cyanophosとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > cyanophosの意味・解説 

シアノホス

分子式C9H10NO3PS
その他の名称:シアホス、シアノホス、シアノックス、サイアノックス、CYAP、Ciafos、Cyanox、S 4084、S-4084、BAY 34727、Cyanophos、Thiophosphoric acid O-(4-cyanophenyl) O,O-dimethyl、BAY-34727、Sumitomo S-4084、ENT-25675、Bayer-34727、Thiophosphoric acid O-(4-cyanophenyl)O,O-dimethyl esterCYAP
体系名:チオりん酸O,O-ジメチルO-[p-シアノフェニル]、チオりん酸O-(4-シアノフェニル)O,O-ジメチル


シアノホス

農薬CYAP
和名orISO名[商品名]シアノホス(cyanophos)
分子式C9H10NO3PS
用途殺虫剤防虫剤
LD50(ラット)/g kg-1
LD50(マウス)/g kg-11
劇毒区分指定なし
ランク
有機270
無機225
農薬登録(1996年時点)1966年登録(日本)/承認ISO
その他
分子データ
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

シアノホス

(cyanophos から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/18 08:43 UTC 版)

シアノホスコリンエステラーゼ阻害剤[2]で、殺虫剤殺鳥剤英語版として使用される[3]有機リン系化合物で、外観は黄色または赤みを帯びた黄色の透明な液体である。


  1. ^ Material Safety Data Sheets: Cyanophos”. Central Pollution Control Board, Ministry of Environment & Forests, Government of India. 2011年12月8日閲覧。
  2. ^ Cyanophos: CAMEO Chemicals”. NOAA. 2011年12月8日閲覧。
  3. ^ Cyanophos Data Sheet”. Alan Wood. 2011年11月8日閲覧。
  4. ^ カラス大量死、2羽の胃から殺虫剤を検出”. 読売新聞. 2013年5月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月3日閲覧。
  5. ^ “横浜・大量のカラス死骸 胃から“殺虫剤”の成分”. テレビ朝日. (2013年5月3日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000004725.html 2016年12月18日閲覧。 
  6. ^ 鏡石のカラス大量死、胃から殺虫剤成分 鳥インフル遺伝子検査陰性”. 福島民報. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月29日閲覧。


「シアノホス」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「cyanophos」の関連用語

cyanophosのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

水カンナ

信号機あり

ピクチャーライト

佐々木勇気

ラーテナウ

高度道路交通システム

幸田

アーレンキー





cyanophosのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシアノホス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS