aspirinとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > aspirinの意味・解説 

アスピリン

分子式C9H8O4
その他の名称:アスピリン、アセトサリン、アセトサル酸、アセトフェン、アセチルサリチル酸、Aspirin、Acetophen、Acetosalin、Acetosalic acidAcetylsalicylic acid、2-Acetoxybenzoic acid、o-Acetyloxybenzoic acidAcetyl salicylic acidASA、サリチゾン、アセンテリン、Acenterine、アセトサール、Acetosal、アセチルサリシル酸、アシルピリン、Acylpyrin、コルファリット、Colfarit、エンテロサレイン、Enterosarein、o-アセトキシ安息香酸、o-Acetoxybenzoic acid、Salitison、バイアスピリン、ゼンアスピリン、Zenaspirin、ニチアスピリン、Nichiaspirin、Bayaspirin
体系名:2-(アセチルオキシ)ベンゼンカルボン酸、2-アセチルオキシ安息香酸、2-(アセチルオキシ)安息香酸、o-アセチルオキシ安息香酸、2-アセトキシ安息香酸


アスピリン

薬物アスピリン
英名aspirin
化合物名or商品名アセチルサリチル酸
分子式C9H8O4
分子データ
用途鎮痛薬解熱剤
副作用
胎,授乳児への影響安全度
備考中枢神経抑制抹消神経の流血量を増加
融点
沸点
LD50(マウス)/mg kg-1
LD50(その他)/mg kg-11.75(ラット経口)
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

アスピリン

同義/類義語:アセチルサリチル酸
英訳・(英)同義/類義語:aspirin, acetyl salicyrate

解熱鎮痛剤商品名

アスピリン

Aspirin

【概要】 アスピリンは一般名アセチルサリチル酸化学名。非ステロイド系の解熱鎮痛剤の代表。痛み伝え物質であるプロスタグランディン生成過程で、アラキドン酸分解最初酵素である、シクロオキシゲナーゼを邪魔することによって作用する。 

【URL】http://www.bayer.co.jp/

《参照》 鎮痛剤


アスピリン

【仮名】あすぴりん
原文】aspirin

痛み、熱、炎症血栓減少させる薬剤。アスピリンは非ステロイド性抗炎症薬という種類薬物である。がん予防においても研究されている。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「aspirin」の関連用語

aspirinのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フェリー海龍

1060形

山寺堰

奥田 あや

エッカード・ファイファー

ハングオフ

ガーンジー

オーロラ





aspirinのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2017, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター

©2017 Weblio RSS