SCMとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > SCMの意味・解説 

サプライチェーン・マネジメント(さぷらいちぇーん・まねじめんと)(SCM)

supply-chain management

商品製造から販売に至る過程を、コンピューター管理するシステムだ。無駄のない合理的な生産を可能にする。資材供給から製造物販売のすべてをコンピュータ管理する。

まず、過去業務データ基づいてコンピューター需要計算する。そうすると、必要な生産量予測することができる。

これに基づき確実に売れる分だけ、原材料仕入れ製造供給する。供給過剰在庫過剰を防ぐことができる。

(2000.08.13更新


SCM

読み方サプライ・チェーン・マネジメントエス・シー・エム
【英】:Supply Chain Management

SCMは、直訳すると「供給連鎖管理」である。商品最終的消費者に届くまでには、小売業卸売業メーカー、更に部品メーカー原材料供給業者などの複数企業が関わっており、これらが鎖状に繋がっている。これが「供給連鎖」である。
そしてこれまで企業の中だけで取り組まれてきた物流効率化ではなく商品供給関わる複数企業が一企業を超えて供給連鎖全体管理する考え方がSCMである。

これまでのSCMの展開としては、加工食品業界におけるECRefficient consumer response)や、繊維業界におけるQRquick response)が実践されてきた。

また、SCMの成功事例としては、デルコンピュータ社はITを駆使した生産・物流・販売情報一元化により同業他社にくらべ格段に短い在庫日数と高い在庫回転率達成し、世界有数のパソコンメーカーとなった。

SCMは、このようにモノ作りから販売までの最適化を、生産スケジューリング技術需要予測最適化技術などの数理工学インターネットはじめとする情報技術駆使して行うものである

サプライチェーンマネジメント」とは、エンドユーザーから最初サプライヤーにわたり、カスタマーステークホルダーに対して付加価値与え主要なビジネスプロセスインテグレートすることである」(出典マーサ C.クーパーダグラス M.ランバート,ジャヌス D.パフ,"Supply Chain Management:More Than a New Name for Logistics," The International Journal of Logistics Management,Vol.8,No.1,1997,p.2.)という最近米国での定義にも見られるように、SCMの対象範囲ロジスティクス範囲にとどまることなく、かなり広範囲なものとして認識されつつある。

SCM


サプライチェーン・マネジメント

【英】SCM

商品企画部材の手配から始まり製造販売にいたるまでの商品情報流れサプライチェーンである。サプライチェーンのなかで、企業組織の壁を超え、ひとつのビジネス・プロセスとして情報資源共有し、サプライチェーン全体最適達成ようとする管理手法である。

サプライチェーン・マネジメント

【英】:SCM, Supply Chain Management

市場需要動向合わせ商品供給システムである。需要情報合わせて最適なときに最適な量だけ生産供給物流をすることにより、過剰在庫発生欠品による機会損失極小化して、キャッシュフロー効率上げることにもつながる。これらを実現するためには、1企業を超えて、商品供給連鎖上にある企業群が供給連鎖全体として管理する。SCMは、インターネットなどITの発達によって導入が容易となった。

SCM

フルスペル:Supply Chain Management
読み方エスシーエム
別名:サプライチェーンマネジメント供給連鎖管理

SCMとは、製造から販売までの工程における情報を、組織企業をまたいで共有することによって、効率化コスト削減などを推進する経営手法のことである。

一般に製品消費者の手に届くまでには、資材原材料などのを供給するサプライヤー、そしてそれらを加工製造するメーカーまた、商品流通させる物流業者、加えて卸売業者小売業者などといったところを通過して来る。そこで、SCM(サプライチェーンマネジメント)では、これらの一連の流れ関わる企業組織が、多く情報共有することで、一連の流れ効率化コスト削減を図る。


SCM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/09 05:58 UTC 版)

SCM

  1. クロームモリブデン鋼鉄鋼材料の1つ)の記号であり、その略称。ニッケルクロムモリブデンなどを添加した合金鋼
  2. Scheme インタプリタの一つ。作者はオーブリー・ジェファー(Aubrey Jaffer)など。
  3. サプライチェーン・マネジメント: supply chain management)の略語。商品の生産・物流・販売までの業務を管理する手法。
  4. 副搬送波多重通信(: sub-carrier multiplexing)の略。光通信方式の一つ。複数の搬送波を光強度変調する方式。
  5. ソースコードマネージメント(: source code management)の略。⇒バージョン管理システム
  6. シッピング・カートン・マーキング(: shipping carton marking)の略。物流において梱包に表示を行って出荷すること。またそのラベルのこと。バーコードCODE-128が使われる。
  7. 走査型容量顕微鏡(: scanning capacitance microscope)の略。
  8. ソフトウェア構成管理: software configuration management)の略。
  9. 波形メモリ音源の再現を中心とするX680x0用のソフトシンセ環境。
  10. 米韓安保協議会議 (Security Consultative Meeting)
  11. 学生キリスト教運動 (Student Christian Movement) 昭和時代初期(戦前期)においてキリスト教主義学校教師ならびに学生(特に大学生)を中心に行われた信仰活動。および、それを基盤に置いて周辺地にて行われた地域社会(福祉)活動。ほぼ同時期に関東(東京都)と関西(京都市大阪府神戸市)での、それぞれ独立した活動が見られた。内省的信仰活動を含むため、両地間の連携は行われず、全国的なムーブメントへの発展は無かった。東京(関東)側は菅円吉が、京都・大阪・神戸(関西)側は、中島重賀川豊彦の両名が、それぞれに指導的役割を果たした。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「SCM」の関連用語

SCMのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ideapad Miix 320

hTc Z

GALAXY Note SC-05D

WT310/C

Microsoft PixelSense

PlayStation 3

ARROWS X F-02E

LEVI SOUND





SCMのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2017 時事用語のABC All Rights Reserved.
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2017by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
日通総合研究所日通総合研究所
Copyright (c)2017 Nittsu Research Institute and Consulting,lnc.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリSCMの記事を利用しております。
イプロスイプロス
COPYRIGHT © 2001-2017 IPROS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED
モノシリ
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2017 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSCM (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS