LDL-コレステロールとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > コレステロール > LDL-コレステロールの意味・解説 

LDLコレステロール ( LDL-cholesterol )

血清中にある脂質(ししつ)成分のことをリポ蛋白といいますが、そのなかで、とくに組織コレステロールを運ぶ働きをしている物質LDL低比重リポ蛋白)です。そこで、LDLコレステロールはそれ自体有用なのですが、LDLの量が増えすぎると血管組織コレステロール蓄積する性質があり、それが動脈硬化原因となります。この性質から「悪玉コレステロール」と呼ばれています。

LDLコレステロール

LDL-cholesterol

【概要】 水分が多い血液の中で脂肪成分運搬するため、両方極性をもつアポ蛋白でできた風船中に脂肪詰める。風船中に詰め脂肪成分大きさで、全体比重決まり、非常に低比重のものから低比重リポ蛋白(LDL)、そして高比重(HDL)のものなどがある。コレステロール中にはそれぞれのLDLに運ばれ、LDLコレステロールや、HDLコレステロールがある。  前者動脈硬化促進に働くと言われ「悪玉コレステロール」の異名をもつ。後者は逆の働きで「善玉コレステロール」と呼ばれる血液総コレステロールは、善玉悪玉足し算になる。高コレステロール血症治療の目標は、LDLコレステロール値を下げることに置かれている

《参照》 高脂血症


LDLコレステロール(LDL-C)【LDL-C】

悪玉コレステロール」とも呼ばれ、肝臓から血管コレステロールを運ぶ機能あります数値が高くなると、血管沈着して動脈硬化原因になります。QUPiOでは 120mg/dl 未満正常値としています。

コレステロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/20 22:47 UTC 版)

(LDL-コレステロール から転送)

コレステロール (cholesterol) とは、ステロイドに分類され、その中でもステロールと呼ばれるサブグループに属する有機化合物の一種である。分子式は C27H46O と表される。室温で単離された場合は白色ないしは微黄色の固体である。生体内ではスクアレンからラノステロールを経て生合成される。P450 oxidoreductase(POR)はマイクロゾームに存在するP450酵素群に電子伝達を行う酵素であり、コレステロールの合成に関与している。




  1. ^ a b Safety (MSDS) data for cholesterol”. 2007年10月20日閲覧。
  2. ^ a b Merck Index 14th ed., 2201.
  3. ^ http://www.biochemistry.kais.kyoto-u.ac.jp/ABCprotein/intro.html 健康をまもるABC蛋白質
  4. ^ a b c d コレステロールの体内での働きは? - よくある質問 (財団法人日本食肉消費総合センター)
  5. ^ a b c 吉岡政七、遠藤克己、『新生化学ガイドブック』、南江堂 (1969)
  6. ^ a b c コレステロール、『理化学辞典』第5版、岩波書店
  7. ^ a b 日本国厚生労働省、第五訂食品成分表
  8. ^ Ostlund, R. E.; Racette, S.B.; Stenson, W. F. (2003). "Inhibition of cholesterol absorption by phytosterol-replete wheat germ compared with phytosterol-depleted wheat germ". Am. J. Clin. Nutr. 77 (6): 1385–1589.
  9. ^ a b c 第14改正『日本薬局方』、p.861
  10. ^ サルコフスキー反応、『理化学辞典』第5版、岩波書店
  11. ^ a b チュガーエフ反応、『理化学辞典』第5版、岩波書店
  12. ^ 瀧澤美奈子著 『先端テクノロジーのしくみがよくわかる本』 技術評論社 2006年11月5日初版第1刷発行 ISBN 4774129186
  13. ^ Corey, E. J. et al. (1966). "2,3-Oxidosqualene, an intermediate in the biological synthesis of sterols from squalene". J. Am. Chem. Soc. 88: 4750–4751. doi:10.1021/ja00972a056
  14. ^ Corey, E. J.; Russey, W. E. (1966). "Metabolic fate of 10,11-dihydrosqualene in sterol-producing rat liver homogenate". J. Am. Chem. Soc. 88: 4751–4752. doi:10.1021/ja00972a057
  15. ^ Van Tamelen, E. E. et al. (1966). "Enzymic conversion of squalene 2,3-oxide to lanosterol and cholesterol". J. Am. Chem. Soc. 88: 4752–4754. doi:10.1021/ja00972a058
  16. ^ Mann, J. Chemical Aspects of Biosynthesis; Oxford University Press: Oxford, 1994; pp 40–52. ISBN 0-19-855676-4.
  17. ^ 脂質2分子膜、『理化学辞典』第5版、岩波書店
  18. ^ Smith, L. L. (1991). "Another cholesterol hypothesis: cholesterol as antioxidant". Free Radic. Biol. Med. 11: 47–61. PMID 1937129.
  19. ^ Haines, T. H. (2001). "Do sterols reduce proton and sodium leaks through lipid bilayers?" Prog. Lipid Res. 40: 299–324. PMID 11412894.
  20. ^ 平凡社、『世界大百科事典』
  21. ^ Crissey, SD; Ange, KD; Jacobsen, KL; Slifka, KA; Bowen, PE; Stacewicz-Sapuntzakis, M; Langman, CB; Sadler, W et al. (2003). “Serum concentrations of lipids, vitamin d metabolites, retinol, retinyl esters, tocopherols and selected carotenoids in twelve captive wild felid species at four zoos”. The Journal of nutrition 133 (1): 160–6. PMID 12514284. 
  22. ^ 脂質異常症(高脂血症)星薬科大学オープンリサーチセンター 鎌田勝雄
  23. ^ 厚生労働省、第6次改定 日本人の栄養所要量 表3 脂質所要量より算出
  24. ^ 第5回 脂質(総コレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪)
  25. ^ 板倉弘重ら、『脂質の化学』、朝倉書店、1999 ISBN:4-254-43514-2
  26. ^ a b c 高脂血症、メルクマニュアル
  27. ^ a b Anderson, R. G. (2003). "Joe Goldstein and Mike Brown: from cholesterol homeostasis to new paradigms in membrane biology". Trends Cell Biol. 13: 534–539. PMID 14507481.
  28. ^ Behrman, E. J.; Venkat, G. (2005). "Cholesterol and plants". J. Chem. Educ. 82: 1791–1793. PDF
  29. ^ 日本脂質栄養学会監修『ブックレット(図解)心疾患予防』 学会センター関西、2002年、および同「要約解説文書
  30. ^ NHLBI, What Makes Atherosclerosis More Likely?
  31. ^ "About cholesterol" - American Heart Association
  32. ^ 高脂血症・耐糖能低下・homocysteine値上昇はどの程度、虚血性心疾患発症を促進するか
  33. ^ a b http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/dl/s0529-4g.pdf 厚生労働省:「日本人の食事摂取基準」(2010年版)
  34. ^ Ockene, I. S.; Chiriboga, D. E.; Stanek, E. J., 3rd; Harmatz, M. G.; Nicolosi, R.; Saperia, G.; Well, A. D.; Freedson, P.; Merriam, P. A.; Reed, G.; Ma, Y.; Matthews, C. E.; Hebert, J. R. (2004). "Seasonal variation in serum cholesterol levels: treatment implications and possible mechanisms". Arch. Intern. Med. 164: 863–870. PMID 15111372.
  35. ^ コレステロールと健康・疾病
  36. ^ a b 田中修一著 『「コレステロール常識」ウソ・ホント』 ブルーバックス 講談社 ISBN 4-06-257465-9
  37. ^ http://www.kinjo-u.ac.jp/orc/document/guideline1.pdf 長寿のためのコレステロールガイドライン2010年版
  38. ^ Report of a Joint WHO/FAO Expert Consultation Report of a Joint WHO/FAO Expert Consultation 2003
  39. ^ 文部科学省 科学技術・学術審議会資源調査分科会「日本食品標準成分表2010」
  40. ^ Spence JD, Jenkins DJ, Davignon J "Dietary cholesterol and egg yolks: not for patients at risk of vascular disease" Can J Cardiol 2010 Nov;26(9):e336-9. PMID 21076725.PMCID PMC2989358.
  41. ^ Spence JD, Jenkins DJ, Davignon J "Dietary cholesterol and egg yolks: not for patients at risk of vascular disease" Can J Cardiol 2010 Nov;26(9):e336-9. PMID 21076725.PMCID PMC2989358.
  42. ^ a b c d e f Blood Test Results - Normal Ranges Bloodbook.Com
  43. ^ a b c d Adëeva Nutritionals Canada > Optimal blood test values Retrieved on July 9, 2009
  44. ^ a b c d e f Derived from values in mg/dl to mmol/l, by dividing by 89, according to faqs.org: What are mg/dl and mmol/l? How to convert? Glucose? Cholesterol? Last Update July 21, 2009. Retrieved on July 21, 2009
  45. ^ a b c d Derived from values in mg/dl to mmol/l, using molar mass of 386.65 g/mol
  46. ^ a b c d Last page of Deepak A. Rao; Le, Tao; Bhushan, Vikas (2007). First Aid for the USMLE Step 1 2008 (First Aid for the Usmle Step 1). McGraw-Hill Medical. ISBN 0-07-149868-0. 
  47. ^ a b c d e Reference range list from Uppsala University Hospital ("Laborationslista"). Artnr 40284 Sj74a. Issued on April 22, 2008
  48. ^ a b c Reference range (cholesterol) - GPnotebook
  49. ^ a b Normal Reference Range Table from The University of Texas Southwestern Medical Center at Dallas. Used in Interactive Case Study Companion to Pathologic basis of disease.
  50. ^ a b c d e f g h Royal College of Pathologists of Australasia; Cholesterol (HDL and LDL) - plasma or serum Last Updated: Monday, 6 August 2007
  51. ^ a b c d e f g h i j Derived from values in mmol/l, using molar mass of 386.65 g/mol
  52. ^ What Your Cholesterol Levels Mean. American Heart Association. Retrieved on September 12, 2009
  53. ^ American Association for Clinical Chemistry; HDL Cholesterol
  54. ^ Olson RE (February 1998). “Discovery of the lipoproteins, their role in fat transport and their significance as risk factors”. J. Nutr. 128 (2 Suppl): 439S–443S. PMID 9478044. http://jn.nutrition.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=9478044. 
  55. ^ Wieland, H.; Dane, E. (1932). "Untersuchungen über die Konstitution der Gallensäuren." Z. Physiol. Chem. 210: 268–281.
  56. ^ a b 理化学辞典
  57. ^ Woodward, R. B.; Sondheimer, F.; Taub, D. (1951). "The total synthesis of cholesterol". J. Am. Chem. Soc. 73: 3548. doi:10.1021/ja01151a556
  58. ^ a b CYP51について







LDL-コレステロールと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

LDL-コレステロールに関連した本

LDL-コレステロールに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「LDL-コレステロール」の関連用語

LDL-コレステロールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




LDL-コレステロールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
e-血液.come-血液.com
Copyright 2014(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2014, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
QUPiOQUPiO
Copyright © 2014 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコレステロール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS