fentanylとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > fentanylの意味・解説 

フェンタニル

分子式C22H28N2O
その他の名称:フェンタニル、フェンタニール、Fentanyl、N-Phenyl-N-[1-(2-phenylethyl)piperidin-4-yl]propanamide、フェンタネスト、Fentanest、R-4263、Phentanyl、Fentanil、N-Phenyl-N-[1-(2-phenylethyl)-4-piperidinyl]propanamide、N-(1-Phenethyl-4-piperidinyl)-N-phenylpropionamide、デュロテップ、デュロテップ-MT、Durotep-MT、Durotep
体系名:N-フェニル-N-(1-フェネチルピペリジン-4-イル)プロパンアミド、N-フェニル-N-(1-フェネチルピペリジン-4-イル)プロピオンアミド、N-フェニル-N-(1-フェネチル-4-ピペリジニル)プロパンアミド、N-(1-フェネチル-4-ピペリジニル)-N-フェニルプロピオンアミド、N-フェニル-N-[1-(2-フェニルエチル)ピペリジン-4-イル]プロパンアミド、N-フェニル-N-[1-(2-フェニルエチル)-4-ピペリジニル]プロパンアミド


フェンタニル

薬物フェンタニル
英名fentanyl
化合物名or商品名フェンタネスト
分子式C22H28N2O
分子データ
用途全身局所麻酔薬
副作用悪心嘔吐発汗喉頭痛など
胎,授乳児への影響安全度
備考ドロペリドール併用する
融点
沸点
LD50(マウス)/mg kg-1368(経口)
LD50(その他)/mg kg-1
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

フェンタニル

【仮名】ふぇんたにる
原文】fentanyl

痛み治療に用いられるオピオイド系麻薬

フェンタニル

(fentanyl から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/08 07:51 UTC 版)

フェンタニル (Fentanyl) とは、主に麻酔鎮痛疼痛緩和の目的で利用される合成オピオイドである。1996年のWHO方式がん疼痛治療法の3段階中の3段階目で用いられる強オピオイドである。




「フェンタニル」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「fentanyl」の関連用語

fentanylのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カタハノハネモ

鉄斧石

走行性能曲線図

チチ

スイバ

フローリストナイフ

ポポンテッダ・フルカタ

和歌山ラーメン





fentanylのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフェンタニル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS