NOAHとは?

ノア

ノア

 SiSG
 “サイドリフトアップ
シート装着車”
  
8人乗り7人乗り8人乗り8人乗り
3ナンバー5ナンバー
車両型式重量性能
2WDDBA-
ZRR70W-
ARXSP
DBA-
ZRR70W-
APXSP
DBA-
ZRR70W-
ARXTK
DBA-
ZRR70G-
ARXGK
4WDDBA-
ZRR75W-
ARXSP
DBA-
ZRR75W-
APXSP
DBA-
ZRR75W-
ARXTK
DBA-
ZRR75G-
ARXGK
kg
1,590[1,6701,650[1,7301,580[1,6701,590[1,650
kg
2,030[2,1102,035[2,1152,020[2,1102,030[2,090
最小回転半径m
5.5
燃料消費率
10・15モード走行
国土交通省審査値)
km/L
14.2[13.4]14.2[13.4] 13.4[12.6]13.4[12.6]
主要燃費向上対策自動無段変速機CVT)、電動パワーステアリング可変バルブタイミング(吸・排気)、充電制御
寸法
全長mm
4,6304,595
全幅mm
1,7201,695
全高mm
1,850[1,8751,850[1,875
ホイールベースmm
2,8252,825
トレッド
mm
1,5001,480
mm
1,475
1,470*5[1,475
最低地上高mm
165160165160
室内
mm
2,9702,970
mm
1,4851,485
mm
1,350*6
1,350
1,350*6
1,340*7[1,350
エンジン
型式3ZR-
FAE
3ZR-
FE
種類水冷直列4気筒DOHC水冷直列4気筒DOHC
使用燃料無鉛レギュラーガソリン無鉛レギュラーガソリン
総排気量L
1.9861.986
内径×行程mm
80.5×97.680.5×97.6
圧縮比10.010.0
最高出力 <ネット>kW [PS] /r.p.m.
116158)/6,200114155)/6,200105143)/5,600103140)/5,600
最大トルク <ネット>N・m [kg・m] /r.p.m.
196(20.0)/4,400192(19.6)/4,400194(19.8)/3,900190(19.4)/3,900
燃料供給装置EFI電子制御式燃料噴射装置EFI電子制御式燃料噴射装置
燃料タンク容量L
6060
■ステアリング・サスペンション・ブレーキ
ステアリングラック&ピニオンラック&ピニオン
サスペンションマクファーソンストラットコイルスプリングスタビライザー付)マクファーソンストラットコイルスプリングスタビライザー付)
トーションビーム式コイルスプリングスタビライザー付)トーションビーム式コイルスプリングスタビライザー付)
ブレーキベンチレーテッドディスクベンチレーテッドディスク
後[2WDディスク
後[4WDディスク ディスク
トランスミッション変速比減速比
トランスミッションSuper CVT-
i(自動無段変速機
[7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付]
Super CVT-
i(自動無段変速機
前進2.396〜0.428
後退1.668
減速比5.470[5.791]

*7 ツインムーンルーフをメーカーオプション装着した場合は、1,320mmとなります。
*8 ロングスライドマルチ回転シートメーカーオプション装着した場合は1,340mmとなります。
★印の車両は、自動車グリーン税制適合車です。ご購入時に自動車取得税軽減措置が受けられます。(平成22年3月31日まで)また、ご購入時の翌年度自動車税について軽減措置が受けられます(平成22年3月31日までの新車登録車対象)。詳しく販売店おたずねください
燃料消費率定められた試験条件のもとでの値です。実際走行時には、この条件気象道路車両、運転、整備等の状況)が異なってきますので、それに応じて燃料消費率異なります。
*1 X“L Selection”の車両型式末尾には(L)が付きます。
*2 メーカーオプション装着により重量増加します。ツインムーンルーフは20kg、ロングスライドマルチ回転シートは20kg、パワーバックドアは10kg、SRSサイドエアバッグSRSカーテンシールドエアバッグは10kg、リヤオートエアコンは10kg(YYは20kg)、リヤクーラーは10kg、HDDナビゲーションシステムは10kgそれぞれ増加します。
*3 “L Selection”は10kg増加します。デュアルパワースライドドアをメーカーオプション装着した場合、10kg増加します。(“L Selection”を除く)
*4 デュアルパワースライドドアをメーカーオプション装着した場合は、10kg増加します。
*5 S-VSCをメーカーオプション装着した場合ディスクブレーキになります。また、リヤのトレッドは1,475mmとなります。
*6 ツインムーンルーフをメーカーオプション装着した場合は1,310mmとなります。また、セカンドシート・ロングスライドマルチ回転シートメーカーオプション装着した場合は1,340mmとなり、さらに、ツインムーンルーフをメーカーオプション同時装着した場合は1,320mmとなります。
(注:この情報2008年7月現在のものです)

タウンエース/ タウンエース・ノア/ ノア

英語 TownaceTownace noah; Noah

英語のtown(町・都会)と、トヨエースハイエースなどのace(第一人者、最も優れたもの、切り札)を結び付け合成語ライトエースとは双生児車の関係。このクルマ1976年10月スタートしたが、当時主力モデルバン仕様だった。もちろん乗用ワゴンタイプもあり、8名乗車が可能でレジャー用途に適していたことから、好セールス記録ヒット作となった。

82年11月フルモデルチェンジ、2代目となった。ホイールベースが2195mmから2235mmになり、エクステリアでは角2灯のヘッドランプ新型特徴付けた。エンジンは1.8L、ミッションOD付き4速Tだった。83年4月に2Lディーゼルエンジンを、5月にはガソリン燃料噴射タイプ2Lエンジン加えた。85年8月ガラス製スカイライトルーフを新設。チルトアップ、脱着機能付きだった。室内ではサードシートを左右分割折りたたみ式スペースアップタイプに変えた。この時、2Lディーゼルエンジン性能アップを図り、同時にターボ仕様追加10月パートタイム4WD設定。2LガソリンエンジンEFI仕様グレードアップした。

86年8月、2列シートで、2列めシート折りたたみ荷室広くできるモデル設定4WD仕様最上級グレードにも2Lガソリン車新設87年8月ディーゼルエンジンをすべてターボ仕様換装した。88年8月マイナーチェンジによってフロントとリヤのスタイルを変え、室内ではシート形状表皮変更サスペンションコンピューター制御TEMS仕様切り換えた。89年8月2WDディーゼルターボ車に新グレード追加

93年8月、2Lディーゼルエンジンを、2.2L・3C-T型にアップした。同時に4WDのフィールドツアラーを設定95年8月、新色のボディカラー追加室内ではシート/トリム生地変更した。

96年10月ライトエースとともにフルモデルチェンジノアのサブネームが付いた。ノアとは、ノアの方舟の、古代イスラエル族長の名前と同じだが、やさしい語感の人名由来した。キャブオーバータイプの1ボックスから、ミニバンタイプヘと大きく変わった5ナンバーサイズの4ドアボディで、ノーマルルーフと背の高いスペーシャスルーフがあった。エンジン直4・2Lと、2.2Lディーゼルターボの2種。3列シートの6/7/8人乗り

98年12月フロント関連グリルバンパーフェイスリフト行い室内では最前部からサードシートまでのウォークスルー実現した。エンジン関係では、従来ディーゼル新開発インタークーラー電子制御燃料噴射採用排ガス中の粒子状物質低減をはかった。NAの2Lエンジンも新ATとの組み合わせ燃費改善した。このとき、外観専用エアロパーツなどでドレスアップしたロードツアラーというモデル設定

2001年11月ノアとして新しく生まれ変わった5ナンバーサイズミニバンで、駆動方式FRからFF変更し、低床、フラット化をはかった。ホイールベースが+110mmの2825mm、全長+85mmの4560mmと延びオーバーハング縮小した関係でゆとりの室内空間確保した。両側スライドドア採用して乗降性もよくなった。エンジンは2L直4D-4タイプフロントに横置きする。ミッションコラム式4速ATだけ。駆動方式FFとアクティブコントロール4WDEBD付きABSブレーキアシスト運転席助手席SRSエアバッグなど安全装備充実する。ネッツトヨタ店用のヴォクシー兄弟車

2002年8月装着率の高いオプション装備品ディスチャージヘッドランプやスライドドアイージークローザーなどを標準設定したモデル3タイプ追加ラインアップ充実をはかった。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ノア 【Noah】

旧約聖書創世記』六章以下の洪水伝説中の主人公。ノアは「休息」の意。人類堕落がもとで起きた大洪水に、方舟に乗って難を免れるよう神に命ぜられ、新し契約を授かって、アダムより一〇代目に当たる人類第二祖先になったという。大洪水は神が悪を根絶ようとして起こしたもので、ノアは神の恩恵得て方舟を製作し、家族や各動物一つがいと共に乗り難を避けアララト山漂着たとする。ノアは義人だとの説と、そうでなく、ただの人との見方もある。ノアの子三人のセム・ハム・ヤペテからセム族ハム族・エーゲ海地方の諸民族が広まったとする

Noah

名前 ノアノーアノアー

ノア (聖書)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/31 04:59 UTC 版)

(NOAH から転送)

箱舟の建設を指揮するノア

ノアヘブライ語: נוֹחַ Nóaḥ, נֹחַ Nōªḥ‎、ギリシア語: Νώε, ラテン語: Noe, アラビア語: نوح‎ Nūḥ)は、旧約聖書・『創世記』5章〜10章に登場するノアの方舟(箱船)で有名な人物。創世記の記述に従うならば、すべての人類の祖先ということになる。

キリスト教正教会では「ノイ」と呼ばれ、聖人とされている[注釈 1][1][2][3][4]

イスラム教においては「ヌーフ」と称され、アブラハム(イブラーヒーム)、モーセ(ムーサー)、イエス(イーサー)、ムハンマドと共に五大預言者のうちの一人とされる。聖典「クルアーン(コーラン)」にも「ヌーフ章」という名称で、単独で記述がなされている。

旧約聖書中『創世記』にみるノアの物語

旧約聖書創世記に記された物語の概容を(主、神といった表記も聖書に則りつつ)記す。

洪水まで

ノアの父はセトの子孫であるレメクであった(カインの子孫であるレメクと同名であるが別人)[注釈 2]。ノアは500歳で息子セムハムヤペテ(ヤフェト)をもうけた[5]

人が増えその娘も生まれた。神の子たち[注釈 3]が娘の魅力に惹かれ、選んだものを自分の妻とした[注釈 4][6]

そこで主「私のルーアハは長く人の中にはとどまらない。彼は肉にすぎないのだ。彼の歳は120年だろう。」と言った[7]。またその頃もその後もネフィリム(単数形“ネフィル”)(慣習では「巨人」と訳されている)が生まれた。彼らは昔の勇士、有名人であった[8]

主は地上に増え始めた人々が悪を行っているのを見て、心を痛め、人も獣も這うものも空の鳥までもぬぐい去る、これらを造ったことを悔いると言った[9]。しかし「その時代の人々の中で正しく、かつ全き人」「神と共に歩んだ」とされたノアとその家族、および動物(鳥なども含む)は生き延びさせるよう、ノアに箱舟の建設を命じた[10]

箱舟はいとすぎの木でつくられ、3階建てで内部に小部屋が多く設けられていた[11]

洪水

ノア(当時600歳)は箱舟を完成させると、「子らと、妻と、子らの妻たち」、および「すべての生き物…それぞれ二つずつ」と神から命じられた通りに[12]、自分の妻と、三人の息子と、三人の息子それぞれの妻たち(ノアを含め計8人)と[13]、すべての動物のつがい(清い動物「家畜」は7つがいずつ[14])を箱舟に乗せた。

大洪水は40日40夜続き、地上に生きていたもの全てを滅ぼしつくした[15]。水は150日の間増え続け、その後箱舟はアララト山の上にとまった[16]

40日後にノアはを放ったが、とまるところがなく帰ってきた[17]。さらにを放したが、同じように戻ってきた[18]。7日後、もう一度鳩を放すと、鳩はオリーブの葉をくわえて船に戻ってきた[19]。さらに7日たって鳩を放すと、鳩はもう戻ってこなかった[20]

それによりノアは水がひいたことを知り、家族と動物たちと共に箱舟を出た[21]。そこで祭壇を築いて焼き尽くすいけにえを神にささげた[22]。ヤハウェはこれに対して、二度と全ての生物を滅ぼすことはないと誓い、ノアとその息子たちを祝福し、そのしるしとして空にをかけた[23]

大洪水後

その後ノアは葡萄を栽培していたが、あるときワインで泥酔して裸で眠ってしまった。ハムは父の裸を見て兄弟たちを呼んだが、セムとヤペテは顔を背けて父の裸を見ずに着物で覆った(見るなのタブー)。ノアはこれを知るとハムの息子カナンを呪い、カナンの子孫がセムとヤペテの子孫の奴隷となると予言した(創世記9章18節-25節)。ノアがなぜハムではなく息子のカナンを呪ったのかは諸説あるが、呪いが血によって子孫に継承されるなら、この時点で既に子であるカナンを残しているハムを呪っても仕方が無く、まだ子孫を残していないカナンを呪ってこそ、以後に生まれてくるカナンの子孫=ハムの子孫は呪われ続けることになるからと考えられる。

創世記によればノアは950歳で死んだとされる。計算の上では10代先の子孫であるアブラハムが生まれた時にはまだ存命であるが(ノアの息子セムに至ってはアブラハムが死んだ時でさえ存命である)、その後の物語には特に登場していない。

創世記の中で、「ノアの物語」を含む天地創造からバベルの塔にいたる物語は原初史といわれ史実を述べているというよりは世界の事物の意味、由来についてのユダヤ的見解を述べている部分と通常は考えられている(枠組み説による)。 また、鳩がオリーブをくわえている図は平和のシンボルとして描かれることがあるが、このノアの物語に由来している。

旧約聖書偽典にみるノアの物語

旧約聖書偽典には正典にはない要素が盛り込まれている。たとえばノアの物語の背景(人の悪)についての件の詳細は偽典『エノク書』、『ヨベル書』に記述されている。

  • エロヒムの息子(偽典『エノク書』、『ヨベル書』では明白に天使グリゴリのこととされている。)
  • nephylymネフィリム(単数形“ネフィル”)(天から地に降りてきた者のこと。偽典では天使と人間の娘の子)

さらに旧約聖書の偽典の『ヨベル書』には次のような記述がある。 第15ヨベルの第3年周にレメクは天使バラクエルとメトシェラの姉妹の間にできた娘ビテノシと結婚しノアが生まれた。第25ヨベルの第5年周の第1年にノアは天使レケエルとレメクの姉妹の間にできた娘エムザラと結婚した。

また同じく偽典『エチオピア語エノク書』には「彼の身体は雪のように白く、またばらの花のように赤く、頭髪、(ことに)頭のてっぺんの髪は羊毛のように白く、眼は美しく(エチオピア語エノク書106:2)」(日本聖書学研究所編 『聖書外典偽典』第4巻 旧約聖書偽典II、教文館、1975年、288頁。)との記述がある。

注釈

  1. ^ 正教会では旧約聖書の義人達も聖人として記憶される。
  2. ^ カインの子孫であるレメクの父はメトシャエル、メトシャエルの父はヤエル(創世記4章18節)。セトの子孫であるレメクの父はメトシェラ、メトシェラの父はエノク(創世記5章21節〜27節)。
  3. ^ ここでの「神の子」が何を指すのかは、見解・議論が分れる。(アダムの子であり、カインとアベルの後に生まれた)セトの子孫であると解釈されることもあるが、天使を指すと解釈されることもある。シリアのエフレムなどの多くの教父、およびトマス・アクィナスは、前者の説を採る。参照:Толкования на Священное Писание На книгу Бытия, 6. — преподобный Ефрем Сирин、およびフェデリコ・バルバロ『聖書』16頁、講談社 (1980/11/25) ISBN 9784061426061
  4. ^ 「神の子ら」がセトの子孫であるとの説の立場から、セトの子孫が罪を増して行ったカインの子孫達と交わったことを示すと解釈されることがある。

参照元

  1. ^ Иконы России: Ной, праотец
  2. ^ Ной, св. праотец; Греция.; XVI в. - православные мастерские «Русская Икона»
  3. ^ Каталог православных икон
  4. ^ Памятник праотцу Ною может появиться в Нахичевани / Православие.Ru
  5. ^ 聖書参照箇所:創世記5章32節
  6. ^ 聖書参照箇所:創世記6章1節〜2節
  7. ^ 聖書参照箇所:創世記6章3節
  8. ^ 聖書参照箇所:創世記6章4節
  9. ^ 聖書参照箇所:創世記6章5節〜7節
  10. ^ 聖書参照箇所:創世記6章9節〜21節
  11. ^ 聖書参照箇所:創世記6章14節〜16節
  12. ^ 聖書参照箇所:創世記6章18節〜21節
  13. ^ 聖書参照箇所:創世記7章7節、7章13節
  14. ^ 聖書参照箇所:創世記7章2節〜3節
  15. ^ 聖書参照箇所:創世記7章17節
  16. ^ 聖書参照箇所:創世記7章24節
  17. ^ 聖書参照箇所:創世記8章7節
  18. ^ 聖書参照箇所:創世記8章9節
  19. ^ 聖書参照箇所:創世記7章11節
  20. ^ 聖書参照箇所:創世記7章12節
  21. ^ 聖書参照箇所:創世記7章13節〜19節
  22. ^ 聖書参照箇所:創世記7章20節
  23. ^ 聖書参照箇所:創世記7章21節〜22節、8章13節〜16節

関連事項

外部リンク


ノア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/20 08:55 UTC 版)

(NOAH から転送)

ノア

NOA

人名
  • ポリネシア語の男性名。
  • ヘブライ語起源の女性名。נועה, Noa(動き)に由来。
組織
音楽
漫画
コンピュータ
  • 名古屋圏運行管理システム - JR東海名古屋地区在来線の運行情報の管理・制御を行うコンピュータシステム。New Operational Automation System。
  • NOAファイル - 動画ファイルの拡張子の一種。
その他

NOAA

NOAH

人物
企業・組織
製品
音楽
映画

NOR

NORE

NOXAH

  • NOXAH - 日本の音楽ユニット。

架空の人物




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

NOAHに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「NOAH」の関連用語

NOAHのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

チャイルドシート使用義務

ポルテ

イプサム

ムーヴ

ショックライン

クラウン アスリート

バフ研摩

カローラ フィールダー


自動車メーカー一覧
トヨタの車種一覧

 ALLION

 ALPHARD

 auris

 AVENSIS SEDAN

 AVENSIS WAGON

 bB

 BELTA

 BLADE

 CAMRY

 Century

 COASTER

 COMFORT

 COROLLA Axio

 COROLLA FIELDER

 COROLLA RUMION

 CROWN ATHLETE

 CROWN COMFORT

 CROWN HYBRID

 CROWN MAJESTA

 CROWN ROYAL

 CROWN SEDAN

 ESTIMA

 HARREIER HYBRID

 harrier

 HILUX SURF

 IPSUM

 ISIS

 ist

 LAND CRUISER

 LAND CRUISER PRADO

 LITE ACE TRUCK

 LITE ACE VAN

 MARKX

 MARKX ZiO

 NOAH

 PASSO

 Porte

 PREMIO

 PRIUS

 Probox VAN

 Probox WAGON

 QUICKDELIVERY200

 RACTIS

 RAUM

 RAV4

 RUSH

 SIENTA

 SUCCEED VAN

 SUCCEED WAGON

 TOWN ACE TRUCK

 TOWN ACE VAN

 VANGUARD

 VELLFIRE

 Vitz

 VOXY

 WISH

 アイシス

 アベンシス セダン

 アベンシス ワゴン

 アリオン

 アルファード

 イスト

 イプサム

 ウィッシュ

 ヴァンガード

 ヴィッツ

 ヴェルファイア

 ヴォクシー

 エスティマ

 エスティマハイブリッド

 オーリス

 カムリ

 カローラ アクシオ

 カローラ フィールダー

 カローラ ルミオン

 クイックデリバリー200

 クラウン アスリート

 クラウン セダン

 クラウン ハイブリッド

 クラウン マジェスタ

 クラウン ロイヤルサルーン

 クラウンコンフォート

 コンフォート

 コースター

 サクシード バン

 サクシード ワゴン

 シエンタ

 センチュリー

 タウンエース トラック

 タウンエース バン

 ノア

 ハイラックス サーフ

 ハリアー

 ハリアー ハイブリッド

 パッソ

 プリウス

 プレミオ

 プロボックス バン

 プロボックス ワゴン

 ポルテ

 ビービー

 ブレイド

 ベルタ

 マークX

 マークX ジオ

 ライトエース トラック

 ライトエース バン

 ラウム

 ラクティス

 ラッシュ

 ランドクルーザー

 ランドクルーザー プラド




NOAHのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
TOYOTATOYOTA
©1995-2016 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2016 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノア (聖書) (改訂履歴)、ノア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS