MBSテレビとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > MBSテレビの意味・解説 

MBSテレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/05 08:26 UTC 版)

MBSテレビ(エムビーエステレビ)は、大阪府大阪市に本社を置くラジオ・テレビ兼営局である毎日放送(MBS)のテレビジョン放送部門の呼称である。放送対象地域近畿広域圏コールサインJOOR-DTV(大阪 16ch)、リモコンキーIDは「4」。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 2004年11月30日まで、近畿広域圏ではANN系列局の朝日放送もGガイドのホスト局だったが、システム更新時に本局に一本化され、現在は本局のみで近畿広域圏内のGガイドの番組データの配信を行っている。
  2. ^ このようなかつてJNN系列局が同系列局が無い地域へのアナログGガイドの番組データの配信を行っていた局はこちらの項を参照。
  3. ^ 当時は地方の多くは民放局が1局のみ(札幌・名古屋は2局、福岡は3局)であり、殆どは民放第1局目の放送局とクロスネットとする局が多かった(名古屋、福岡など例外はある)。このようなクロスネット加盟は、1990年代以後にANNの純粋フルネット(マストバイ)が地方で増加するまでの間、地方局を中心に多くあった。
  4. ^ 2010年にテレビ東京が放送持株会社体制に移行したため、現在はテレビ東京ホールディングスの大株主である。
  5. ^ テレビ東京に社名変更した1981年から3年間、「緑さわやか」をキャッチフレーズにして新しく制定したロゴも緑色であった。MBSも2011年から緑色の新しいロゴを採用している。
  6. ^ 当時のNET系列の地方局で唯一のフルネット(マストバイ)であった。
  7. ^ これ以後、MBSの編成から外れたNETとTXの編成は、独立県域局として開局したサンテレビジョン近畿放送(以上1969年開局)・テレビ和歌山1974年開局)を中心に譲渡する。
  8. ^ NTV:4-YTV:10,NET:10-MBS:4
  9. ^ ブラウン管のなかに4をデザインしたもの。
  10. ^ 山陽放送の再送信となる一部ケーブルテレビを除く。
  11. ^ 広域4局の再送信に加え、テレビ大阪サンテレビテレビ和歌山の再送信をしている局もある。
  12. ^ 広域4局の再送信を行っている。
  13. ^ 朝日放送も再送信している。関西テレビと読売テレビは地元系列局(福井放送、福井テレビ)があるため再送信していないが、独立局はKBS京都びわ湖放送の片方か両方を再送信している。
  14. ^ 2008年12月1日より、デジタル波再送信を朝日放送と同時に行う。
  15. ^ これは木曜未明の2:30から3:30にアニメ再放映枠を設定したことと、その後に3:40からテレビショッピングの番組が2本続けて放送され、その終了が木曜未明4:40になり、フィラー「TBSニュースバード」を放送する時間的な余裕がなくなったため。
  16. ^ これは水曜未明の1:25より経済情報番組がスタートし、その後に3:40からテレビショッピングの番組が2本続けて放送され、その終了が水曜未明4:40になり、フィラー「TBSニュースバード」を放送する時間的な余裕がなくなったため。
  17. ^ アナログ放送終了バージョンでない通常のオープニング・クロージングでは、テレビ朝日がアナログ版・デジタル版ともYouTube内の自社チャンネルで公開している。また関西テレビ(オープニングのみ、コールサインのテロップは表示なし)、サンテレビも2014年よりオープニング・クロージングをYouTube内の自社チャンネルで公開している。また、チューリップテレビニコニコ動画内の自社チャンネルで公開。
  18. ^ 通常、本社以外の外部スタジオには、生放送に対応するための設備(CM送出など放送の自動運行に関わる遠隔操作用スイッチ類や、主調整室など本社主要箇所との連絡用インターカム、インターホン、直通電話など)が常設されておらず、それらの機能が常設されている本社内の副調整室を「受けサブ」として開く必要がある。東京支社スタジオは、本社側の省力化やコスト軽減も目的として、これらの設備を常設しており、本社内のスタジオと同じ環境で番組の収録や生放送が可能となっている。ただし、あくまでこれらはラジオに限ったことであり、テレビについては茶屋町本社に受けサブを開く必要がある。
  19. ^ 再放送は本来の系列局である関西テレビで放送された。
  20. ^ こちらは、青森テレビ・テレビ山梨・テレビ山口・テレビ高知は放送されない。
  21. ^ こちらは、MBSのほか、TBS・CBC・HBC・RKB・MRTが同時ネット。他の局はテープネット
  22. ^ 2008年4月よりTBSが『JNN報道特集』を日曜17時30分 - 18時24分枠から土曜17時30分 - 18時50分枠へ移動・放送時間拡大の上、『報道特集NEXT(現・報道特集)』としてリニューアルする事も伴った。
  23. ^ テレビ東京製作のSDガンダム系統のテレビシリーズや『ガンダムビルドファイターズ』シリーズを除く。
  24. ^ 2004年10月にTBSテレビの深夜アニメ枠が開設されて以降MBSは2本全部もしくは1本のみをネットしているが、2014年7月クールと2015年10月クール、2016年10月クールおよび2017年1月クールでは2本ともMBSでは未ネット、サンテレビでネットされる事態となった。
  25. ^ 2006年4月-9月に放送されたCBC製作のアニメ『ウィッチブレイド』は関東圏ではTBSにネットされたが、関西圏の地上波ではMBSにも独立局にもネットされず未放送に終わった一例である。
  26. ^ 『平成仮面ライダーシリーズ』はテレビ朝日制作、近畿広域圏ではABCテレビ
  27. ^ ウルトラマンティガ』から『ウルトラマンコスモス』までMBSが制作。『ウルトラマンネクサス』から『ウルトラマンメビウス』まではCBCが制作。
  28. ^ ABCは腸捻転時代に制作した『好き! すき!! 魔女先生』、腸捻転解消後に制作した『それゆけ!レッドビッキーズ』(第53話 - 第77話まで)。KTVは『仮面の忍者 赤影』。ytvは『超人バロム・1』、『スターウルフ』(第14話より『宇宙の勇者 スターウルフ』に改題)と、他の在阪局はABC、ytvは2作品。KTVは1作品しか制作していない
  29. ^ 『明石家多国籍軍』の場合、スタッフクレジットを英語で表記していたため。
  30. ^ 『ロケみつ』がその代表的な例である。

出典

  1. ^ a b c d 無線局免許状等情報(毎日放送(総務省)
  2. ^ “関西AMラジオ3社が「まいど!ワイドFM」”. 日経ニューメディア IT Pro (日経BP). (2015年7月28日). http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/072802492/ 2017年4月25日閲覧。  本記事ではMBSとOBCはMBS旧アナログテレビ送信所に設置すると記載。
  3. ^ 三村景一・毎日放送社長定例記者会見(毎日放送2017年8月30日付プレスリリース)
  4. ^ 「ちちんぷいぷい」見学可能に!? 毎日放送が2019年春「ライブセンター」設置へ(『スポーツ報知2017年8月30日付記事)
  5. ^ 雑誌「放送技術」2008年5月号より
  6. ^ 『毎日放送50年史』307頁より。なお、ローカルの教育番組『わたしたちの近畿』は2000年3月まで放送していた。
  7. ^ “日5:「ハガレン」「ガンダム」アニメ枠が終了へ MBS、早朝に34年ぶりの1時間アニメ枠”. MANTANWEB (MANTAN). (2016年12月20日). http://mantan-web.jp/2016/12/20/20161220dog00m200003000c.html 2016年12月20日閲覧。 
  8. ^ 「まどマギ」「タイバニ」テレビ局から見たヒットの背景【後編】その4






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

MBSテレビに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「MBSテレビ」の関連用語

MBSテレビのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

羽根谷砂防堰堤

木戸孝允

グルワータンク

美保関灯台

USAF

ステア

F 800 S

LIGHTNING SUPERTT XB12STT





MBSテレビのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのMBSテレビ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS