TXNとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 米国企業情報 > TXNの意味・解説 

テキサス・インスツルメンツ(TI)(NYSE:TXN)

住所: 12500 TI BoulevardP.O. Box 660199Dallas, TX 75266United States
電話: 1- (972) 995-3773
FAX: 1- (972) 995-4360
ウェブサイト: http://www.ti.com/
業種: テクノロジー
業界: 半導体

» ダウ・ジョーンズ米国企業総合情報データベースはこちら

TXN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/11 04:22 UTC 版)

TXNTXN ニュース ネットワークTXN News Network)はテレビ東京キー局とする日本の民間放送テレビネットワークである[1][2]TXN ネットワークTXN Network)、TX ネットワークTX Network)、テレビ東京 ネットワークTV Tokyo Network)、テレビ東京 系列TXN 系列と呼ばれることもある。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 東北地方にはこの時点ではTXN系列局が存在しないものの、2011年に発生した東日本大震災で被災した東北3県(岩手県宮城県福島県)は、この年の7月24日時点でアナログ停波が見送られた。なお、このうち宮城県には系列局構想がある
  2. ^ TXN全6局とテレビ和歌山で同時ネット。テレビ愛知では「7チャンネル」の部分を「10チャンネル」に変えて放送。
  3. ^ TXN6局で同時ネット
  4. ^ 放送局名のみ各局差し替え。TVAでは「digital 10」に差し替え。なお、このスポットは7月1日から一部のネット番組内でも放送。
  5. ^ これも放送局名のみ各局差し替え、TVAでは「digital 10」に差し替え。なお、この番宣スポットはこの日以降、15日頃までネット番組内でも放送されていた。
  6. ^ 放送事業者でなくテレビ番組制作会社として発足させたのは、当時の東京12チャンネルが科学テレビとして放送免許を取得しており、再建には娯楽番組の編成が可能な総合放送局への転換が必須条件であったため、財団法人日本科学技術振興財団から同社への放送免許譲渡に関する郵政省との交渉が難航したためである。なお、同社への放送免許譲渡は発足から5年後の1973年10月にようやく実現した。
  7. ^ 但し、報道ネットワークに関してはNETとの関係を配慮したため締結には至らなかった。
  8. ^ TBS系列局でない東京12チャンネルとのネットワーク関係が、MBSが新規加入したJNN排他協定に抵触したため。
  9. ^ 但し、MBSはその後もTVOの開局まで東京12チャンネル→テレビ東京制作の番組を購入する形で継続ネットしていた。
  10. ^ a b 開局当時の名称はTXN九州(社名は「ティー・エックス・エヌ九州」)。2001年1月1日に現社名に変更。なお、略称「TVQ」は開局から一貫して変わっていない。
  11. ^ 画面上のテロップで「協力〈テレビ局名〉」と表記される。
  12. ^ 通常は隣接ないし近辺のTXN系列局が中継を行う。具体的には、GBSが長良川の鵜飼いのレポートで現地から中継を行った事例がある。
  13. ^ 北海道、関東1都6県、東海3県、近畿2府4県、岡山・香川、福岡の20都道府県を除く。
  14. ^ 一部例外を除けば系列局と同エリア内
  15. ^ これは、共同通信社が写真及び記事のみの配信から一歩進めて、動画映像素材の配信も開始したため、系列局が少なく取材網が脆弱であるTXNの欠点をカバーする意味合いもあり多用しているものであるが、映像使用時には、画面の隅に必ず共同通信社のクレジットを入れた上で放送している。
  16. ^ 完全な系列局としての扱いではないため、提供された素材に対してその都度「取材協力費」を出しているという。ニュースVTR中には「TXN」の部分を「協力」と変えて取材した独立系列局名を表記している。中央競馬(西日本)関連のニュース・情報の場合も同様。
  17. ^ 視聴している系列局のロゴのデータ画面はそれぞれのメニューに入らないと表示されない
  18. ^ データは2011年7月24日のデジタル放送完全移行前時点での数である。その後、長らく中継局が無かった道東・道北地域へのデジタル中継局の整備が進み、2015年12月には根室ほかの設置を終え、ごく一部を除いて全道ネットワーク完成をみた事から、2016年現在では大幅に減少している。
  19. ^ あきる野市の一部地域のみ
  20. ^ a b 本来は独立テレビ局のために割り当てられていた。
  21. ^ 約100万人はアナログ・デジタルともに視聴できなかった。デジタル完全移行までTXN系列局では唯一カバー率が9割を下回っていた。
  22. ^ 札幌本局の映像を光ファイバー回線で伝送。
  23. ^ 当初、TVhのエリア拡大の要請に対して「中継局設置は基本的にTVhの責任」などと地元自治体負担による中継局設置には消極的であった[9]が、2015年3月末で総務省所管による「後発民放局支援スキーム」が打ち切られたことや、「北海道内で根室管内だけが視聴できないのは問題だ」[9]、「今回の機会を逃せば根室管内だけが取り残されてしまう」[10]ことなどから、管内最大の中継局である中標津中継局(所在地は標津町)の整備を実世帯数に応じて負担することで関係する1市5町が合意。そして12月1日に開局した。また中標津西町・根室・根室花咲・羅臼・羅臼緑町・霧多布の釧路・根室管内にある6局も12月22日に開局。さらに宗谷管内の仙法志と礼文が8月31日、釧路管内の阿寒湖畔が9月7日、日高管内の日高と日高銀嶺が9月28日、空知管内の夕張清水沢が12月22日にそれぞれ開局した。
  24. ^ かつては「にっぽんの歌」もそうだったが、2011年を最後にBSジャパンが制作から撤退し放送も打ち切り。
  25. ^ 2012年3月までは制作局であった。同局が制作から撤退し、スワン・ソングの単独制作となった同年4月以降も幹事局としての役割を保持している。
  26. ^ 現在全国ネット番組を制作していない局のうち、テレビ北海道は『剣勇伝説YAIBA』、TVQ九州放送は『サラダ十勇士トマトマン』(共にアニメ)の制作経験がある。従って、TXNは加盟全局が全国向けアニメ番組の制作経験を持つ事になる。
  27. ^ 第4戦でロッテの優勝が決定したため第7戦は試合そのものがなくなった。
  28. ^ 第6戦で巨人の優勝が決定したため試合そのものがなくなった。
  29. ^ 交流戦はBSジャパンでのサイマル中継があった他、日本シリーズはNHK BS1での並列中継があった。
  30. ^ なお、BSジャパンや日テレジータスでの視聴は可能。
  31. ^ JRAの競馬場がある地区で新潟・福島両県においては系列局がないため、主に新潟放送(BSN)と福島テレビ(FTV)で放送している。

出典

  1. ^ a b TXNネットワーク”. テレビ東京. 2017年2月12日閲覧。
  2. ^ a b TXNネットワーク”. 会社情報. テレビ東京. 2017年2月11日閲覧。
  3. ^ 『大衆とともに25年 -沿革史-』 日本テレビ放送網、1978年、214頁。
  4. ^ TVQの会社概要
  5. ^ 「市長への手紙・平成19年度回答」の「7.まちづくり・政令指定都市」の項目における「新潟市企画調整課」による回答へリンク
  6. ^ なぜテレビ東京系は広島や仙台で視聴できないのか exciteコネタ 2015年12月26日、2016年3月24日閲覧。
  7. ^ テレビ北海道が道東へ拡大計画 - 釧路新聞~釧路と根室地域のニュースをお届けするウェブサイト!~(2010年11月20日本紙)
  8. ^ テレビ北海道(TVh)について - 稚内市ウェブサイト、2017年1月20日閲覧
  9. ^ a b 北海道新聞 2014年4月30日夕刊5面「TVH 視聴可能98%に」より
  10. ^ 北海道新聞 2014年9月11日朝刊 根室版24面
  11. ^ 広報しべちゃ 2016年4月号 p29 (PDF) - 標茶町役場、2016年3月31日掲載、2016年4月4日閲覧
  12. ^ TVh(テレビ北海道)試験放送開始に関して - 青森ケーブルテレビ、2017年2月16日閲覧






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「TXN」の関連用語

TXNのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

銀葉楓

藤森環濠

補給艦「ましゅう」型

コウイカ

イエローバーチ

第八おりいぶ丸

採石地

平本 弥星





TXNのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2017 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのTXN (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS