U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジの意味・解説 

U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/28 09:19 UTC 版)

U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ: Under-12 Junior Soccer World Challenge)は、12歳以下の小学生を対象にした11人制のサッカー大会である。主催は株式会社Amazing Sports Lab Japan、公益財団法人東京都サッカー協会


  1. ^ 浜田満 『世界に通じる子供の育て方』 徳間書店2016年、25-31頁。ISBN 978-4-19-864103-0
  2. ^ U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2016開催にあたって”. 大会公式サイト (2016年5月1日). 2016年9月1日閲覧。
  3. ^ 街クラブ抽選について”. 大会公式サイト (2016年5月1日). 2016年9月1日閲覧。
  4. ^ 街クラブセレクションについて”. 大会公式サイト (2016年5月1日). 2016年9月1日閲覧。
  5. ^ バルサ日本人小学生の久保くん鮮烈ゴール”. nikkansports.com (2013年8月27日). 2016年8月31日閲覧。
  6. ^ 12歳で凱旋、久保擁するバルセロナが全勝V飾る”. ゲキサカ (2013年8月31日). 2016年9月1日閲覧。
  7. ^ バルサの注目チャビ・シモンズは父親が元Jリーガー”. Qoly (2015年8月27日). 2016年9月1日閲覧。
  8. ^ 優勝したFCバルセロナの選手達が大宮アルディージャの選手達のもとに”. スカパー!Jリーグ[公式] (2016年8月29日). 2016年9月1日閲覧。
  9. ^ El Infantil B del Barça conquista el World Challenge Cup de Tokio”. SPORT (2016年8月29日). 2016年9月1日閲覧。
  10. ^ Barcelona show that sportsmanship runs in their blood as U12s put on remarkable display of humility in comforting distraught Japanese team”. MailOnline (2016年8月29日). 2016年9月1日閲覧。
  11. ^ Barcellona, l'abbraccio dei ragazzini agli avversari sconfitti”. Gazzetta.it (2016年8月29日). 2016年9月1日閲覧。
  12. ^ バルセロナ、マンCガ来日!日本勢と海外強豪との戦いを無料生中継!!”. スカパー! (2015年8月1日). 2016年9月1日閲覧。


「U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ」の関連用語

U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

地方自治法施行60周年記念 長野県分 5百円バイカラー・クラッド貨幣

生豆

キンチク

US-1A

カノコキセワタ属の1種1

fホール

ちくさ雁皮紙

AZワゴン Custom Style





U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのU-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS