ifrとは?

【計器飛行方式】(けいきひこうほうしき)

Instrument Flight Rules(IFR).
エンジンスタートから、高度や進路変更など、到着までの全ての行程において管制承認を必要とする飛行方式
気象条件の悪い計器気象状態時には、これによって航行する必要があるほか、気象条件良い視界気象状態においても、通常の場合旅客機などの大型機はこれで航行する。

パイロットには計器飛行証明という資格が必要で、航空機専用機器搭載されている必要がある

関連:有視界飛行方式 計器飛行


IFR

読み方あいえふあーる
【英】:IFR (increasing failure rate)

アイテム寿命分布F(t)=\Pr\{X\le t\} \, (t\ge0) \,, その密度関数 f(t) = {\rm d}F(t)/{\rm d}t \, (t\ge0) \,存在するとする. そのとき, 故障率r(t)=f(t)/[1-F(t)] \, と定義される. 特に, 故障率 r(t) \, が非減少(増加あるいは一定)関数ならば, 寿命分布は IFR (increasing failure rate), 非増加(減少あるいは一定)関数ならば, DFR (decreasing failure rate) と呼ばれる.


計器飛行方式

(ifr から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/22 05:53 UTC 版)

計器飛行方式 (けいきひこうほうしき、厳密には計器飛行方式による飛行: Instrument Flight Rules; IFR)とは、目視及び航空機の計器の両方を駆使し、常に航空管制官の指示に従って行う飛行、並びに管制圏及び管制区の外においては運航情報官が提供する情報を常時聴取して行う飛行のことである。


  1. ^ 日本国航空法第71条の2
  2. ^ ただし、計器飛行証明の試験について定められた文書には飛行機・回転翼航空機・飛行船の3種類しかなく、滑空機での計器飛行証明が想定されていないため、滑空機によるIFRはないと言える。


「計器飛行方式」の続きの解説一覧





ifrと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ifr」の関連用語

ifrのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

COIN機

VADS

F-4

高抵抗爆弾

タイフーン

SR-71

コブラ

ラムシェバック





ifrのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2017 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの計器飛行方式 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS