M203とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > M203の意味・解説 

【M203】(えむにまるさん)

アメリカ陸軍などが採用する擲弾発射器
自動小銃銃身下にピカティニー・レール取り付けて用いるが、銃把銃床取り付ければ単体でも使用可能。

当時運用されていたM79と、試験運用されていたXM148実績踏まえて開発された。
1971年以前AAI生産しており、1971年以降コルト社が生産している。
1990年代から2回改修を受け、M203A1,M203A2へ発展している。

銃と一体化することでM79抱えていた個人防御問題解決したが、下記のような問題抱えている。

これらの弱点解消するため、H&K社が開発中の後継機M320更新される予定

スペックデータ

派生型

その他派生型


M203 グレネードランチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/13 06:32 UTC 版)

(M203 から転送)

M203 グレネードランチャーは、主にM16アサルトライフルM4カービンに装着される40mm擲弾発射器である。銃身下に装着されるほか、ピストルグリップとストックサイトを装着して単体(Stand-Alone)でも使用可能である。単発、後装、施条有の擲弾発射器で、装填はアルミニウム製の銃身を前方にスライドさせて行う。






「M203 グレネードランチャー」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

M203に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「M203」の関連用語

M203のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ダイヤモンド

F6F

銃架

01式対戦車誘導弾

夜間戦闘機

ハリケーン

ブランエール

T-2





M203のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのM203 グレネードランチャー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS