PCM-24デジタル伝送装置とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > 富士通製品一覧 > PCM-24デジタル伝送装置の意味・解説 

PCM-24デジタル伝送装置

PCM-24デジタル伝送装置

電話発明されてから長らくの間、電話局の間をつなぐ伝送路には、アナログ回線が使われていました。アナログ回線では、音の強弱高低伝えます。この方式には雑音影響そのまま受けるという欠点があったため、音声伝送装置デジタル変換してから流す「パルス符号変調PCM)」という方式1950年代後半から研究されていました。

PCMに対応した伝送装置には、省電力化が必須です。それに適した部品である「トランジスタ」の実用化とともに装置研究加速してゆき、富士通1966年消費電力従来品の半分程度抑えた「PCM-24 デジタル伝送装置」を電電公社納入しました。当時は「周波数分割多重」という方式アナログ伝送装置主流でしたが、そこに次世代主役デジタル伝送装置登場させたのです。

この製品きっかけ富士通は「PCM-16M/100M/400M」や「DM12/23/34/45」などさまざまなデジタル伝送装置を手がけ、電話網長距離化とデータ通信構築貢献しました。この技術は後にCD-ROM信号処理など一般消費者向け製品にも広く使用されることとなります。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

PCM-24デジタル伝送装置のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

FACOM V830

FACOM M-380モデルグループ

OASYS POCKET2

4号電話機

OASYS 70DP-S

D70形デジタル電子交換機

FACOM 138A

FACOM 222





PCM-24デジタル伝送装置のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
富士通富士通
Copyright 1994 - 2017 FUJITSU

©2017 Weblio RSS