Intel Core i7とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > Intel Core i7の意味・解説 

Intel Core i7

読み方インテルコアアイセブン
別名:Intel Core i7 processorIntel Core i7 プロセッサーインテル Core i7Core i7 プロセッサーCore i7

Intel Core i7Intel Core i7とは、Intel2008年半ば発表した新世代アーキテクチャマイクロプロセッサの名称である。

Intel Core i7は、Intel Core 2後継品にあたるx86アーキテクチャー製品である。45nm(ナノメートルプロセス製造され、High-kゲート絶縁膜採用されている。開発コード名は「Nehalem」だった。

Intel Core i7は、クアッドコア4コア)にネイティブで対応しており、ハイパースレッディング使用しているため4コア最大8スレッドまで同時に実行できる。これによってマルチタスク処理の高速化が促進される。

新たに搭載された「Turbo Boost」では、処理の負荷状況に応じて動的クロック周波数上昇させ、電力温度余裕のあるCPUパフォーマンス上昇させることが可能となっている。

Intel Core i7

また、従来FSBに替わって採用された「QuickPathインターコネクト設計は、メモリー帯域幅拡大し、レイテンシ軽減実現している。Intel Core i7の最上位エディションであるエクストリーム・エディションで毎秒25.6GBのデータ転送速度達成するとされる



※Copyright Intel Corporation
参照リンク
インテル Core i7 プロセッサー - 概要
マイクロプロセッサのほかの用語一覧
Intel:  Itanium  Intel Core Duo  Intel Atom  Intel Core i7  Ivy Bridge  Intel Edison  Intel Quark

Intel Core i7

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/14 11:02 UTC 版)

Intel Core i7(インテル コア アイセブン、以下 "i7")は、インテルが製造する、x86命令セットを持つCPU用のマイクロプロセッサである。Core 2の後継にあたり、グラフィックコントローラ(HD Graphics)を内蔵していないプロセッサーは、2008年8月8日(米国時間)に発表し、11月16日(日本時間)に発売した。グラフィックコントローラ(HD Graphics)を内蔵したプロセッサーは、モバイル向けを2010年1月、デスクトップ向けを2011年1月に発売した。製品の位置づけは、インテル Core プロセッサー・ファミリーに属する。










英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

Intel Core i7に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Intel Core i7」の関連用語

1
74% |||||

2
70% |||||

3
58% |||||

4
56% |||||

5
56% |||||

6
54% |||||

7
54% |||||

Intel Core i7のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Androidケータイ

Sculpt Ergonomic Desktop

MEDIAS W N-05E

ニコニコメッセ

天付き

レグザZ8X

Motorola Droid RAZR

W-SIM





Intel Core i7のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリIntel Core i7の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのIntel Core i7 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS