MODE.MULT 関数とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > Excel関数リファレンス > MODE.MULT 関数の意味・解説 

MODE.MULT 関数

適用対象: Microsoft Excel 2010, Excel Web App, SharePoint Online for enterprises, SharePoint Online for professionals and small businesses

 

配列またはセル範囲として指定されたデータの中で、最も頻繁に出現する縦方向の配列 (モード) を返します。横方向の配列場合は、TRANSPOSE(MODE.MULT(数値 1,数値 2,...))使用します。

複数モードがある場合複数結果が返されます。この関数は値の配列返すため、配列数式として入力する必要があります

書式

MODE.MULT(数値 1,[数値 2],...)

MODE.MULT 関数の書式には、次の引数あります

解説

使用例

使用例を新規ワークシートコピーすると、計算結果確認できます

表示その方法は?

  1. この記事使用例を選択します。Excel Web App の例をコピーする場合は、セル1 つずつコピーして貼り付けます。

 重要   行見出しまたは列見出し選択しないでください

ヘルプから使用例を選択する

ヘルプから使用例を選択する
  1. Ctrl キー押しらながら C キー押します。
  2. 空のブックまたはワークシート作成します。
  3. ワークシートセル A1選択し、Ctrl キー押しながら V キー押します。Excel Web App使用している場合は、使用例のセルごとにコピー貼り付け繰り返します。

 重要   使用例が正常に動作するためには、ワークシートセル A1貼り付ける必要があります

  1. 計算結果結果返す数式表示切り替えるには、Ctrl キーShift キー押しながら ` (アクサン グラーブ) キーを押すか、[数式] タブの [ワークシート分析] グループで [数式表示] をクリックします。

使用例は、空のワークシートコピーした後、ニーズ合わせて変更できます

A B
1
2
3
4
3
2
1
2
3
5
6
1
数式 説明 (計算結果)
=MODE.MULT(A1:A12) 上記数値から最も頻繁に出現する複数モード求めます (1, 2, 3)。

 メモ   Excel デスクトップ アプリケーションでは、この使用例の数式 =MODE.MULT(A1:A12) を配列数式として入力する必要があります使用例のデータ貼り付けてから、ワークシート範囲 A14:A16選択します。数式バーで、数式セル (A12) で始まる範囲 A1:A12選択し、Ctrl キーShift キー押しながら Enter キー押します。配列として入力すると、上記使用例のデータモードとして 1、2、3 が返されます。この数式配列数式として入力されていない場合単一結果として 1 が返されます。この結果は、MODE.SNGL 関数使用したときと同じになります。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「MODE.MULT 関数」の関連用語

MODE.MULT 関数のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カンパリ・トニック

大滝山方水源の森

錦織育子

西海国立公園

内江猪

2000系

パンスタードリーム

フラッグシップ





MODE.MULT 関数のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本マイクロソフト株式会社日本マイクロソフト株式会社
©2017 Microsoft Corporation. All rights reserved.

©2017 Weblio RSS