NTTコミュニケーションズとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > 企業・法人 > 企業・法人 > 千代田区の企業 > NTTコミュニケーションズの意味・解説 

NTTコミュニケーションズ株式会社

電気通信事業

 [法人お客さま向けサービス
 ・お客さま経営課題解決するソリューションの提供
  次世代Webコミュニケーションブロードバンド映像コミュニケーション
  モバイル・ユビキタスコミュニケーション、コンタクトセンターCRMコミュニケーション
  グローバルワンストップソリューション、トータルセキュリティソリューション
  アウトソーシング/サーバオペレーション、ネットワークオペレーション、等
 ・国内外IPネットワークデータ通信サービス
 ・データセンターコロケーションホスティング
 ・国内国際電話フリーダイヤルナビダイヤルIP電話電話会議サービス、等

 [個人お客さま向けサービス
 ・ISPサービス/IP電話サービス映像音楽各種コンテンツ配信サービスオンラインストレージサービス
 ・国内国際電話サービス

事業区分 通信サービス インターネットサービス
代表者 和才博美
本社所在地
東京都 千代田区内幸町 1丁目1番6号
企業URL http://japan.zdnet.com/company/20012423/
設立年月日 1999年07月01
上場区分 非上場
従業員数 8,700
子会社・関連会社 NTTレゾナント,NTTPCコミュニケーションズ,ぷららネットワークス,オン・デマンド・ティービー,NTTビズリンク
決算期 3月
資本金 211,700,000,000
売上高 1,145,400,000,000
経常利益 77,800,000,000


※「ZDNet Japan 企業情報に関するお問い合わせこちら

NTTコミュニケーションズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/05 13:51 UTC 版)

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(NTTコミュニケーションズ、英語: NTT Communications Corporation)は、日本の大手電気通信事業者で、NTT子会社である[注釈 1]。通称「NTTコム」であるが、NTTグループには「NTTコムウェア」という会社もある。




  1. ^ 正式名称は「エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社」(法人番号: 7010001064648)である。日本電信電話株式会社 第31期 有価証券報告書4〜5ページ、10ページを参照。
  2. ^ 国際電話事業については、再編以前からエヌ・ティ・ティ国際ネットワーク株式会社によって国際電話事業の準備がされており、同社によって参入予定があったが、グループ再編後に当社によって吸収合併され、結果、当社によってサービス提供開始した経緯がある。
  3. ^ NTT法が適用されない民間会社ではあるが、「国が資本金を出資したものが更に出資しているもの」として、会計検査院の選択的検査対象となっている。国が資本金を出資したものが更に出資しているものの会計


「NTTコミュニケーションズ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「NTTコミュニケーションズ」の関連用語

NTTコミュニケーションズのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ミアジル鉱

LPGタンカー

KTR700型

BRUTALE-910S

原子炉格納容器

おれんじ九州

旋盤加工

チャイロサンゴヤドカリ





NTTコミュニケーションズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのNTTコミュニケーションズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS