amoxapineとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > amoxapineの意味・解説 

アモキサピン

分子式C17H16ClN3O
その他の名称:アモキサピン、Amoxapine、CL 67,772、2-Chloro-11-(1-piperazinyl)dibenz[b,f][1,4]oxazepine、ENC2378671、アモキサン、Amoxan
体系名:2-クロロ-11-ピペラジノジベンゾ[b,f][1,4]オキサゼピン、2-クロロ-11-(1-ピペラジニル)ジベンゾ[b,f][1,4]オキサゼピン


アモキサピン

薬物アモキサピン
英名amoxapine
化合物名or商品名アモキサン
分子式C17H16ClN3O
分子データ
用途抗うつ薬(抗精神病作用)
副作用自律神経系症状口渇便秘,めまいなど
胎,授乳児への影響安全度
備考三環系うつ
融点178182
沸点
LD50(マウス)/mg kg-1125(経口)
LD50(その他)/mg kg-1313(ラット♂,経口)
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

アモキサピン

(amoxapine から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/06 00:50 UTC 版)

アモキサピン英語: Amoxapine)は、抗うつ薬として用いられる化合物である。第二世代の三環系抗うつ薬として知られ、抗コリン作用が軽減されている。日本ではアモキサンの名で販売され、適応は、うつ病・うつ状態である。処方箋医薬品劇薬である。1963年、スイスのJ.Schmutzにより合成された。




  1. ^ a b c 医薬品添付文書


「アモキサピン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「amoxapine」の関連用語

1
アモキサピン 化学物質辞書
56% |||||

amoxapineのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

田沢疏水

ハダカホンヤドカリ

パイプフード

近江八景

駕籠

掃海管制艇「にいじま」型

高度道路交通システム

放射線と放射能の違い





amoxapineのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアモキサピン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS