T-3とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空自衛隊装備品 > T-3の意味・解説 

T-3

練習機 T-3

F-15をはじめとした主要機種の性能・装備の向上に対応した練習機です

初等練習機であるT-3は、航空自衛隊の主要装備機種であるF-15F-4F-1C-1などの各種性能装備の向上に対応した練習機です。また、飛行環境現状将来動向にも対応した練習機として、昭和50年採用決定されました。なお、T-3の後継機として新初等練習機T-7選定されています。

分類初等練習機
乗員2人
全幅10.00m
全長8.04m
全高3.02m
自重 1.136kg
エンジン1基
名称IGSO-480-A1F6
過給器
出力最大出力 340hp
連続最大出力 320hp
全備重量 約1.8t
性能 
最大速度190kt(360km/h)
実用上限限度 8,200m
最大航続距離500nm(約1,000km)

【T-3】(てぃーすりー)

富士T-3
富士重工業1970年代開発・製作し、航空自衛隊使用していたレシプロ初等練習機
航空自衛隊発足当時から使われていたT-34メンター練習機航続力高高性能が不足したため、それらを改善した後継機として開発された。
コスト抑制のためT-34との部品共通性重視しつつ、大型燃料タンクや、KM-2採用された過給機を採り入れたものである

原型はKM-2Bと呼ばれていたが、制式名はT-3となった。
50生産され、静岡県静浜基地山口県防府北基地配備された。

後継機として本機ターボプロップ化したT-7登場本機2007年4月23日最終飛行行い引退した。

スペックデータ


トリヨードチロニン

分子式C15H12I3NO4
その他の名称:トリヨード-L-チロニン、トレシトープ、L-リオチロニン、L-Triiodothyronine、Triiodothyronineリオチロニン、L T-3、T-3、Tresitope、Liothyronine、L-Liothyronine、トリヨードチロニン、3,5,3'-Triiodothyronine、3,3',5-Triiodothyronine、Liothyronin、T3amino acid】、Triiodo-L-thyronine、3,5,3'-トリヨードチロニン、3,3',5-トリヨードチロニン、L-トリヨードチロニン、3-[4-(4-Hydroxy-3-iodophenoxy)-3,5-diiodophenyl]-L-alanine、T3アミノ酸】、T3、D3amino acid】、トリヨードサイロニン、3,5,3'-トリヨード-L-チロニン、L-T-3、3,3',5-トリヨード-L-チロニン、3,3',5-Triiodo-L-thyronine、3,5,3'-L-トリヨードチロニン、3,5,3'-L-Triiodothyronine、L-3,5,3'-トリヨードチロニン、L-3,5,3'-TriiodothyronineL-T3、3,3',5-L-トリヨードチロニン、3,3',5-L-Triiodothyronine、O-(3-Iodo-4-hydroxyphenyl)-3,5-diiodo-L-tyrosine、3,5,3'-Triiodo-L-thyronine、O-(3-Iodo-4-hydroxyphenyl)-3,5-diiodotyrosine
体系名:3,5-ジヨード-O-(4-ヒドロキシ-3-ヨードフェニル)-L-チロシン、(S)-3-[4-(4-ヒドロキシ-3-ヨードフェノキシ)-3,5-ジヨードフェニル]-2-アミノプロピオン酸、3,5-ジヨード-O-(4-ヒドロキシ-3-ヨードフェニル)チロシン、(S)-2-アミノ-3-[4-(4-ヒドロキシ-3-ヨードフェノキシ)-3,5-ジヨードフェニル]プロピオン酸、O-(4-ヒドロキシ-3-ヨードフェニル)-3,5-ジヨード-L-チロシン、3-[4-(4-ヒドロキシ-3-ヨードフェノキシ)-3,5-ジヨードフェニル]-L-アラニン、O-(3-ヨード-4-ヒドロキシフェニル)-3,5-ジヨード-L-チロシン、O-(3-ヨード-4-ヒドロキシフェニル)-3,5-ジヨードチロシン


トリヨードチロニン

英訳・(英)同義/類義語:T3 , triiodothyronine, triiodothyronine

甲状腺ホルモンで、チロキシン(T4)から1原子ヨード脱離させて作られる。

t-3


T3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/21 14:57 UTC 版)

T3,T-3


T-3 (練習機)

(T-3 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/22 00:18 UTC 版)

富士 T-3

富士T-3初等練習機

富士T-3初等練習機

T-3は、航空自衛隊レシプロエンジン単発の初等練習機パイロットが最初に訓練するために乗る事を目的とした機体。富士重工業が製造した。30年間近くパイロット育成に使用され、2007年平成19)4月23日に退役した。

導入経緯

航空自衛隊は発足以来、初等練習機としてT-34Aを使用していたが、老朽化してきたために新型機を必要とした。当時、富士重工は自社のKM-2海上自衛隊練習機)をベースとして、航空自衛隊の要求に合わせてタンデム(縦列)複座とした試作機KM-2B(JA3725)を製作、1974年昭和49)9月26日に初飛行した。1976年(昭和51)に入間基地で行われた航空祭で展示飛行し、10秒以上にわたる背面飛行を行うなど、性能の高さを実証した。当初、民間機として発表されたKM-2Bを、富士は航空自衛隊のT-34後継として提案した。初等練習機の装備を施したKM-2改1978年(昭和53)1月17日に初飛行し、航空自衛隊によって制式採用され、T-2に続く3番目の国産練習機として、T-3と名づけられた。3月から量産機を納入、1982年(昭和57)までに50機が生産された。

静浜基地防府北基地に配備され、パイロットの育成に使用されたが、2003年(平成15)から後継機として富士T-7の導入が進められ、平成16年度に防府北基地でのT-3による教育が終了、2007年(平成19)2月22日に静浜基地での教育も終了した。静浜で最後まで使用された3機の機体のうち、2機は岐阜基地の飛行開発実験団へ引き渡され、岐阜基地の1機と共に業務に使用されたが、この3機も同年4月23日に退役した。岐阜で最後まで使用された初号機(81-5501)は静浜基地で静態保存されている。

T-7は燃料の効率利用のためターボプロップエンジンを採用しており、T-3の退役により自衛隊からレシプロの固定翼機が消えた。

用途廃止された1機がOH-6Dと共に金沢工業大学航空システム工学科の教材としてキャンパスに展示されている。

機体

展示されるT-3

エンジンを機首に搭載し、主翼は低翼配置の一般的な機体である。価格を抑えるために、極力T-34との部品の共通化を行っているが、それでも時代の要請に合わせ、特に高空性能や航続距離の改善を行っている。具体的には、スーパーチャージャー付きのレシプロエンジンの強化、燃料タンクの増設などである。

また、先に作られたKM-2とは違い、航空自衛隊戦闘機に合わせた縦型(タンデム)複座とし、中等練習機に移行した際の違和感を排除している。このため、外観はKM-2と同じハーツェル製3枚プロペラを除くと、T-34とほぼ変わりが無いが、自社の小型民間機FA-200の技術も一部流用されるなど、内容的には異なる部分もある。

非常事態用の射出座席は備えられておらず、パラシュートを使った脱出の際はキャノピーを開き、翼端まで走るように説明書で指示されている。あるいは、背面飛行を行いながらキャノピーを開き、そのまま落下して脱出することとなる。なお全機損失することなく退役したので、最後までこの脱出方法を実践した者はいなかった。

配備基地

スペック

  • 乗員 - 2名
  • 全長 - 7.9m
  • 全幅 - 10.0m
  • 全高 - 2.9m
  • 空虚重量 - 1.1t
  • エンジン - ライカミングIGSO-480(レシプロエンジン) 1基
  • 出力 - 340hp
  • 最大速度 - 340km/h=M0.28
  • 航続距離 - 963km
  • 実用上昇限度 - 8,200m

関連項目

外部リンク





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

T-3のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

STOVL

UH-60J

T尾翼

U-4

ウォークダウン

U-125A

STOL

T-4





T-3のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空自衛隊航空自衛隊
Copyright(C) JASDF All Rights Reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのT3 (改訂履歴)、T-3 (練習機) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS