TPM活動とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > マネジメント用語 > TPM活動の意味・解説 

TPM活動

読み方ティー・ピー・エムかつどう
【英】:Total Productive Maintenance

TPMとは、Total Productive Maintenanceの略で、「生産効率極限まで高めるための全社生産革新活動」である。

TPM活動の基本は、現場小集団での、設備対象とした改善活動である。

1971年提唱され、1980年代自動車産業で急速に普及始め半導体装置産業広がり、現在では食品産業などあらゆる業種取り入れられている。

初期段階生産部門中心とした設備生産性向上を狙った活動であったが、現在では設計技術部門事務間接部門も含めた全社活動になっている

活動のねらいは災害ゼロ不良ゼロ故障ゼロなど効率阻害するあらゆるロスムダ徹底的に排除し、生産効率極限まで高めて行くことであるが、同時にこの活動通して、そこに働く人々考え方行動も変えて行くことを狙っている。

活動は、(1)個別改善、(2)自主保全、(3)計画保全、(4)教育訓練、(5)製品設備開発管理、(6)品質保全、(7)管理間接部門効率化、(8)安全衛生環境管理 の「8本活動)」で展開していく。

TPM活動は最低3年は必要であるが、完遂した企業では生産性1.5倍、不良1/10故障1/20 などの大きな効果出している。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「TPM活動」の関連用語

TPM活動のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




TPM活動のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.

©2014 Weblio RSS