Morinda citrifoliaとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > がん用語 > Morinda citrifoliaの意味・解説 

モリンダ・シトリフォリア

【仮名】もりんだ・しとりふぉりあ
原文】Morinda citrifolia

熱帯性低木果実からの抽出物ががん治療の分野研究されており、また一部文化圏では、果実根から抽出物が他の疾患治療に用いられている。「noniノニ)」とも呼ばれる

ヤエヤマアオキ

(Morinda citrifolia から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/22 00:10 UTC 版)

ヤエヤマアオキ(八重山青木 学名Morinda citrifolia)は、アカネ科ヤエヤマアオキ属の常緑小高木学名のMorindaは、ラテン語の「morus」(クワ)と、「indus」(インド)との2語からなるが、果実の形状に由来する。citrifoliaは「citrus」(シトロン)と「folius」(葉)とからなり、柑橘に似た葉を有する意味である。和名に「アオキ」とあるがアオキミズキ目ミズキ科で遠縁である。ハワイの現地語であるノニ(noni)が、ノニジュース等を販売する業者が「健康食品」と称して宣伝していることもあり、良く知られる名称の1つになっている。


  1. ^ A Dictionary of the Economic Products of the Malay Peninsula. 1935, 1490~1494. the Crown Agents for the Colonies
  2. ^ 東南アジア・南太平洋地域で薬用利用される植物(近畿大学薬学部創薬科学科薬用資源学研究室)
  3. ^ 蒲原聖可『サプリメント事典』(平凡社、2004)、p.310
  4. ^ Acta Pharmacol Sin. 2002 Dec;23(12):1127-41.
  5. ^ Emergency Food Plants and Poisonous Plants of the Islands of the Pacific, Army technical manual TM10-420, 1943
  6. ^ a b 「健康食品」の安全性・有効性情報 ヤエヤマアオキ 国立健康・栄養研究所
  7. ^ ノニ製品品質標準化規定
  8. ^ REV ESP ENFERM DIG (Madrid)Vol. 99, N.° 12, pp. 730-741, 2007
  9. ^ Stadlbauer et al. 2005, Millonig et al. 2005, Yuce et al. 2006
  10. ^ EFSA Journal, 2006(376): p. 1-12.
  11. ^ 東南アジア・南太平洋地域で薬用利用される植物(近畿大学薬学部創薬科学科薬用資源学研究室)
  12. ^ 蒲原聖可『サプリメント事典』(平凡社、2004)、p.311


「ヤエヤマアオキ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Morinda citrifolia」の関連用語

Morinda citrifoliaのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Polo

束沸石

坂倉良子

マンチェゴ

特急スーパーマリン1

920SH

水深

WX310K





Morinda citrifoliaのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヤエヤマアオキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS