lysergic acid diethylamideとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > lysergic acid diethylamideの意味・解説 

エル エス ディー [5] 【 LSD 】

limited-slip differential〕 ⇒ LSD ABC 略語
〔lysergic acid diethylamide〕 ⇒ LSD ABC 略語

LSD


LSD

〖lysergic acid diethylamide〗
リセルグ酸ジエチルアミド麦角(ばつかく)中のアルカロイドから合成的に得られる強力な幻覚誘発剤。視覚触覚幻覚顕著麻薬指定され法律規制されている。

l‐リセルグ酸ジエチルアミド

分子式C20H25N3O
その他の名称:(5S,8S)-9,10-Didehydro-N,N-diethyl-6-methylergoline-8α-carboxamide、l-リセルグ酸ジエチルアミド、USAF SZ-2、l-Lysergic acid diethylamide、(-)-Lysergic acid diethylamide、(-)-リセルグ酸ジエチルアミド、l-LSD
体系名:(5S,8S)-9,10-ジデヒドロ-N,N-ジエチル-6-メチルエルゴリン-8α-カルボアミド


LSD

分子式C20H25N3O
その他の名称:デリシド、リセルギド、リセルグ酸ジエチルアミド、N,N-ジエチルリセルガミド、LSD、LSD-25、Delysid、Lysergide、N,N-Diethyllysergamide、Lysergic acid diethylamide、(+)-9,10-Didehydro-N,N-diethyl-6-methylergoline-8β-carboxamide、N,N-ジエチルリセルグアミド、リセルグ酸ジエチルアミド-25、D-リセルグ酸ジエチルアミドLysergic acid diethylamide-25、D-Lysergic acid diethylamide、D-LSD、Lysergamid、9,10-Didehydro-N,N-diethyl-6-methylergoline-8β-carboxamide、(+)-LSD、d-LSD、リゼルギン酸ジエチルアミド
体系名:9,10-ジデヒドロ-N,N-ジエチル-6-メチルエルゴリン-8β-カルボアミド、(+)-9,10-ジデヒドロ-N,N-ジエチル-6-メチルエルゴリン-8β-カルボキサミド


LSD(LSD-25)

薬物LSD(LSD-25
英名lysergic acid diethylamide
化合物名or商品名リゼルグ酸ジエチルアミド
分子式C20H25N3O
分子データ
用途幻覚剤
副作用著し不安感恐怖感など
胎,授乳児への影響
備考現存幻覚最強作用
融点8085
沸点
LD50(マウス)/mg kg-1
LD50(その他)/mg kg-10.3(ウサギ静注)
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

LSD (薬物)

(lysergic acid diethylamide から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/29 12:32 UTC 版)

リゼルグ酸ジエチルアミド(リゼルグ酸ジエチルアミド、リゼルギン酸ジエチルアミド、: lysergic acid diethylamide)は、非常に強烈な作用を有する半合成幻覚剤である。ドイツ語「Lysergsäurediethylamid」の略称であるLSD(エルエスディー)として広く知られている。




注釈

  1. ^ このまま市場に出回ることはない
  2. ^ 犯人は犯行現場の壁にで書いたが、真偽の程は定かではない

出典

  1. ^ Aghajanian, George K.; Bing, Oscar H. L. (1964). “Persistence of lysergic acid diethylamide in the plasma of human subjects” (PDF). Clinical Pharmacology and Therapeutics 5: 611–614. PMID 14209776. http://www.maps.org/w3pb/new/1964/1964_aghajanian_2224_1.pdf 2009年9月17日閲覧。. 
  2. ^ Papac, DI; Foltz, RL (May/June 1990). “Measurement of lysergic acid diethylamide (LSD) in human plasma by gas chromatography/negative ion chemical ionization mass spectrometry” (PDF). Journal of Analytical Toxicology 14 (3): 189–190. PMID 2374410. http://www.erowid.org/references/refs_view.php?A=ShowDocPartFrame&C=ref&ID=6265&DocPartID=6624 2009年9月17日閲覧。. 
  3. ^ a b c ソロモン・H.スナイダー『脳と薬物』 佐久間昭訳、東京化学同人、1990年。ISBN 4807912186。191-205頁(原著Drugs and the Brain, 1986)。
  4. ^ a b A.ホッフマン『LSD-幻想世界への旅』 38頁。ISBN 978-4788501829
  5. ^ レスター グリンスプーン、ジェームズ・B. バカラー 『サイケデリック・ドラッグ』 ISBN 978-4875023210。29頁。
  6. ^ レスター グリンスプーン、ジェームズ・B. バカラー 『サイケデリック・ドラッグ』 ISBN 978-4875023210。30頁。
  7. ^ レスター グリンスプーン、ジェームズ・B. バカラー 『サイケデリック・ドラッグ』 ISBN 978-4875023210。129-130頁。
  8. ^ Lester Grinspoon. , James.B.Bakalar. Psychedelic Drugs Reconsidered (Harpercollins College Div 1979) ISBN 0-46-506450-7
  9. ^ 小林義雄. 幻覚菌物語り (1990)
  10. ^ 武井秀夫. , 中牧広允. サイケデリックスと文化 -臨床とフィールドから(春秋社 2002) ISBN 4-39-329150-6
  11. ^ a b レスター グリンスプーン、ジェームズ・B. バカラー 『サイケデリック・ドラッグ』 ISBN 978-4875023210。74-75頁。
  12. ^ Terrence McKenna. Food of the Gods (Bantam 1993) ISBN 0-55-337130-4
  13. ^ メアリー・キルバーン・マトシアン『食物中毒と集団幻想』荒木正純・氏家理恵訳、2004年。 ISBN 978-4938165291(原著 Poisons of the Past:Molds, Epidemics, and History, 1989)
  14. ^ レスター グリンスプーン、ジェームズ・B. バカラー 『サイケデリック・ドラッグ』 ISBN 978-4875023210。76頁。
  15. ^ 山崎幹夫. 毒薬の誕生(角川書店 1995) ISBN 4-04-703267-0
  16. ^ 石川元助 ガマの油からLSDまで(第三書館 1990) ISBN 4-80-749013-3
  17. ^ A.ホッフマン『LSD-幻想世界への旅』 9-10頁。ISBN 978-4788501829
  18. ^ A.ホッフマン『LSD-幻想世界への旅』 4頁。ISBN 978-4788501829
  19. ^ A.ホッフマン『LSD-幻想世界への旅』 4、12、18頁。ISBN 978-4788501829
  20. ^ A.ホッフマン『LSD-幻想世界への旅』 13頁。ISBN 978-4788501829
  21. ^ a b A.ホッフマン『LSD-幻想世界への旅』 15-17頁。ISBN 978-4788501829
  22. ^ A.ホッフマン『LSD-幻想世界への旅』 30-31頁。ISBN 978-4788501829
  23. ^ A.ホッフマン『LSD-幻想世界への旅』 19-20頁。ISBN 978-4788501829
  24. ^ a b c d e f A.ホッフマン『LSD-幻想世界への旅』 23-28頁。ISBN 978-4788501829
  25. ^ A.ホッフマン『LSD-幻想世界への旅』 238頁。ISBN 978-4788501829
  26. ^ A.ホッフマン『LSD-幻想世界への旅』 238頁。ISBN 978-4788501829
  27. ^ 蟻二郎. 幻覚芸術 -LSD サイケデリック ラヴ・イン(晶文社. 1970) ISBN
  28. ^ a b レスター グリンスプーン、ジェームズ・B. バカラー 『サイケデリック・ドラッグ』 ISBN 978-4875023210。324頁。
  29. ^ C.A.ニューランド、ハロールド・グリーンウォルド、R・A・サディソン 『私の自己と私-LSD-25の精神分析』 川口正吉訳、1977年。序文と49頁。(原著My Self and I, 1962)
  30. ^ Mascher.E Katamnestische Untersuchung von Ergebnissen der psycholytischen Therapie (1966)
  31. ^ Sidney Cohen. Lysergic Acid Diethylamide: Side Effects and Complications (1960)
  32. ^ レスター グリンスプーン、ジェームズ・B. バカラー 『サイケデリック・ドラッグ』 ISBN 978-4875023210。368頁。
  33. ^ a b レスター グリンスプーン、ジェームズ・B. バカラー 『サイケデリック・ドラッグ』 ISBN 978-4875023210。367頁。
  34. ^ 「奇想天外な科学実験ファイル」 アレックス・バーザ(著) エクスナレッジ 2009年出版
  35. ^ レスター グリンスプーン、ジェームズ・B. バカラー 『サイケデリック・ドラッグ』 ISBN 978-4875023210。398-407頁。
  36. ^ Louis Cholden. Lysergic Acid Diethylamide and Mescaline in Experimental Psychiatry (1956)
  37. ^ マーティン・A.リー、ブルース・シュレイン 『アシッド・ドリームズ』ISBN 978-4807492039。3、18頁。
  38. ^ a b マーティン・A.リー、ブルース・シュレイン 『アシッド・ドリームズ』ISBN 978-4807492039。20-23頁。
  39. ^ a b マーティン・A.リー、ブルース・シュレイン 『アシッド・ドリームズ』ISBN 978-4807492039。32-34頁。
  40. ^ a b マーティン・A.リー、ブルース・シュレイン 『アシッド・ドリームズ』ISBN 978-4807492039。36-39頁。
  41. ^ a b c d マーティン・A.リー、ブルース・シュレイン 『アシッド・ドリームズ』ISBN 978-4807492039。41-44頁。
  42. ^ Erwin Jaeckle. Schicksalsrune in Orakel, Traum und Trance (Arbun Press 1969)
  43. ^ ジョン・C.リリー 『サイエンティスト-脳科学者の冒険』菅靖彦訳、平河出版社、1986年。(原著 The Scientist A Metaphisical Autobiography)
  44. ^ ジョン・C.リリィ『バイオコンピュータとLSD 』菅靖彦訳、リブロポート、1993年。(原著 Programming and Metaprogramming in the Human Biocomputer, 1967 1968)
  45. ^ ティモシー・リアリー 『フラッシュバックス』山形浩生ほか訳、ISBN 978-4845709038。26-28頁。
  46. ^ a b ティモシー・リアリー 『フラッシュバックス』山形浩生ほか訳、ISBN 978-4845709038。26-28頁。
  47. ^ A.ホッフマン『LSD-幻想世界への旅』 140-141頁。ISBN 978-4788501829
  48. ^ ティモシー・リアリー 『フラッシュバックス』山形浩生ほか訳、ISBN 978-4845709038。117-118、124-129頁。
  49. ^ ティモシー・リアリー 『フラッシュバックス』山形浩生ほか訳、ISBN 978-4845709038。173-176頁。
  50. ^ 海野弘. めまいの街 サンフランシスコ60年代(グリーンアロー出版社 2000) ISBN 4-76-633310-1
  51. ^ a b c d トム・ウルフ 『クール・クールLSD交感テスト』 飯田隆昭訳、1971年。201-203頁
  52. ^ 海野弘. めまいの街 サンフランシスコ60年代(グリーンアロー出版社 2000) ISBN 4-76-633310-1
  53. ^ 石川好. 60年代って何?(岩波書店 2006) ISBN 4-00-028086-4
  54. ^ 海野弘. めまいの街 サンフランシスコ60年代(グリーンアロー出版社 2000) ISBN 4-76-633310-1
  55. ^ 難波功士. 族の系譜学 -ユース・サブカルチャーズの戦後史(青弓社 2007) ISBN 4-78-723273-8
  56. ^ マーティン・A.リー、ブルース・シュレイン 『アシッド・ドリームズ』ISBN 978-4807492039。158頁。
  57. ^ 海野弘. めまいの街 サンフランシスコ60年代(グリーンアロー出版社 2000) ISBN 4-76-633310-1
  58. ^ トム・ウルフ 『クール・クールLSD交感テスト』 飯田隆昭訳、1971年。46-59、143-144、164-173頁
  59. ^ a b トム・ウルフ 『クール・クールLSD交感テスト』 飯田隆昭訳、1971年。202-203、222-230、254-255頁
  60. ^ a b ティモシー・リアリー 『フラッシュバックス』山形浩生ほか訳、ISBN 978-4845709038。390、409、410、413-422頁。
  61. ^ 海野弘. めまいの街 サンフランシスコ60年代(グリーンアロー出版社 2000) ISBN 4-76-633310-1
  62. ^ レスター グリンスプーン、ジェームズ・B. バカラー 『サイケデリック・ドラッグ』 ISBN 978-4875023210。426-427頁。
  63. ^ 海野弘. めまいの街 サンフランシスコ60年代(グリーンアロー出版社 2000) ISBN 4-76-633310-1
  64. ^ マーティン・A.リー、ブルース・シュレイン 『アシッド・ドリームズ』ISBN 978-4807492039。151-155、192-194頁。
  65. ^ 金坂健二. 幻覚の共和国(晶文社 1971)
  66. ^ ロックの歴史-第3章・サイケデリック (ROCK PRINCESS)
  67. ^ 海野弘. めまいの街 サンフランシスコ60年代(グリーンアロー出版社 2000) ISBN 4-76-633310-1
  68. ^ 松井好夫. 幻覚と文学(金剛出版 1963)
  69. ^ アンリ・ミショー 『荒れ騒ぐ無限』小海永二訳、青土社、1980年。(原著 L'infini turbulent, 1st edition 1957 , new edition 1964)1章追加された1964年新版
  70. ^ オルダス・ハクスリー 『知覚の扉』 河村錠一郎訳、平凡社《平凡社ライブラリー》、1995年9月、ISBN 978-4582761153。(原著 The Doors of Perception 1954 & Heaven and Hell, 1956)
  71. ^ マーティン・A.リー、ブルース・シュレイン 『アシッド・ドリームズ』ISBN 978-4807492039。97-99頁。
  72. ^ A.ホッフマン『LSD-幻想世界への旅』 60-61頁。ISBN 978-4788501829
  73. ^ A.ホッフマン『LSD-幻想世界への旅』 79-80頁。ISBN 978-4788501829
  74. ^ マーティン・A.リー、ブルース・シュレイン 『アシッド・ドリームズ』ISBN 978-4807492039。160-162頁。
  75. ^ a b マーティン・A.リー、ブルース・シュレイン 『アシッド・ドリームズ』ISBN 978-4807492039。100頁。
  76. ^ A.ホッフマン『LSD-幻想世界への旅』 69-70頁。ISBN 978-4788501829
  77. ^ 植草甚一. カトマンズでLSDを一服(晶文社 1976)
  78. ^ 昭和46年版 犯罪白書 4 麻薬・覚せい剤関係
  79. ^ 昭和61年版 犯罪白書 3 麻薬等の事犯
  80. ^ 黒野忍. 続・危ない薬(データハウス 2005) ISBN 4-88-718822-6
  81. ^ 黒野忍. 続・危ない薬(データハウス 2005) ISBN 4-88-718822-6
  82. ^ LSDをガン末期症状の患者に投与する試み。
  83. ^ a b c d e f レスター グリンスプーン、ジェームズ・B. バカラー 『サイケデリック・ドラッグ』 ISBN 978-4875023210。33頁。
  84. ^ A.ホッフマン『LSD-幻想世界への旅』 34頁。ISBN 978-4788501829
  85. ^ A.ホッフマン『LSD-幻想世界への旅』 74-75、89-90頁。ISBN 978-4788501829
  86. ^ レスター グリンスプーン、ジェームズ・B. バカラー 『サイケデリック・ドラッグ』 ISBN 978-4875023210。320頁。
  87. ^ Martin A. Lee. , Bruce Shlain. ACID DREAMS The CIA, LSD and the Sixties, and Beyond (Grove Pr; Revised 1986) ISBN 0-80-213062-3
  88. ^ 幻覚剤について (薬物乱用防止「ダメ。ゼッタイ。」ホームページ)
  89. ^ Ronald K. Siegel. Fire in the Brain (Penguin Books 1992) ISBN 0-52-593408-1
  90. ^ a b レスター グリンスプーン、ジェームズ・B. バカラー 『サイケデリック・ドラッグ』 ISBN 978-4875023210。271、290-291頁。
  91. ^ M.Duncan Stanton. , Alexander Bardoni. Drug Flashbacks: Reported Frequency in a Military Population (1972)
  92. ^ レスター グリンスプーン、ジェームズ・B. バカラー 『サイケデリック・ドラッグ』 ISBN 978-4875023210。274頁。
  93. ^ レスター グリンスプーン、ジェームズ・B. バカラー 『サイケデリック・ドラッグ』 ISBN 978-4875023210。273頁。
  94. ^ a b アメリカ精神医学会 『DSM-IV-TR 精神疾患の診断・統計マニュアル(新訂版)』 医学書院2004年、249-250頁。ISBN 978-0890420256
  95. ^ 麻薬及び向精神薬取締法 (法令データ提供システム)
  96. ^ 国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律 (法令データ提供システム)
  97. ^ 毒品犯罪 (中国語)
  98. ^ Richaard C. DeBold. , Russell C. Leaf. LSD, Man & Society(Faber & Faber 1969)
  99. ^ Drug Scheduling (英語) (DEA)
  100. ^ Class A, B and C drugs (英語) (Home Office)
  101. ^ Standard for the uniform scheduling of drugs and poisons (英語) (Australian Government Department of Health and Ageing)
  102. ^ Controlled Drugs and Substances Act (英語) (Department of Justice Canada)


「LSD (薬物)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

lysergic acid diethylamideに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「lysergic acid diethylamide」の関連用語

1
92% |||||

2
LSD 化学物質辞書
76% |||||

3
LSDマレイン酸塩 化学物質辞書
72% |||||

4
LSD酒石酸塩 化学物質辞書
52% |||||

lysergic acid diethylamideのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

バレリアンレッド

米代川

ダルマワシ

指定方向外進行禁止

テテドモア

クスコ

ラコダールツヤクワガタ

Franklin D. Roosevelt





lysergic acid diethylamideのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのLSD (薬物) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS