cheとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 血液用語 > cheの意味・解説 

コリンエステラーゼ(ChE) ( cholinesterase )

肝臓の細胞でつくられ、肝機能異常を知るうえで重要な酵素。おもに肝臓の予備能(肝疾患重症度)を調べるときに検査されますが、この酵素活性低下しているときは、肝臓でのタンパク合成能力低下が疑われます。また、有機リンによる農薬中毒などのさいにも低下します。逆に酵素の値が高い場合は、ネフローゼ症候群甲状腺機能亢進症脂肪肝などが疑われますが、急性肝炎回復期にも同様の現象がみられます。

Che

名前 チェチュ

CHE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/04/15 14:13 UTC 版)

CHE

che

ChE


ゲバラ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/05/08 06:44 UTC 版)

(che から転送)

ゲバラ!
Che!
監督 リチャード・フライシャー
脚本 マイケル・ウィルソン
サイ・バートレット
製作 サイ・バートレット
出演者 オマー・シャリフ
音楽 ラロ・シフリン
撮影 チャールズ・F・ウィーラー
編集 マリオン・ロスマン
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1969年6月27日
日本の旗 1969年7月12日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
スペイン語
テンプレートを表示

ゲバラ!』(原題: Che!)は、マルクス主義革命家チェ・ゲバラオマー・シャリフが演じた1969年のアメリカ合衆国の伝記映画。監督はリチャード・フライシャーがつとめた。

ゲバラが初めてキューバに上陸した1956年からボリビアで処刑された1967年までを扱い、自伝『チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行日記』に描かれたようなキューバ革命以前の前半生には触れていない。ビデオ&DVD題『革命戦士ゲバラ!』。

目次

キャスト

スタッフ

  • 監督:リチャード・フライシャー
  • 製作:サイ・バートレット
  • 原作:デイヴィッド・カープ、サイ・バートレット
  • 脚本:マイケル・ウィルソン、サイ・バートレット
  • 撮影:チャールズ・F・ウィーラー
  • 音楽:ラロ・シフリン

関連映画

外部リンク


コリンエステラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/03/17 09:21 UTC 版)

(che から転送)

コリンエステラーゼ
Acethylcholinesterase TC 1EA5.png
Diagram of Pacific electric ray acetylcholinesterase. From PDB 1EA5.
基本データ
略号 ACHE
遺伝子コード YT
Entrez 43
HUGO 108
OMIM 100740
RefSeq NM_015831
UniProt P22303
他のデータ
EC番号 3.1.1.7
遺伝子座 Chr. 7 q22
コリンエステラーゼ
Butyrylcholinesterase 1P0I.png
Cartoon diagram of human butyrylcholinesterase. From PDB 1P0I.
基本データ
略号 BCHE
遺伝子コード CHE1
Entrez 590
HUGO 983
OMIM 177400
RefSeq NM_000055
UniProt P06276
他のデータ
EC番号 3.1.1.8
遺伝子座 Chr. 3 q26.1-26.2

コリンエステラーゼCholinesterase,ChE)とは、コリンエステル類を加水分解する酵素である。

種類

2種類がある。

アセチルコリンエステラーゼ (AChE) 
神経組織、赤血球などに存在する。コリン作動性神経(副交感神経運動神経交感神経の中枢~神経節)の神経伝達物質アセチルコリンを酢酸とコリンに分解する。真性コリンエステラーゼ。
ブチリルコリンエステラーゼ (BuChE) 
肝臓、血清などに存在する。AChを含む様々なコリンエステル類を分解する。健康診断などで検査されるChEは、こちらの方である。高値の場合はネフローゼ症候群脂肪肝など、低値の場合は肝硬変肝炎、有機リン系薬物中毒(有機リン系の農薬中毒サリンなどの神経ガス中毒)などが疑われる。偽コリンエステラーゼ。

歴史

1968年にコロンビア大学のWalo Leuzingerらがデンキウナギから精製に成功した。

関連項目


ポランスキーの 欲望の館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/07/03 07:19 UTC 版)

(che から転送)

ポランスキーの 欲望の館
Che?
監督 ロマン・ポランスキー
脚本 ロマン・ポランスキー
ジェラール・ブラッシュ英語版
製作 カルロ・ポンティ
出演者 マルチェロ・マストロヤンニ
シドニー・ローム
ヒュー・グリフィス
音楽 クラウディ・ジッツィ[1]
撮影 マルチェロ・ガッティ
ジュゼッペ・ルッツォリーニ
編集 アラステア・マッキンタイア
公開 イタリアの旗 1972年12月7日
上映時間 114分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
西ドイツの旗 西ドイツ
言語 英語
イタリア語
フランス語
テンプレートを表示

ポランスキーの 欲望の館』(Che?)は、ロマン・ポランスキー監督・脚本、マルチェロ・マストロヤンニシドニー・ロームヒュー・グリフィス出演による1972年のコメディ映画である[2]

目次

キャスト

製作

撮影はプロデューサーのカルロ・ポンティが所有するイタリアのアマルフィの別荘で行われた。一部のアクションは即興で行われた[3]

参考文献

  1. ^ Exclusive Interview with Composer Claudio Gizzi”. Fangoria. 2012年4月10日閲覧。
  2. ^ Vincent Canby (1973年10月4日). “Che? (1973) Film: X-Rated Polanski: What?”. The New York Times. 2009年3月25日閲覧。
  3. ^ Rabin, Nathan (2009年10月28日). “Polanski-tastic Sick-Fuck Case File #149: What?”. The A.V. Club. Onion. 2009年11月1日閲覧。

外部リンク





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

cheに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「che」の関連用語

cheのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




cheのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
e-血液.come-血液.com
Copyright 2014(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCHE (改訂履歴)、ゲバラ! (改訂履歴)、コリンエステラーゼ (改訂履歴)、ポランスキーの 欲望の館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS