PHCとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > PHCの意味・解説 

プロポキスル

分子式C11H15NO3
その他の名称:ウンデン、サンシド、バイゴン、サンサイド、センドラン、テンデックス、プロポキスル、ブラテネックス、PHC、IMPC、IPMC、Unden、Baygon、Tendex、Undene、Sendran、Suncide、Propoxur、Blattenex、N-Methylcarbamic acid 2-isopropyloxyphenyl、アプロカルブ、プロポキシロール、ムロウコゾール、Chemagro-9010、o-INPC、OMS-33、Propoxure、ダルフダスト、ENT-25671、ブラットセプ、スンシデ、ボルホ50、Aprocarb、Approcarb、ボルホ、ツゴンフリ-ゲンクーゲル、Invisi-gard、BAY-5122、BAY B-5122、Propotox、Bifex、BAY-39007、Brygou、Blattanex、BAY-9010、Boygon、ビフェックス、ボイゴン、ブリゴウ、ブラッタネックス、アップロカルブ、プロポクスル、インビシ-ガード、Methylcarbamic acid o-isopropyloxyphenyl ester、Methylcarbamic acid 2-isopropyloxyphenyl ester、N-Methylcarbamic acid 2-isopropyloxyphenyl ester、PHC剤、アルプロカルブ、Arprocarb、Methylcarbamic acid 2-(1-methylethoxy)phenyl ester、N-メチルカルバミン酸-2-イソプロピルオキシフェニル、N-Methylcarbamic acid-2-isopropyloxyphenyl、Methylcarbamic acid 2-isopropoxyphenyl ester、Bolfo、Boruho 50、Mrowkozol、Propoxylor、Dalf Dust、Blattosep
体系名:メチルカルバミド酸2-イソプロピルオキシフェニル、N-メチルカルバミド酸2-イソプロピルオキシフェニル、メチルカルバミド酸o-イソプロピルオキシフェニル、メチルカルバミド酸2-(1-メチルエトキシ)フェニル、メチルカルバミド酸2-イソプロポキシフェニル


プロポキスル

農薬PHC
和名orISO名[商品名]プロポキスル(propoxur
分子式C11H15NO3
用途殺虫剤衛生害虫用)
LD50(ラット)/g kg-10.083
LD50(マウス)/g kg-10.037
劇毒区分劇物1%以下は指定なし)
ランク
有機210
無機255
農薬登録(1996年時点)1964年登録(日本)/承認ISO
その他特にゴキブリ殺虫剤として使用
分子データ
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

プライマリ・ヘルス・ケア

【英】:Primary Health Care, PHC

 1970年代後半に、世界保健・医療におけるアクセス改善公平性住民参加予防活動重視などの実現求めて形成された理念つ方法論1978年アルマ・アタ宣言基礎に、’Health for All by the Year 2000’(2000年までにすべての人に健康を)が目標とされた。一義的にはPHCは途上国開発課題として構想された面があり、その意味では、BHNBasic Human Needs)や「もう一つ開発」など、近代化論による開発弊害への反省に立った、第二世代開発論と言えるが、それ以外に、世界人権宣言(1948)や国連社会権規約(1966)に謳われた「人権としての医療」の思想を継ぐものであるまた、CBR地域リハビリテーション)や参加教育法PRAなど)との交流相互啓発を見逃すこともできない先進国でも、西欧諸国カナダオーストラリアなどは、PHCを、地域医療効率的運用し、公正なアクセス実現する意味で、重視してきた経緯がある。日本においても、戦後長野県佐久病院などの農村地域試みられてきた、予防重視住民参加保健活動は、PHCのモデルとなった。PHCは、2000年までという目標達成できなかったという意味で、批判を浴び、また早くも1979年には「選択的PHC」が暫定戦略(Interim Strategy)としてWalshらにより提唱され、理論的にも現場レベルでも論争混乱を招いた。しかし、WHOやPAHOは、21世紀世界保健課題達成する上で改めてPHCの遺産肯定的に捕らえ、取り組む姿勢示している。(本田徹)

参考URL:「PAHO 2003年アメリカ大陸におけるPHC−25年間教訓挑戦
http://www.paho.org/English/GOV/CE/ce132-13-e.pdf

プライマリ・ヘルス・ケア

(PHC から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/19 15:37 UTC 版)

プライマリ・ヘルス・ケア(Primary Health Care、略称:PHC)は、1978年カザフスタンアルマ・アタ(現:アルマトイ)で開かれた世界保健機関国際連合児童基金による合同会議における宣言文、アルマ・アタ宣言で初めて定義づけられた[1]




  1. ^ WHO 1978.
  2. ^ WHO 1978, Declaration: VII.5.
  3. ^ WHO 1978, Declaration: VII.4.
  4. ^ Walsh JA, Warren KS, Selective primary health care: an interim strategy for disease control in developing countries. NEJM.301:967-974,1979.
  5. ^ JohnW.Saultz,TextbookofFamilyMedicine(NewYork,McGraw-Hill,2000)


「プライマリ・ヘルス・ケア」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

PHCに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「PHC」の関連用語

PHCのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ガットナイフ

クシモトミドリガイ

籾摺機

シロモジ

おり

屋久島宮之浦岳流水

カスモサウルスの一種

美保関灯台





PHCのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
日本国際保健医療学会日本国際保健医療学会
Copyright (C) by Japan Association for International Health. All rights reserved,2017.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプライマリ・ヘルス・ケア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS