S端子とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 通信技術 > 端子 > S端子の意味・解説 

S端子

S端子 イメージ画像 S端子 ジャック イメージ画像  
映像輝度信号色信号分けて伝送する高画質なS端子プラグS1S2などと表記されている端子にも使用可能で、その場合には画面サイズ自動切換に対応します。「S」はセパレート頭文字

S端子 (Separate Terminal)

コンポジット映像信号接続には黄色ピン端子(RCAピンジャック)が使われるが、輝度信号色信号をY/C分離して別々に接続するセパレート端子がS端子である。ドット障害クロスカラー障害が起きにくくなり斜めの解像度が向上し画像がより鮮明になる。

S端子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/09 19:02 UTC 版)

S端子(エスたんし)とはテレビVTRなどで用いられる映像信号入出力用接続コネクタとその信号の規格の1つであり、Sはセパレート (Separate) の略である[1]。セパレート端子、S1/S2映像出力、S1/S2映像端子、S1 (S) 映像、Sビデオ、S映像など様々な表記法がある。 信号は、アナログ信号である。




  1. ^ 地上デジタル放送何でもQ&A「S端子/S映像端子」って何ですか?パナソニック株式会社
  2. ^ ED Betaの開発当初にはまだS端子は存在していなかったため、SONYはRGB端子の採用を検討していた。結局、先行して発売されたS-VHSに採用されたS端子の有効性を認め、SONYもそれに追随した。
  3. ^ 特にBDプレーヤーは高級機でもS映像出力出来ない製品が増えている。
  4. ^ プロスペック製「DVE795」エスケイネット製「DAC-10」トムソン・カノープス製「ADVC-700」 - ウェイバックマシン(2010年12月5日アーカイブ分)、プランテック製「CRX-9000」 - ウェイバックマシン(2013年12月24日アーカイブ分)、エスケイネット製「Pure-D」などがある。
  5. ^ なおDVDレコーダーBDレコーダーは2011年現行モデルでも従来通りS2/S1入出力端子を搭載している。
  6. ^ これに加え、2014年以降の新機種は著作権が保護されたコンテンツのアナログ出力が不可となる。
  7. ^ Y/C分離のYはYxy表色系で明るさをあらわすYから、またCはギリシャ語で色彩をあらわすChromaから採られたと言われる。
  8. ^ メスコネクターには、よりピン数の多い6ピンや7ピンのmini DINコネクタを使用してコンポーネント映像出力もできるようにしたビデオカード専用のものも存在する。S端子として使用するときは4ピンのS端子ケーブルを使用できるがコンポーネント映像端子として使用する場合は同梱の変換ケーブルが必要な場合が多い。


「S端子」の続きの解説一覧

S端子

出典:『Wiktionary』 (2009/06/22 12:26 UTC 版)

名詞

S端子エスたんし)

  1. セパレート(Separate)映像端子の略。映像信号が、輝度信号白黒映像信号)と色信号分離して伝送されるもので、干渉によるのにじみやチラつきが起き難い。





S端子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

S端子に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「S端子」の関連用語

S端子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

丸形光ミニプラグ

4極ミニプラグ

ピンプラグ

モノラル標準プラグ

3Pコネクタ

MIDIプラグ

キャノンタイプコネクター

φ2.5 3極プラグ





S端子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
オーディオテクニカオーディオテクニカ
(C)2016 audio-technica corporation. All rights reserved.
サラウンドWebサラウンドWeb
Copyright Japan Audio Society All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのS端子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、WiktionaryのS端子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS