LINE_(アプリケーション)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > LINE_(アプリケーション)の意味・解説 

LINE (アプリケーション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/14 22:32 UTC 版)

LINE(ライン)は、韓国のIT企業ネイバー子会社LINE株式会社が提供するソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。




[ヘルプ]
  1. ^ 「LINE」がプラットフォーム化、ゲームなど外部コンテンツ提供へ”. 2014年8月10日閲覧。
  2. ^ a b LINE株式会社 (2012年5月23日). “LINE非公認のサービスにご注意ください”. LINE公式ブログ (LINE株式会社). http://official-blog.line.me/ja/archives/7351266.html 2013年7月2日閲覧。 
  3. ^ a b c 青少年保護のため18歳未満のユーザーはLINE ID検索が利用できなくなります(まずはauユーザーから対応開始)”. LINE株式会社 (2012年12月17日). 2013年7月2日閲覧。
  4. ^ 『LINE』でスマートフォン世界ナンバーワンへ”. BLOGOS (2013年1月1日). 2013年1月25日閲覧。
  5. ^ アニメーションスタンプ第1号は「ウキウキ♪LINEキャラクターズ」、ボイス入りスタンプ第1号は「しゃべるよしもと芸人」である。
  6. ^ “이해진, 12년 만에 '깜짝 외출'” (朝鮮語). 정정당당한 신문 한국일보. (2013年11月26日). オリジナル2013年11月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131126045538/http://news.hankooki.com/lpage/economy/201311/h2013112603344821540.htm 2013年11月26日閲覧。 
  7. ^ a b c d “「日本大地震で家族を探す被災者を見て開発」…急成長する“ネイバーライン”=韓国”. 中央日報(日本語版) (Joongang Ilbo). (2012年3月16日). http://japanese.joins.com/article/227/149227.html 2013年1月16日閲覧。 
  8. ^ “NHNのモバイルメッセンジャー「LINE」 日本の“国民アプリ”に”. 中央日報(日本語版) (Joongang Ilbo). (2012年9月26日). http://japanese.joins.com/article/267/160267.html 2014年7月6日閲覧。 
  9. ^ “ネットも「韓流」 韓国開発のLINEが世界で旋風”. 聯合ニュース(日本語版) (Yonhap News Agency). (2013年7月31日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2013/07/28/0500000000AJP20130728000700882.HTML 2014年7月6日閲覧。 
  10. ^ a b “(けいざい新話)LINE物語:1「つながる」追求、3・11契機”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2013年4月17日). http://digital.asahi.com/articles/TKY201304160615.html 2013年4月17日閲覧。 [リンク切れ]
  11. ^ 라인스티커의 '뽀인트'는 ‘글로벌 바디 랭귀지’라구요?”. NAVER 다이어리 : 네이버 블로그: (2012年3月30日). 2015年7月6日閲覧。
  12. ^ ボツキャラや初期案も公開!LINEスタンプ誕生ものがたり”. LINE公式ブログ (2012年4月13日). 2013年4月17日閲覧。
  13. ^ LINEカンファレンス「Hello, Friends in Tokyo 2013」にいってきたぞ!AppBank.netAppBank)、2013年8月21日 18:34。
  14. ^ “スマホが拓く世界市場 和製「LINE」ヒットの裏側”. 日経電子版 (日本経済新聞社). (2012年2月13日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1200E_S2A210C1000000/ 2014年7月6日閲覧。 
  15. ^ 渡部一実 (2013年5月1日). “利用者1億人“和製SNS”LINE 急成長も収益につながらず 有料拡充が課題”. MSN産経ニュース (産経新聞社). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130130/its13013010220000-n1.htm 2014年8月5日閲覧。 
  16. ^ ERIC PFANNER (2014年4月22日). “日本のLINE、海外で人気に―米国市場進出が試金石に”. ウォール・ストリート・ジャーナル (ダウ・ジョーンズ社). http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303595604579516722390929450 2014年7月3日閲覧。 
  17. ^ ““真の脅威”は韓国産アプリ ネット近未来を予言…日本の勝機は? (4/6ページ)”. SankeiBiz (産経デジタル). (2013年1月20日). オリジナル2013年2月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130209121836/http://www.sankeibiz.jp/business/news/130120/bsj1301201825002-n4.htm 
  18. ^ “韓国アプリ「LINE」 中国と米国市場に進出へ”. 聯合ニュース(日本語版) (Yonhap News Agency). (2012年10月22日). オリジナル2013年1月25日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0125-1523-35/japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2012/10/22/0200000000AJP20121022001000882.HTML 2014年7月6日閲覧。 
  19. ^ “「LINE」は日本製?韓国製?”. 日経電子版 (日本経済新聞社). (2013年1月23日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2203C_S3A120C1000000/ 2014年7月6日閲覧。 
  20. ^ a b “「無料通話&メールで沸騰!"LINE"秘めた実力」”. 日経スペシャル 未来世紀ジパング 〜沸騰現場の経済学〜 (テレビ東京). (2013年4月15日). http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/backnumber/20130415/ 2014年7月6日閲覧。 
  21. ^ 井上理 (2013年3月31日). “新会社LINE発足 会社分割に隠された深謀遠慮「すべてを壊して、イチからやる」”. 日経電子版 (日本経済新聞社). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK30008_Q3A330C1000000/?df=4&dg=1= 2013年4月1日閲覧。 
  22. ^ a b “LINE大躍進の陰で複雑化する「親子関係」 日本発のサービスだが、韓国親会社の関与が強まる”. 東洋経済オンライン (東洋経済新報社). (2014年2月3日). http://toyokeizai.net/articles/-/29719 2014年4月28日閲覧。 
  23. ^ “「LINE」韓国産とは知らなかった…大丈夫か日本の物作り!外国の真似ばかりで金儲け優先したツケ”. J-CAST (J-CAST). (2014年7月24日). http://www.j-cast.com/tv/2014/07/24211383.html 2014年7月25日閲覧。 
  24. ^ LINE開発プロジェクトのリーダー 李海珍氏 素性はネイバー創業者で韓国諜報部の検索システム開発者 エコーニュース 2014年8月18日
  25. ^ a b “LINE1億人突破、次の標的”. 東洋経済オンライン (東洋経済新報社). (2013年1月18日). http://toyokeizai.net/articles/-/12564 2013年1月18日閲覧。 
  26. ^ “無料通話アプリ「LINE」のユーザー数が1億人突破、開始19カ月で大台に”. ITpro (日経BP社). (2013年1月18日). http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130118/450502/ 2013年1月18日閲覧。 
  27. ^ 渡部一実 (2013年5月1日). “利用者1億人“和製SNS”LINE 急成長も収益につながらず 有料拡充が課題”. MSN産経ニュース (産経新聞社). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130130/its13013010220000-n1.htm 2013年5月1日閲覧。 
  28. ^ 登録者数1億人到達はfacebook54か月、Twitter49か月
  29. ^ “LINE登録者、1億5000万人突破”. 日経電子版 (日本経済新聞社). (2013年5月2日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD010HA_R00C13A5TJ1000/ 2013年5月2日閲覧。 
  30. ^ “モバイルメッセンジャー「ライン」、加入者が全世界3億人突破”. 東亜日報(日本語版) (Dong-a Ilbo). (2013年11月26日). http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2013112601378 2013年11月26日閲覧。 
  31. ^ 増田覚 (2012年10月5日). “【LINEに「首相官邸」公式アカウント、行政機関で初の取り組み”. INTERNET Watch (Impress Watch). http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20121005_564430.html 2013年4月18日閲覧。 
  32. ^ コグレマサト、まつもとあつし 『LINE なぜ若者たちは無料通話&メールに飛びついたのか?マイナビ〈マイナビ新書〉、2012年11月、69頁。ISBN 978-4-8399-4488-9
  33. ^ “【ニュースリリース】 「LINE(ライン)」の首相官邸公式アカウント、本日開設!”. 内閣官房内閣広報室. (2013年10月5日). http://www.kantei.go.jp/jp/headline/news_line.html 2013年4月18日閲覧。 
  34. ^ “「少々緊張しています(笑)」――安倍首相、LINEに初投稿”. ITmedia ニュース (ITmedia). (2013年1月15日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1301/15/news074.html 2013年4月18日閲覧。 
  35. ^ “「LINE」にアカウント=ネット法案受け発信強化―公明”. 時事ドットコム (時事通信社). (2013年4月16日). オリジナル2013年4月26日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/Gu2GG 2013年4月16日閲覧。 
  36. ^ 藤井涼 (2014年2月6日). “LINE、2013年度の売上額は343億円--ゲーム課金が6割”. CNET Japan (朝日インタラクティブ). http://japan.cnet.com/news/business/35043539/ 2014年2月8日閲覧。 
  37. ^ “NHN「LINE、売上高の80%は日本」”. 中央日報(日本語版) (Joongang Ilbo). (2013年5月9日). http://japanese.joins.com/article/394/171394.html 2014年2月8日閲覧。 
  38. ^ “신중호 대표 "올 연말 라인 가입자수 3억명 목표"” (朝鮮語). Media It. (2014年2月3日). http://www.it.co.kr/news/mediaitNewsView.php?nSeq=2361916&nBoardSeq=60 2013年3月14日閲覧。 
  39. ^ “タイ警察、秘策はLINE 日本発アプリ、捜査に活用”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2013年2月22日). オリジナル2013年2月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130222214903/http://www.asahi.com/international/update/0221/TKY201302210078.html 2013年3月14日閲覧。 
  40. ^ ネイバージャパン (2011年9月1日). “グループメッセージアプリ「LINE」、中東地域で利用者が急増”. ネイバージャパン. http://about.naver.jp/press/press_detail?docId=422 2013年4月24日閲覧。 
  41. ^ LINE株式会社 (2012年11月16日). “LINE登録ユーザー数、世界7,500万人を突破!スペインと南米のユーザー急増でAppStoreランキング1位を獲得”. LINE公式ブログ (LINE株式会社). http://lineblog.naver.jp/archives/20218658.html 2013年4月24日閲覧。 
  42. ^ “韩国:中方证实已屏蔽“连我”(LINE)”. BBC (BBC). (2014年8月7日). http://www.bbc.com/zhongwen/simp/china/2014/08/140807_china_line_kakaotalk_blocked.shtml 2016年7月6日閲覧。 (中国語)
  43. ^ “LINE登録ユーザー数、5.6億人突破 実際利用は1.7億人”. 日本経済新聞 (日本経済新聞). (2014年10月9日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ09H5D_Z01C14A0000000/ 2014年10月11日閲覧。 
  44. ^ a b “「韓国を輝かせた科学技術」に暁星のTACフィルムなど”. 朝鮮日報(日本語版) (Joseon Ilbo). (2013年4月19日). http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/04/19/2013041900982.html 2013年4月24日閲覧。 
  45. ^ “LINE、グッドデザイン賞「金賞」を受賞”. NAVER (ネイバー). (2012年11月26日). オリジナル2013年3月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130328232420/http://about.naver.jp/press/press_detail?docId=1806 2014年7月6日閲覧。 
  46. ^ “LINEがきっかけの事件多発…原因はスマホ利用に?”. 読売オンライン (読売新聞社). (2013年4月19日). オリジナル2014年7月13日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/hAy4D 2013年7月2日閲覧。 
  47. ^ “少女性被害、9割スマホ経由…大半「LINE」”. 読売オンライン (読売新聞社). (2014年3月19日). オリジナル2014年7月13日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/FriwX 2014年3月20日閲覧。 
  48. ^ LINE 利用規約” (2013年4月1日). 2013年7月2日閲覧。
  49. ^ “スマホアプリ:LINEに潜む犯罪 掲示板規制なし”. 毎日jp (毎日新聞社). (2013年5月8日). オリジナル2013年6月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130607052051/http://mainichi.jp/select/news/20130508k0000m040087000c.html 2013年7月2日閲覧。 
  50. ^ “LINE用出会い系アプリ 業者が削除 京都府警の要請で全国初”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2013年6月28日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130628/waf13062822340037-n1.htm 2013年7月2日閲覧。 
  51. ^ “中学生、LINEのトラブル続発 草津市教委、対策急ぐ”. 京都新聞 (京都新聞社). (2013年6月30日). オリジナル2013年3月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130703115934/http://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20130630000029 2014年7月6日閲覧。 
  52. ^ “「LINE」に性的犯罪対策を要請 京都府、府警”. 京都新聞 (京都新聞社). (2013年7月18日). オリジナル2013年7月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130727064919/http://kyoto-np.co.jp/politics/article/20130718000019 2014年7月6日閲覧。 
  53. ^ 井上トシユキ (2012年8月19日). “だから私は絶対に「LINE」を使わない”. J-CAST 会社ウォッチ. J-CAST. 2013年1月24日閲覧。
  54. ^ まさか自分が!?LINE友だちは脱法友だち - 2014年3月25日 APPREVIEW
  55. ^ 高木浩光 (2012年7月3日). “LINEがこの先生きのこるには”. 高木浩光@自宅の日記. 2013年7月2日閲覧。
  56. ^ “LINEが情報管理の安全性を示す保証報告書を取得しました”. LINE公式ブログ (LINE株式会社). (2013年4月3日). http://lineblog.naver.jp/archives/25277984.html 2014年7月6日閲覧。 
  57. ^ “韓国国情院がLINE傍受”. FACTAオンライン (ファクタ出版). (2014年6月18日). http://facta.co.jp/article/201407039.html 2014年6月19日閲覧。 
  58. ^ 本日報道の一部記事について”. LINE 株式会社 森川社長ブログ (2014年6月19日). 2014年6月19日閲覧。
  59. ^ “「LINEの通信内容を韓国政府が傍受」報道にLINE森川社長が反論 「そのような事実ない」”. ITmedia ニュース (ITmedia). (2014年6月19日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1406/19/news057.html 2014年6月19日閲覧。 
  60. ^ “LINE、改めて傍受を否定 「暗号化後データは独自形式、解読は不能」”. ITmedia ニュース (ITmedia). (2014年6月19日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1406/19/news133.html 2014年6月19日閲覧。 
  61. ^ LINE森川亮社長の抗議について”. 阿部重夫発行人ブログ「最後から2番目の真実」 (2014年6月20日). 2014年6月20日閲覧。
  62. ^ “LINE傍受問題に片山さつき氏が参戦 関係省庁に事実関係の究明求める考え”. J-CAST (J-CASTニュース). (2014年6月20日). http://www.j-cast.com/2014/06/20208280.html 2014年6月20日閲覧。 
  63. ^ “仲里依紗、ヒャダイン、薬丸……芸能界でもLINE乗っ取り被害者続出”. RBB TODAY (RBB TODAY). (2014年6月20日). http://www.rbbtoday.com/article/2014/07/11/121630.html 2014年7月12日閲覧。 
  64. ^ “台湾が中国スマホの小米科技調査、セキュリティー懸念で”. ロイター (ロイター). (2014年9月25日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0HJ0C120140924 2014年10月11日閲覧。 
  65. ^ “いじめ18万件余 PCや携帯使用が増加”. NHK (NHK). (2014年10月16日). http://megalodon.jp/2014-1016-1953-39/www3.nhk.or.jp/news/html/20141016/t10015455801000.html 2014年10月16日閲覧。 
  66. ^ “女子高生自殺…獰猛「LINEいじめ」、学校も親もついてゆけず”. iza (iza). (2014年11月12日). http://megalodon.jp/2014-1016-1953-39/www3.nhk.or.jp/news/html/20141016/t10015455801000.html 2014年11月12日閲覧。 
  67. ^ “LINEに履歴「丸裸」の脆弱性”. FACTAオンライン (ファクタ出版). (2015年3月29日). http://facta.co.jp/article/201504047002.html 2015年3月29日閲覧。 
  68. ^ huffingtonpost (2016年4月6日). “LINE、立ち入り検査の報道に反論。課金アイテムは「法令逃れではない」”. huffingtonpost. huffingtonpost. 2016年4月6日閲覧。
  69. ^ 時事通信 (2016年1月9日). “スタンプ贈り裸画像入手=児童ポルノ、LINE悪用-専門家「心理つけ込む手口」”. 時事通信. 時事通信 . 2016年1月9日閲覧。
  70. ^ 増田真樹 (2012年10月3日). “世界覇権を握るのは100億メッセージ/日のWhatsApp? スマホメッセンジャー戦国時代へ突入へ”. livedoor ニュース (Tech Wave). http://news.livedoor.com/article/detail/7009612/ 2014年7月6日閲覧。 
  71. ^ “WhatsApp、月間アクティブユーザー数8億人突破”. (2015年5月18日). http://wirelesswire.jp/2015/05/30393/ 2015年6月26日閲覧。 
  72. ^ R・コリア (2013年4月5日). “韓国で人口の7割が使うカカオトーク ヒットの要因は?”. 産経アプリスタ (産経デジタル). http://aplista.iza.ne.jp/f-iphone/61271 2014年7月6日閲覧。 
  73. ^ a b “LINE、1.5億ユーザーに、WhatsApp、WeChatは3億、カカオは0.85億”. bizmash (ニフティ). (2013年5月8日). http://bizmash.jp/articles/44127.html 2014年7月6日閲覧。 
  74. ^ “「ココ麺」「カカオトーク」「ジョブズ」 2011年のヒット商品”. 東亜日報(日本語版) (Dong-a Ilbo). (2011年12月23日). http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2011122325608 2014年7月6日閲覧。 
  75. ^ “カカオトークの戦略--朴代表へのインタビューで見えた差別化への考え方”. CNET Japan (朝日インタラクティブ). (2013年1月23日). http://japan.cnet.com/news/business/35027229/ 2014年7月7日閲覧。 
  76. ^ 楽天がバイバーを9億ドルで買収”. ビジネスワイヤ (2014年2月17日). 2014年2月18日閲覧。
  77. ^ “微信,超过三亿人使用的手机应用” (中国語). 微信 (Tencent). (2013年5月8日). http://weixin.qq.com/ 2014年7月6日閲覧。 
  78. ^ “成功者を模倣、市場に参入する能力が不可欠 森川亮・LINE社長”. 日経産業新聞 (日本経済新聞社). (2013年6月22日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD19036_Z10C13A6X22000/ 2014年7月7日閲覧。 
  79. ^ “『LINE』が欧米で普及してない驚くべき理由 外に目を向けて見ると……”. ガジェット通信 (東京産業新聞社). (2014年1月19日). http://getnews.jp/archives/496824 2014年5月21日閲覧。 
  80. ^ “韓国カカオトーク「事業モデル、LINEがすべて真似て…」(1)”. 中央日報(日本語版) (Joongang Ilbo). (2013年2月8日). http://japanese.joins.com/article/254/168254.html 2014年7月6日閲覧。 
  81. ^ “네이버 '라인' 카카오톡 게임 모방 논란” (朝鮮語). 파이낸셜뉴스. (2012年11月27日). http://www.fnnews.com/view?ra=Sent0901m_View&corp=fnnews&arcid=201211270100239630013855&cDateYear=2012&cDateMonth=11&cDateDay=27/ 2014年7月7日閲覧。 
  82. ^ “スマホに復活する「タイムマシン経営」”. 東洋経済オンライン (東洋経済新報社). (2012年12月18日). http://toyokeizai.net/articles/-/12155 2014年7月7日閲覧。 
  83. ^ 島国大和 (2013年3月26日). “【島国大和】ソーシャルゲームを解体してみるよ。”. 4Gamer.net. http://www.4gamer.net/games/999/G999904/20130325030/ 2014年7月7日閲覧。 
  84. ^ a b c 佐藤和也 (2014年10月9日). “次の新サービスに決済、タクシー、デリバリー、音楽--LINE CONFERENCE TOKYO 2014”. CNET Japan (朝日インタラクティブ). http://japan.cnet.com/news/service/35054956/ 2014年10月9日閲覧。 
  85. ^ 【続報】LINEがgumiと資本業務提携、100億円規模のファンドでゲーム会社の世界進出支援も”. 2014年8月10日閲覧。
  86. ^ *LINE ゲーム”. LINE株式会社. 2014年7月13日閲覧。
  87. ^ “金田一蓮十郎率いるユニットがアプリ「LINE」をマンガ化”. コミックナタリー (ナターシャ (株式会社)). (2013年1月4日). http://natalie.mu/comic/news/82622 2014年7月7日閲覧。 
  88. ^ 単行本では名前が削除されているが、第1作最終回で本物のジェームズが2コマのみ登場した。
  89. ^ ぷっちぐみで新連載! - いけだあけみの仕事部屋
  90. ^ 「LINE TOWN」最終回! - いけだあけみの仕事部屋
  91. ^ ももクロ×LINEキャラのコラボスタンプ登場、実在の人物では初”. ナタリー. 2017年1月7日閲覧。


「LINE (アプリケーション)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「LINE_(アプリケーション)」の関連用語

LINE_(アプリケーション)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

肱川

大矢 浩一

モンコウミウシ

加古川西部用水

ミッチェル・ケイパー

炭酸飲料

オビラプトルの一種

ボルボS40





LINE_(アプリケーション)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのLINE (アプリケーション) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS