MOX燃料とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 燃料 > MOX燃料の意味・解説 

混合酸化物(Mixed Oxide)燃料(MOX燃料)


MOX燃料

読み方MOXねんりょう

使用済燃料から再処理により取り出しプルトニウムを、ウラン混合した混合酸化物燃料Mixed Oxide Fuel)を略した呼び方。
ウラン・プルトニウム混合酸化物燃料UO-PuO燃料
プルトニウムを有効に使うため、使用済燃料再処理回収された酸化プルトニウム天然ウランまたは同じく再処理回収された減損酸化ウランと混ぜて作った燃料
日本では、『ふげん』、『常陽』で使用し、天然ウランの有効利用のためには、高速増殖炉使用計画であるが、その間プルトニウムの有効利用を図るため、軽水炉でMOX燃料を使う計画が進められている。これを、プルサーマル計画という。
MOX燃料

MOX燃料(ウラン・プルトニウム混合酸化物燃料)

二酸化ウラン再処理施設回収されたプルトニウム酸化物添加混合して、原子炉用の燃料として成型加工した燃料MOXMixed-Oxide:ウラン・プルトニウム混合酸化物燃料という。また、単にプルトニウム燃料という。 「MOX燃料加工」の項を参照 MOX燃料

MOX燃料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/03 14:32 UTC 版)

MOX燃料(モックスねんりょう)とは混合酸化物燃料の略称であり、原子炉使用済み核燃料中に1%程度含まれるプルトニウム再処理により取り出し、二酸化プルトニウム(PuO2)と二酸化ウラン(UO2)とを混ぜてプルトニウム濃度を4-9%に高めた核燃料である[1]。主として高速増殖炉の燃料に用いられるが、既存の軽水炉燃料ペレットと同一の形状に加工し、適切な核設計を行ったうえで適切な位置に配置することにより、軽水炉のウラン燃料の代替として用いることができる。これをプルサーマル利用と呼ぶ。MOXとは(Mixed OXide 「混合された酸化物」の意)の頭文字を採ったものである。


[ヘルプ]
  1. ^ MOX燃料とは:日本原燃
  2. ^ 鈴木美寿,他 (2012年11月12日). “ロシア余剰核兵器解体プルトニウム処分協力 (pdf)”. JAEA-Review 2012-044. 日本原子力研究開発機構. p. 3. 2016年1月11日閲覧。
  3. ^ 福島第一原子力発電所3号機におけるプルサーマル開始について


「MOX燃料」の続きの解説一覧





MOX燃料と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「MOX燃料」の関連用語

MOX燃料のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

遮へい

改良型沸騰水型原子炉

ガンマ線スペクトロメーター

燃料集合体

排気筒モニタ

呼吸保護具

FBR

もんじゅナトリウム火災事故





MOX燃料のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
外務省外務省
Copyright©: 2017 Ministry of Foreign Affairs of Japan
福井原子力環境監視センター福井原子力環境監視センター
Copyright (C)2001-2017 FERMC(福井県原子力環境監視センター) All rights reserved.
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2017 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのMOX燃料 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS