WiGigとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > WiGigの意味・解説 

WiGig

フルスペル:Wireless Gigabit
別名:ワイヤレスギガビット

WiGigとは、WiGig AllianceWireless Gigabit Alliance)によって仕様策定が進められている、高速無線通信規格である。

WiGigでは、60GHz前後周波数帯域を用い、およそ10メートル程度到達範囲無線通信を行う。通信速度は約6Gbpsと、Wi-Fiのような現行の無線LAN10倍以上の高速化が目標とされている。WiGigが実現されれば、PCやその他のコンシューマ機器間で、ハイディフィニション映像などのデジタルデータ高速転送できるようになる。

WiGigを推進しているWiGig Allianceは、IntelMicrosoftNECPanasonicなどの企業中心として設立された業界団体である。WiGigの最初仕様2009年第4四半期発表される予定発表されている。

ちなみに、WiGigのような屋内向け高速無線通信技術としては、WHDIWirelessHDといった規格登場している。


参照リンク
Wireless Gigabit Alliance - (英語)
Industry Leaders Form Wireless Gigabit Alliance to Promote 60 GHz Wireless Technology - (英語)
無線通信のほかの用語一覧
無線LAN:  WPS  WAPI  WDS  WiGig  Wi-Fi Direct  Wi-SUN
衛星通信:  インターネット通信衛星

WiGig

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/17 13:01 UTC 版)

WiGig (Wireless Gigabit、ワイギグ) は、60GHz帯の無線通信規格であり、2009年12月に最初の正式仕様が決まった、業界団体が主導する短距離高速デジタル無線伝送用の世界的な規格である。


[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 米Intel社は元々はミリ波による高速無線技術には懐疑的であった。60GHzもの高い周波数で動作する通信回路は民生用として安価に提供することが不可能だと考えていたが、今では競合することになったWirelessHD陣営の旗手、米SiBEAM社がCMOS回路で実現・発売したため、それまでの態度を変えてWiGigを立ち上げ主導している。

出典

  1. ^ a b c d 蓮田宏樹著、『ミリ波通信にIntel社が殴り込み 最大で7Gビット/秒の「WiGig」が正式策定』、日経エレクトロニクス2010年1月25日号
  2. ^ [1] WiGig version 1.0 Specification Highlights
  3. ^ Industry Leaders Form Wireless Gigabit Alliance to Promote 60 GHz Wireless Technology(2009年5月7日)


「WiGig」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

WiGigに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「WiGig」の関連用語

WiGigのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

dynapocket IS02

ThinkStation P320 Tiny

iPad Air

Wi-Fi STATION N-01J

FOMAハイスピード

Kindle Fire HDX

GALAXY Note II SC-02E

Kindle





WiGigのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリWiGigの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのWiGig (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS