changeとは?

チェンジ [1] 【change】

( 名 ) スル
変えること。変わること。取り替えること。 「ギアを-する」

チェンジ!

原題:CHANGE!
製作国:日本
製作年:2006
配給:マニュスクリプト
スタッフ
監督:旭正嗣 アサヒマサツグ
プロデューサー:伊藤彰 

狩野善則 カノウヨシノリ
脚本:旭正嗣 アサヒマサツグ
企画:廣戸聡一 ヒロトソウイチ

廣戸邦郎 

紀優雲 
撮影:長野泰隆 ナガノヤスタカ
音楽:石井雅子 イシイマサコ
録音:鈴木昭彦 スズキアキヒコ
助監督:左高美智代 
キャスト(役名
高野八誠 タカノハッセイ (俊夫)
松田賢二 マツダケンジ (英明
東原亜希 ヒガシハラアキ (美希
渡辺真起子 ワタナベマキコ
解説
格闘技界で活躍するフィジカルトレーナー・廣戸聡一の「Reash理論」を引用した青春スポーツドラマ。監督は「陰詩 KAGEUTA」の旭正嗣出演は「colors カラーズ」の高野八誠松田賢二
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
俊夫(高野八誠)と英明松田賢二)は、アクションスターになることを夢見日々トレーニング芝居練習重ね若手俳優年上英明は昔から俊夫のことを弟のように、また俊夫は英明のことを兄のように慕ってきた。なかなか俳優として活躍の場が与えられず、焦り感じ英明過酷トレーニング課すことで有名なスポーツクラブ「X」へ入会する。心配する俊夫の声も聞かず、英明は自らの体をいじめ抜くようなトレーニング没頭する。過度トレーニング有効性に俊夫は疑問抱きクラブ退会するよう促すが、英明決意は固かった。このままでは英明ダメになってしまうのではないか? そんな懸念が頭に浮かびだした頃、俊夫は友人美希から「Reash理論」と呼ばれる現代スポーツトレーニング理論存在知らされる興味を持った俊夫は、美希と共に廣戸道場門を叩く。体の仕組み理解し、その上個々目的特徴に合った方法で体を鍛えるReash理論目の当たりにして、俊夫は感銘を受ける美希と共にトレーニングをこなす内に、俊夫は美希淡い恋心抱き始める。そして、英明にもReash理論実践させようと出向く俊夫だが、話は互いプライドをかけた勝負方向へとこじれる。さらに英明は、俊夫の美希への恋心知って、彼女を賭け勝負約束とりつけるかくして事態美希巻き込んだ三角関係へと発展していくのだった

CHANGE!!!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/10 08:22 UTC 版)

CHANGE!!!!
765PRO ALLSTARS の シングル
B面 We just started
今 スタート!
リリース 2011年11月9日
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
アニメソング
キャラクターソング
時間 4分58秒
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 yura
NBGI(内田哲也)
チャート最高順位
765PRO ALLSTARS シングル 年表
READY!!
(2011年)
CHANGE!!!!
(2011年)
M@STERPIECE
2014年
THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 06 収録曲
過去の出来事
(1)
CHANGE!!!!(TV SIZE)
(2)
一生懸命
(3)
THE IDOLM@STER 765PRO ALLSTARS+ GRE@TEST BEST! -THE IDOLM@STER HISTORY- 収録曲
READY!!(M@STER VERSION)
(11)
CHANGE!!!!(M@STER VERSION)
(12)
自分REST@RT(M@STER VERSION)
(13)
劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』オリジナル・サウンドトラック 収録曲
穏やかな日々の中で
(29)
CHANGE!!!!(BGM VERSION)
(30)
まっすぐ(BGM VERSION)
(31)
テンプレートを表示

CHANGE!!!!」(チェンジ)は、765PRO ALLSTARSの楽曲。シングルは『THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER』シリーズ第4弾として2011年11月9日日本コロムビアから発売された。

概要

表題曲の「CHANGE!!!!」はテレビアニメTHE IDOLM@STER』の2ndオープニングテーマに起用された。1stオープニングテーマ「READY!!」とはキーやテンポ、曲の構成がほぼ同一のものとなっている[5]

初回限定盤には、長谷川明子浅倉杏美原由実沼倉愛美の4人によるトークの他、PS3版アイドルマスター2、またアニメのノンテロップ版2ndオープニング映像を収めたDVDが付属する。

2012年2月1日に発売された「THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 07」には表題曲「CHANGE!!!!」と前期オープニング曲「READY!!」と組み合わせた「READY!! & CHANGE!!!! SPECIAL EDITION」が収録されている。

2013年夏に開催されたライブツアー「THE IDOLM@STER 8th ANNIVERSARY HOP!STEP!!FESTIV@L!!!」の福岡・幕張会場で、765PRO ALLSTARSの各キャラクターのソロ・リミックスが収録された『THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER CHANGE!!!! ソロ・リミックス』が限定販売された[6]

チャート成績

11月8日付オリコンデイリーシングルチャートで6位を獲得[7]後、11月21日付オリコン週間シングルチャートで推定売上枚数約2.3万を記録し、初登場6位を獲得した[8]。また、11月19日の『COUNT DOWN TV』でも8位にランクインした。

収録曲

  1. CHANGE!!!!(M@STER VERSION) [5:01]
    歌:765PRO ALLSTARS[天海春香(中村繪里子)、星井美希(長谷川明子)、如月千早(今井麻美)、高槻やよい(仁後真耶子)、萩原雪歩(浅倉杏美)、菊地真(平田宏美)、双海亜美 / 真美(下田麻美)、水瀬伊織(釘宮理恵)、三浦あずさ(たかはし智秋)、四条貴音(原由実)、我那覇響(沼倉愛美)、秋月律子(若林直美)]
    作詞:yura、作曲:NBGI(内田哲也)、編曲:橋本由香利・NBGI(内田哲也)
  2. We just started [4:18]
    歌:星井美希(長谷川明子)、四条貴音(原由実)、秋月律子(若林直美)
    作詞:mft、作曲:小野貴光、編曲:竹中文一
  3. 今 スタート! [4:18]
    歌:如月千早(今井麻美)、三浦あずさ(たかはし智秋)、我那覇響(沼倉愛美)
    作詞・作曲:白戸佑輔、編曲:草野よしひろ
  4. CHANGE!!(M@STER VERSION)(Instrumental
    作詞:yura、作曲:NBGI(内田哲也)、編曲:橋本由香利・NBGI(内田哲也)

収録アルバム

曲名 アルバム 発売日 備考
CHANGE!!!!(TV SIZE) THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 06 2011年12月28日 テレビサイズ
CHANGE!!!!(M@STER VERSION)春香ソロ・リミックス THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER CHANGE!!!! ソロ・リミックス 2013年9月15日 天海春香のソロ
CHANGE!!!!(M@STER VERSION)美希ソロ・リミックス 星井美希のソロ
CHANGE!!!!(M@STER VERSION)千早ソロ・リミックス 如月千早のソロ
CHANGE!!!!(M@STER VERSION)やよいソロ・リミックス 高槻やよいのソロ
CHANGE!!!!(M@STER VERSION)雪歩ソロ・リミックス 萩原雪歩のソロ
CHANGE!!!!(M@STER VERSION)真ソロ・リミックス 菊地真のソロ
CHANGE!!!!(M@STER VERSION)亜美 / 真美ソロ・リミックス 双海亜美 / 真美のソロ
CHANGE!!!!(M@STER VERSION)伊織ソロ・リミックス 水瀬伊織のソロ
CHANGE!!!!(M@STER VERSION)あずさソロ・リミックス 三浦あずさのソロ
CHANGE!!!!(M@STER VERSION)律子ソロ・リミックス 秋月律子のソロ
CHANGE!!!!(M@STER VERSION)貴音ソロ・リミックス 四条貴音のソロ
CHANGE!!!!(M@STER VERSION)響ソロ・リミックス 我那覇響のソロ
CHANGE!!!!(M@STER VERSION) THE IDOLM@STER 765PRO ALLSTARS+ GRE@TEST BEST! -THE IDOLM@STER HISTORY- 2013年9月18日
CHANGE!!!!(BGM VERSION) 劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』オリジナル・サウンドトラック 2014年2月5日 BGMアレンジ

出典

外部リンク


Change!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/03 14:30 UTC 版)

Change!』(チェンジ!)は、1995年7月25日から同年9月12日まで、テレビ朝日系列で放送されていたテレビドラマである。朝日放送ABCテレビ)・松竹芸能の共同制作。放送時間は、毎週火曜20:00 ‐20:54(JST)。全9話。平均視聴率5.4%。

概要

ふとしたことで互いの性格が入れ替わった高校教師の吉村と教え子の中西が織りなすドタバタコメディ。

キャスト

テーマ曲

スタッフ

  • 脚本:尾崎将也 
  • 音楽:HIM with Osny Melo
  • プロデュース:大野逸雄、木村正人 
  • 演出:森一弘、太田雅晴 
  • 制作:ABC、松竹芸能

サブタイトル

  1. ガッコやめたい!
  2. パパもやめたい!
  3. イジメやめろ!優等生やめたい
  4. ママが来た!縁結び大作戦!?
  5. 嘘つきやめたい!
  6. 正体バレた!偽者パパの授業参観
  7. 告白やめたい!
  8. さよなら!守護霊に賭けた二人
テレビ朝日 火曜20時台(ABCの制作枠)
前番組 番組名 次番組
Change!
(本作まで火曜ドラマ枠)

chAngE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/31 04:43 UTC 版)

chAngE
miwaシングル
収録アルバム guitarissimo
B面 you can do it!
あまやどり
リリース 2010年9月1日
規格 CDシングル
デジタル・ダウンロード
ジャンル J-POP
時間 16分10秒
レーベル Sony Records
作詞・作曲 miwa
プロデュース Naoki-T(#1)
AKIHISA MATZURA(#2)
Quatre-M(#3)
ゴールド等認定
チャート最高順位
miwa シングル 年表
リトルガール
2010年
chAngE
(2010年)
オトシモノ
(2010年)
guitarissimo 収録曲
醒めない夢
(8)
chAngE
(9)
めぐろ川 <strings version>
(10)
テンプレートを表示

chAngE」(チェンジ)は、miwaの3枚目のシングル2010年9月1日Sony Recordsより発売。

概要

前作「リトルガール」から約2ヶ月ぶりのシングル。初回生産限定盤はピンク色のカラートレイとなっており、『BLEACH』描き下ろしコラボキャップステッカーと「chAngE」のミュージック・ビデオが収録されたDVDが付属している。

オリコン週間シングルチャートで初登場8位を記録し、シングル・アルバム通じて自身初のトップ10入りとなった。また、レコチョク着うたフルのデイリーランキングでは「don't cry anymore」以来2度目となる初登場1位を記録した。

収録曲

全作詞・作曲:miwa

  1. chAngE (4:07)
    テレビ東京系アニメ『BLEACH』12thオープニングテーマ(2010年4月13日 - 10月5日放送分)
    曲はデビュー前の2月頃に制作された[1]。シングルは9月発売であるがアニメオープニングには4月13日放送分から起用されていたため、結果的に発売までに4ヶ月以上も要することとなった。
    大文字表記の「A」と「E」には、アコギからエレキにチェンジしたという意味が込められている[1]
  2. you can do it! (3:55)
    • 編曲:AKIHISA MATZURA
    高校生の時に当時受験生だった妹に向けて書いた曲[1]
  3. あまやどり (4:01)
    • 編曲:Quatre-M
    高校3年生の時に制作され、その時にレコーディングした音源を収録している[1]
  4. chAngE 〜instrumental (4:06)

収録アルバム

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d エキサイトミュージック (2010年9月1日). “miwaは変化を恐れない - インタビュー”. 2011年4月10日閲覧。

外部リンク


チェンジ

(change から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/19 02:31 UTC 版)

チェンジ

change(日本では英語[1]である例が多いが、同じ綴りでフランス語[2]もある)

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ イギリス英語およびアメリカ英語の発音:[tʃeɪndʒ]オーストラリア英語およびニュージーランド英語の発音:[tʃaɪndʒ]。意味は、変える(他動詞)、変わる(自動詞)、変化・交替・乗り換え・更衣・小銭(名詞)など。
  2. ^ フランス語発音: [ʃɑ̃ʒ]。意味は、名詞なら両替、両替所、予備など。動詞changerの活用なら、交換する、変える(他動詞)、変わる(自動詞)など。

嫦娥

(change から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/17 22:29 UTC 版)

嫦娥
Yoshitoshi - 100 Aspects of the Moon - 2.jpg
嫦娥月へ奔る(月岡芳年画)
各種表記
繁体字 嫦娥, 姮娥
簡体字 嫦娥, 姮娥
拼音 Cháng'é, Héng'é
テンプレートを表示
嫦娥像

嫦娥(じょうが、こうが)は、中国神話に登場する人物。后羿の妻。古くは姮娥(こうが)と表記された。

伝説

淮南子』覧冥訓によれば、もとは仙女だったが地上に下りた際に不死でなくなったため、夫の后羿が西王母からもらい受けた不死の薬を盗んで飲み、広寒宮)に逃げ、蟇蛙(ヒキガエル[1]になったと伝えられる(嫦娥奔月)。

別の話では、后羿が離れ離れになった嫦娥をより近くで見るために月に向かって供え物をしたのが、月見の由来だとも伝えている。

道教では、嫦娥を月神とみなし、「太陰星君」さらに「月宮黄華素曜元精聖後太陰元君」「月宮太陰皇君孝道明王」と呼び、中秋節に祀っている。

「姮娥」が本来の表記であったが、前漢文帝の名が「恒」であるため、字形のよく似た「姮」を避諱して「嫦」を用いるようになった。のちにの「常」の影響を受けて読みも「じょうが」(に対応する中国語での発音)に変化した。

民間伝承

海南島などでは、8月15日(中秋節)の晩に少女たちが水をはった器の中にを入れて嫦娥(月娘)に自分の運命の吉凶を示してもらう、という習俗があった。針がすっかり沈んでしまって少しも浮かばないと運命は凶であるという[2]

嫦娥という単語の使用例

嫦娥という単語は「月の女神」あるいは「天女」という語義で使用されることもある。アメリカで出版されたウィリアム・スウィントン(William Swinton)による英語のリーダー『Swinton's Fifth Reader and Speaker』(1883年)では同書の17章にあたる「The Moon-Maiden」[3]で、日本の駿河国静岡県)を舞台として羽衣をもつ仙女を登場させ、それを「Moon-Maiden」の単語を用いて表現しているが、それを邦訳した『スウヰントン氏第五読本直訳』(1889年)では、「Moon-Maiden」をすべて「嫦娥」と翻訳している[4]

脚注

  1. ^ 蟾蜍(せんじょ)あるいは月中蟾蜍と書かれる。蟾蜍は漢語でヒキガエルを意味する。仙女(せんじょ、これもこのように発音される)や月の兎のように、月面に目視される模様からの発想であるとも考えられている。
  2. ^ 香坂順一 『南支那民俗誌 海南島篇』 台湾総督府外事部 1944年 74頁
  3. ^ William Swinton 『Swinton's Fifth Reader and Speaker』 1883年 98頁
  4. ^ 京極秋蟾、井口理三郎 訳 『スウヰントン氏第五読本直訳』 珊瑚閣 1889年 67-73頁

関連項目






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「change」の関連用語

changeのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

山崎勇喜

今治越智地方水源の森

フラワーライト

921SH

洋角組

マナガツオ

前川春雄

Sculpt Ergonomic Desktop





changeのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCHANGE!!!! (改訂履歴)、Change! (改訂履歴)、chAngE (改訂履歴)、チェンジ (改訂履歴)、嫦娥 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS