト(役名
Anthony Hopkins アンソニー・ホプキンス (Corky
Ann Margret アン・マーグレット (Peggy Ann Snow
Burgess Meredith バージェス・メレディス (Ben Greene
Ed Lauter エド・ローター (Duke
Anthony Hopkins アンソニー・ホプキンス (Fats
E. J. Andre E・J・アンドレ (Merlin
Jerry Houser ジェリー・ハウザー (Cab Driver
解説
1人腹話術師中心に彼にまつわる人間愛欲欲望、そこから起こる殺人などを描くサスペンス映画エグゼクティブ・プロデューサーC・Oエリクスン、製作はジョゼフ・E・レビンリチャード・P・レヴィン監督は「遠すぎた橋」のリチャード・アッテンボロー。「大統領の陰謀」のウィリアム・ゴールドマン原作を彼が自ら脚色撮影ビクター・J・ケンパー音楽ジェリー・ゴールドスミス編集ジョン・ブルーム、製作デザインテレンス・マーシュ美術リチャード・ローレンスメーキャップロバート・マクドナルド各々担当出演アンソニー・ホプキンスアン・マーグレットバージェス・メレディスエド・ローターE・J・アンドレジェリー・ハウザーなど。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
コーキーアンソニー・ホプキンス)はカードを扱う手品師だったが、スターダストというナイトクラブでは、客に受けず、やがてやめ、1年のちにファッツ名付けられた人形を操る腹話術師となって再び同じクラブに現われた。これが大受けし、スターとして、ベン・グリーンバージェス・メレディス)というエージェントがつくまでになる。しかし、ニューヨーク進出したコーキーは、急にベン・グリーンと手を切り、クロッシンジャーという、彼の生まれ故郷に帰ってしまう。彼は湖畔にあるコテージ借り、その持主デューク(エド・ロータ)の妻で初恋相手でもあったペギーアン・マーグレット)と再会した。今は夫との愛もさめていたペギーは、コーキー出現で、久方ぶりの性の歓び感じた。しかし、縁が切れたと思っていたべン・グリーンは彼の跡を追って、突然姿を現わし、執念深く食いさがってきた。空恐ろしくなったコーキー遂に人形ファッツの手をかりてベン・グリーン殺し、さらに、旅行から帰ってきて、嫉妬心燃えデュークまでも殺し自分自決するのだった

Magic

名前 マジック

Magic!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/27 16:24 UTC 版)

マジック!
Magic! 2014.jpg
2014年
基本情報
出身地 カナダオンタリオ州トロント
ジャンル レゲエフュージョン
活動期間 2012年~
レーベル ソニー・ミュージックエンタテインメント
RCAレコード
公式サイト http://www.sonymusic.co.jp/artist/magic/
メンバー ナスリ・アトウェ
マーク・ペリッザー
ベン・スピヴァク
アレックス・タナス

マジック! (英語:MAGIC!)は、カナダトロント出身の4人組レゲエポップバンド。2013年に発表されたデビューシングルである「ルード」(邦題:それでも僕は結婚する)が全米チャート・全英チャートで1位を記録した。

メンバー

ディスコグラフィー

アルバム

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
CAN
[1]
AUS
[2]
NZ
[3]
SWE
[4]
UK
[5]
US
[6]
2014 Don't Kill the Magic
  • 発売日: 2014年6月30日
  • レーベル: Sony
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 4万枚[7]
5 66 30 25 19 6
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

シングル

タイトル チャート最高位 認定 収録アルバム
CAN
[1]
AUS
[2]
AUT
[8]
DEN
[9]
GER
[10]
NLD
[10]
NZ
[3]
SWE
[4]
UK
[11]
US
[12]
2013 Rude 6 2 3 3 7 5 2 2 1 1
  • CAN: 3× プラチナ[13]
  • AUS: 4× プラチナ[14]
  • NZ: プラチナ[15]
  • UK: プラチナ[16]
  • US: 3× プラチナ[17]
Don't Kill the Magic
2014 Don't Kill the Magic[18] 22 53
Let Your Hair Down 20
  • CAN: プラチナ[19]
2015 No Way No[20] 23
  • CAN: ゴールド[21]
#SundayFunday[22] 72 なし
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

脚注

  1. ^ a b Discography Magic!”. Canadian Hot 100. 2014年6月30日閲覧。
  2. ^ a b Peak positions for singles in AUS:
    • For "Rude" and Don't Kill the Magic (album): Hung, Steffen. “Discography Magic!”. Australian Charts Portal. Hung Medien (Steffen Hung). 2014年6月30日閲覧。
    • For "Don't Kill the Magic" (single): ARIA Report 1259”. 2014年6月30日閲覧。
  3. ^ a b Hung, Steffen. “Discography Magic!”. New Zealand Charts Portal. Hung Medien (Steffen Hung). 2014年6月30日閲覧。
  4. ^ a b Hung, Steffen. “Discography Magic!”. Swedish Charts Portal. Hung Medien (Steffen Hung). 2014年6月30日閲覧。
  5. ^ 2014 Top 40 Official Albums Chart UK Archive”. Official Charts Company (2014年8月16日). 2014年8月10日閲覧。
  6. ^ Magic! Chart History (Billboard 200)”. Billboard. 2014年6月30日閲覧。
  7. ^ Trey Songz Scores Second No. 1 Album With 'Trigga'”. Billboard (2014年7月9日). 2014年7月11日閲覧。
  8. ^ Discographie – Magic!” (german). austriancharts.at. Austria: Hung Medien (2014年). 2012年3月17日閲覧。
  9. ^ Hung, Steffen. “Discography Magic!”. Danish Charts Portal. Hung Medien (Steffen Hung). 2012年3月17日閲覧。
  10. ^ a b Peak positions for singles in GER:
    • For "Rude": Single Magic!, Rude” (German). 'charts.de'. Media Control GfK International. 2014年10月11日閲覧。
  11. ^ Peak positions for singles in U.K.:
  12. ^ Magic! Chart History (Hot 100)”. Billboard. 2014年7月17日閲覧。
  13. ^ Canadian single certifications – Magic! – Rude, Music Canada, http://www.musiccanada.com/GPSearchResult.aspx?st=Rude&sa=Magic%21&smt=0 
  14. ^ Chartwrap 02 DECEMBER 2013”. 2014年7月17日閲覧。
  15. ^ 06 JANUARY 2014”. Official NZ Music Charts. Recorded Music NZ. 2014年1月20日閲覧。
  16. ^ Certified Awards Search: Magic! (To access, enter the search parameter "Magic!" and select "Search by: Keyword", with the other two set to "All")”. British Phonographic Industry. 2014年8月12日閲覧。
  17. ^ RIAA – Gold & Platinum Searchable Database – October 20, 2014”. http://www.riaa.com. 2014年7月17日閲覧。
  18. ^ iTunes – Music – Don't Kill the Magic – Single by MAGIC!”. iTunes. 2014年4月4日閲覧。
  19. ^ Canadian single certifications – Magic!, Music Canada, http://www.musiccanada.com/GPSearchResult.aspx?st=&sa=Magic%21&smt=0 
  20. ^ MAGIC! "No Way No" (Video Premiere)”. josepvinaixa. 2015年3月2日閲覧。
  21. ^ Canadian singles certifications – Magic!, Music Canada, http://www.musiccanada.com/GPSearchResult.aspx?st=&sa=Magic%21&smt=0 
  22. ^ #SundayFunday - Single by MAGIC!”. Apple Inc. 2015年11月15日閲覧。

外部リンク


マジック

(magic から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/22 13:38 UTC 版)

マジック(magic)。形容詞マジカル (magical)。

固有名詞

関連項目


呪術

(magic から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/26 14:09 UTC 版)

呪術(じゅじゅつ、magic)とは、原始宗教でもある文化人類学におけるシャーマニズムアニミズム、それぞれの観念や行為にともなう呪文に代表される形式や様式や儀式をさす[1]。具体的には、

①人類の初期社会や初期文明において押並べて発生したとされる、祈祷占いなど神託としての運命の決定やそれらを指針とした政(まつりごと)

民間治療ともいわれる呪術医療(呪術医)と生活の糧を得るための「狩り漁り」による薬草毒草知識や使用

③または呪い(まじない)や呪い(のろい)や祓い(はらい)といわれる祈祷師による神霊の力の利用などを指す。

概要

日本では呪い(まじない)として知られる。マジを行うの意味のナフをつけた語であるが、広辞苑に「まじくなふ」という語が収録されている。

英語 の「magic」には、「魔法」「魔術」「手品」などの意味が含まれるが、日本語ではそれらとマジナイを区別するために、文化人類学や宗教学での学術用語としてはその訳語に「呪術」を充てている。

呪術の一種には、なんらかの儀式や呪文や器物などに霊的な力が備わると考える者なら誰でも使うものがある。方違え験担ぎなどのかたちで現代にも残る習俗迷信がそれである。

呪術とはそもそも「まじない」や「呪文」であり、仏教お経も、唱えるものが必ずしもその意味を理解しているとは限らず、マニ車のようにそれを回すだけで功徳が得られるとするような面を形骸化として見れば、それらも呪文やまじないともいえる。

理論

  • フレイザーの理論

人類学者サー・ジェームズ・ジョージ・フレイザーは、『金枝篇』において、文化進化主義の観点から[2]、呪術と宗教を切り分け、呪術には行為と結果の因果関係や観念の合理的体系が存在し、呪術を宗教ではなく科学の前段階として捉えた。

フレイザーは、呪術を「類感呪術(または模倣呪術)」と「感染呪術」に大別した。

類感呪術(模倣呪術、: imitative magic
類似の原理に基づく呪術である。求める結果を模倣する行為により目的を達成しようとする呪術などがこれに含まれる。雨乞いのために水をまいたり、太鼓を叩くなどして、自然現象を模倣する形式をとる。
感染呪術: contagious magic
接触の原理に基づく呪術である。狩の獲物の足跡に槍を突き刺すと、その影響が獲物に及んで逃げ足が鈍るとするような行為や、日本での藁人形に釘を打ち込む呪術などがこれに含まれる。感染呪術には、類感呪術を含んだものも存在するとフレイザーは述べている。呪術を行使したい対象が接触していた物や、爪・髪の毛など身体の一部だった物に対し、類感呪術を施すような場合などである。

フレイザーは進化主義的な解釈を行い、宗教は劣った呪術から進歩したものであるという解釈を行ったが、エミール・デュルケームはこれを批判的に継承し、本来集団的な現象である宗教的現象が個人において現れる場合、呪術という形で現れることを指摘した。さらにマリノフフスキーは、機能主義的な立場から呪術や宗教が安心感をもたらしているいうことを指摘し、また動機という点から人に禍をもたらすそうとする呪術を「黒呪術black magic」といい、雨乞いや病気回復など公共の利益をもたらそうとする呪術を「白呪術white magic」とした。しかし超自然的なものである呪術だとしても、意図的なものと非意図的なものがあるとして、エヴァンズ=プリチャードは前者を邪術、後者を妖術として区別する必要性を主張した。

  • ビーティ(J.Beattie)は、呪術を象徴的な願望の表現とした。
  • レヴィ=ストロースによる指摘

クロード・レヴィ=ストロースは、思考様式の比較という観点から、呪術をひとつの思考様式としてみなした。科学のような学術的・明確な概念によって対象を分析するような思考方式に対して、そのような条件が揃っていない環境では、思考する人は、とりあえず知っている記号・言葉・シンボルを組み立ててゆき、ものごとの理解を探るものであり、そのように探らざるを得ない、とした。そして、仮に前者(科学的な思考)を「栽培種の思考」と呼ぶとすれば、後者は「野生の思考」と呼ぶことができる、とした[3]

「野生の思考」は、素人が「あり合わせの材料でする工作」(ブリコラージュ)のようなものであり、このような思考方式は、いわゆる"未開社会"だけに見られるものでもなく、現代の先進国でも日常的にはそのような思考方法を採っていることを指摘し、それまでの自文化中心主義的な説明を根底から批判した。

呪術道具

呪術には特定の呪術道具があり、狩猟具漁具を使用する場合もある。ギリシア文明や日本、東南アジアなどでは弓矢が、神聖なものとされ、や神の力が宿ると考えられ、呪術の道具として使用された。狩猟民族の社会において弓矢は世界的に普遍的な、呪術の道具であったと考えられている。これは、弓矢が敵対する社会集団との戦いに用いられたことも大きく起因する。

また弓矢はその後、弦楽器の多くの起源となり、音楽楽器に呪術的側面を持たせることにつながった[要出典]

日本においては漁具の釣針、弓矢のも「サチ」とよばれるマナであるとされ、サツヤ(獲矢と書かれる)とよばれて信仰され、後、銃による狩猟が出て後も、獲物に当たった弾丸を鋳直して持つ「シャチダマ」という習慣があった。

呪術と医療

呪術が医療として機能していたことは民間医療などにもその痕跡がみられる。温泉冷泉治療なども経験的な医療効果が信じられヨーロッパや日本などでも利用され、特定の信仰と結びつき呪術的要素を持っているものもある。特に日本においては、「詣で」と宿場温泉地が結びつき、湯治はもちろん宿泊や入湯も払いであった。沖縄には蕁麻疹、かさ(皮膚病)、魚骨が喉にささったときの、ハブ除けの、悪霊が付いた時の、くしゃみの時の呪術があった。くしゃみをすると霊魂が外に出るという考えがあった。

アフリカの一部の国では、(植物にかぎらない)の生成と薬草の使用は生活の上で重要な位置を占め、それに伴いその知識を独占的に持つシャーマンが存在する。シャーマンは、現在、呪術医として分業するものも多く、薬草においては、"呪術"に使用されていた物品を科学的に検討してみたところ薬理効果があることが、実証されているという事例もあり、その知識と薬草の提供に対し、提携し契約している製薬会社も存在し実際に新薬の開発に貢献している。

東洋医学における漢方薬なども近代科学とは別の由来を持つという意味では同様の事例である。東洋医学においては歴史的に蓄積されてきた薬草の知識や陰陽五行などの思想体系が背景にある[4]

また、心理学的な作用が結果として効果を発揮していると見られるケースや、行為者が意識的に心理効果を狙っているケースもある。暗示や催眠によるものなどである。このような心理効果の活用例には「プラセボ」と呼ばれる薬を用いた治療方法が挙げられる[5]

占いと祈祷

呪術は基本的に神霊が祈祷師に憑依し、神託としての予言預言啓示、託宣を垂れることをいい、これは、ユダヤ教キリスト教イスラム教などでも同様に観察される。ヘブライ語で預言を垂れる、という意味のヒッティーフは、元「(涎を)垂らす」の意であり、サムエル記では忘我状態で神の言葉を述べる聖者を指して使われるが、日本の神社神道(かんなぎ)といわれる神主巫女が、神の憑依体(依り代)となって神の御言を述べる。同様に神託を伝える儀式として亀甲占い年始神事、その簡易としての「おみくじ」等の占いがある。なお柳田國男は、年始に行う花札百人一首のようなカードゲームを、「占術の零落した物」とする。同様にサムエル記上14章41節では、預言者サウルが胸ポケットに入れたウリムとトンミムと呼ばれる物を無作為に取り出して、神意を問うシーンがある。結局は原始宗教、宗教または、それによって律せられる土着の習俗において、神霊を信じ、その神霊に祈る(祈祷)ことで神頼みをし、その啓示を人生の指針として身をゆだねるというのは、占いと変わらないともいえる。このように現在の宗教の多くは原始宗教からの「機会」を神の啓示とする呪術的要素を備え継承している。

呪術と社会

その発祥の原因として、集団としての人々の暮らしの中で、諍いや一年をどう過ごすかまたは、どうなるのかといった社会や個人の不満や不安であり、その緩衝としてシャーマンが存在する。具体的には寺社が地域社会の中心であったように、現在のヨーロッパの集落のほとんどが、教会を中心とした街づくりになっており、これは呪術を行うシャーマンが集落の中心にあった名残と考えられる[要出典]

個人間や家族間の諍いとして処罰や依頼によりのろい(呪い)をかけたとしても実害はなく心理的な抑制効果でしかなく、また成人通過儀礼などの呪術も子供から大人への決意を促す効果をもたらすものである。このように呪術は、裁判制度がない時代や地域の人治としての権威であり脅威としての力であったと考えられる。また個人の不安や不幸を取り除く、静めることも集団社会には必要であり、そのままにすれば、妬みや嫉みなど、反社会行為に発展しかねない、実際には効果がなくとも、祓いを行い不安を取り除けば、相互扶助の関係の中で、不利益より益になると考えられる。

狩りや漁りや農耕の願いは豊饒であり、その土地が豊かになって実りの多いことが、その社会集団の願いである。それに対し集団の社会不安とならないようにするための、指針の提示が必要になり、それがその集団においての祈祷による祈願祈念になり、占いによる大概が1年の禍福の予想をしていたと思われる。このことはどの世界でも呪術の延長である年単位の中での時節季節による行事の繰り返しから見て取れる。

呪術と地域文化

  • 沖縄地方では、魔除けとまじないは盛んであり、フーフダ(符札、まじないを書いた木札や紙札をはる)、ハブよけのまじない、悪霊がついた時のまじないなどが行われている。例えば、沖縄ではくしゃみをするとが出てしまうと考えられており、それを取り戻すためのまじないがある。また、白くて固い物には魔除けの力があると信じられており、シャコガイスイジガイ、珊瑚や塩などを置いて魔を遠ざけようとする。石敢当シーサーなども魔除けである[6]
  • 香港では、現在も「打小人」(ダーシウヤン)と呼ばれる、紙で作った人型を靴で叩いて行う黒呪術を代行することによって、報酬を得ている人たちがいる。
  • 古くから中国人華僑華人を中心に信奉され、日本にも古くから伝わる陰陽五行思想としての「風水」においても、占い・呪術的な思考様式と精緻な理論的な思考様式とが混在している。

これらは地域の文化思想と密接に結びついており、場合によってはタブーのような行為にも関連する。タブーを敢えて犯すことで災いを発生させられるという思想や、あるいはタブーによる祟り呪い(まじない)の効果で無効化しようとする行為が挙げられる。

調査研究

呪術では、何らかの経験則に沿って呪術の様式が体系化されており、これが民族間の交流で他文化に影響を与えることも多い。これらの民俗学的調査により、民族間の交流や移動の経路などが判明することもある。また考古学的な観点からは、過去の遺物より呪術の様式を解明し、当時の文化や交易の経路を追跡して調査することも行われている。

脚注

  1. ^ 吉田禎吾「呪術」『文化人類学辞典』弘文堂、1987年
  2. ^ 前掲辞典
  3. ^ 『野生の思考』(1962年
  4. ^ これら東洋医学の知識体系は、カイロプラクティックなど西欧化されたものもある。
  5. ^ 現代の西洋医学の医師が患者にプラセボを処方した時は、それは医師の"技術"のひとつと呼ばれ、医師の"呪術"と呼んでは不適切なように、発展途上国のヒーラーが医薬品が無い中で善意からプラセボを住民に処方しているのを"呪術"と決め付けることもまたあまり適切ではないであろう[要出典]
  6. ^ 山里純一『沖縄の魔除けとまじない』第一書房、1997年

参考文献

関連項目

呪術に対する説明や、学術な思考や考察。

呪術的な側面が強い信仰や宗教

呪術の類

呪術師の類(祈祷師・シャーマンなど)

類似・近接する概念・事象(本文に特に言及されていないもの)





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「magic」に関係したコラム

  • FXのチャート分析ソフトMT4のEAの作り方

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)のEA(Expert Advisor)の作り方を紹介します。MT4のメニューから「ツール」、「MetaQuotes L...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「magic」の関連用語

magicのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

命日祭

斐伊川

臼杵・竹田の城下町のカボス

ウミアイサ

シートベルトカッター

ギアナカラ・ゲアイ

TW225

合わせ包み





magicのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのMagic! (改訂履歴)、マジック (改訂履歴)、呪術 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS