Ultra-Mobile_PCとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > Ultra-Mobile_PCの意味・解説 

Ultra-Mobile PC

読み方ウルトラモバイルピーシーOrigamiUMPC

Ultra-Mobile PCとは、Microsoft発表した超小形ハードウェア名称である。2006年3月9日発表されたもので、開発コード名は「Origami」だった。

Ultra-Mobile PCは、ノートパソコンPDAハイエンド携帯電話といった小形端末特徴併せ持つ、超小型端末である。Microsoftプロジェクトリーダーとなり、OSWindows XP Tablet PC Edition組み入れる。Ultra-Mobile PCのハードウェアサムスン電子ASUSFounderの3社が開発提供することとなった。これは「第一世代」機とされ、順次進化加えられる。

Ultra-Mobile PC
Copyright 2006 Microsoft Corporation.

Ultra-Mobile PC端末は、幅30cm弱(重さ800g)の小形サイズIntelの超低電圧Celeronプロセッサ備え、40GバイトHDD搭載する。アプリケーションにはOffice OneNoteInternet ExplorerMedia Playerメッセンジャーなどが含まれるBluetoothなどの無線通信機能備えGPS機能も対応した。

Ultra-Mobile PCの特徴としては、操作キーのほかにタッチパネル式のソフトウェアキーボード搭載している事が挙げられる。画面右下左下それぞれの角から、弧を描くようにQWERTY配列キーボード表示される。Ultra-Mobile PCを両手で持ったまま、親指操作によるスムーズ操作が可能となっている。タッチパネルに関しては、ソフトウェアキーボードの他に、スタイラスペン対応している

ちなみにUltra-Mobile PC(Origami)は、当初MicrosoftAppleiPod対抗するためのポータブルオーディオプレイヤーになるのではないか」とも噂されていた。


参照リンク
Origami Project
The Ultra-Mobile PC -Microsoft.com
モバイル端末のほかの用語一覧
モバイルPC:  デスクノート  電子辞書  ドッキングステーション  Ultra-Mobile PC  USBワンセグチューナー  WT310/C  XJACK

Ultra-Mobile PC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/10/28 14:04 UTC 版)

Ultra-Mobile PC(ウルトラモバイル ピーシー、略称UMPC)は2006年3月9日マイクロソフトインテルなどが発表したタブレットPCの規格。また、その規格に準拠したものと同程度のノートパソコンおよびそのカテゴリー・市場のこと。






「Ultra-Mobile PC」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Ultra-Mobile_PC」の関連用語

Ultra-Mobile_PCのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

SC-3000

スマートフォン for ジュニア SH-05E

BlackBerry Z30

アナログRGB端子

Alienware

Wi-Fi

Ascend HW-01E

5.1チャンネル





Ultra-Mobile_PCのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリUltra-Mobile PCの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのUltra-Mobile PC (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS