IPCとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > IPCの意味・解説 

IPC(International Patent Classification)


IPC

フルスペル:InterProcess Communication
読み方アイピーシー
別名:プロセス間通信

IPCとは、動作しているプログラムの間で行われる通信のことである。

通常コンピュータ上で処理されているプロセスは、相互にデータ交換を行う必要があるその際に、RPCなどを用いて行う通信のことをIPCと呼ぶ。例えば、名前付きパイプFIFO名前付きパイプ)やOLEDDEなどが、これに相当する。

プログラミングのほかの用語一覧
API:  DirectX Audio  DirectX Graphics  EAX  IPC  ISAPI  JDBC  MAPI

国際特許分類

「国際特許分類」とは、世界80カ国以上が唯一通して利用できる国際的統一された特許分類のことをいう。「国際特許分類」は発明に関する技術分野段階的にセクションクラスサブクラス、メイングループ、サブグループへと細分化している。「国際特許分類」は、国際的統一して利用されているが、その利用に際して例えわが国特有の技術存在あるいは諸外国比べ一段と進んでいる技術存在により、「国際特許分類」の展開をそのまま使用すると多量特許文献集中し、検索などに不都合が生じる場合がある。そこで、わが国では、わが国特有の技術事情に対応して「国際特許分類」の必要と認められる箇所について識別記号設けFI呼ばれているものがある

プロファム

分子式C10H13NO2
その他の名称:ケムホエ、イソPPC、プロファム、IFK、IPC、Y-2INPC、IPPC、IsoPPC、Propham、Chem Hoe、N-Phenylcarbamic acid isopropyl、ツベリト、アゲルミン、コラビン、Collavin、Birgin、Tixit、Agermin、Profam、チキシット、ビルギン、Tuberite、Tuberit、ツベライト、ツベリット、N-Phenylcarbamic acid isopropyl ester、Phenylcarbamic acid isopropyl ester、Phenylcarbamic acid (1-methylethyl) ester
体系名:フェニルカルバミド酸イソプロピル、N-フェニルカルバミン酸イソプロピル、N-フェニルカルバミド酸イソプロピル、フェニルカルバミン酸イソプロピル、フェニルカルバミド酸(1-メチルエチル)


クロルプロファム

農薬IPC
和名orISO名[商品名]クロルプロファム(chlorpropham
分子式C10H12NO2Cl
用途除草剤土壌処理型)
LD50(ラット)/g kg-11.2
LD50(マウス)/g kg-1
劇毒区分指定なし
ランク
有機230
無機155
農薬登録(1996年時点)1954年登録(日本)/承認ISO
その他
分子データ
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

IPC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/12 01:48 UTC 版)

IPC







IPCと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「IPC」の関連用語

IPCのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ブロードバンドルータ

アナログRGB端子

EV SSL証明書

GALAXY Note II SC-02E

Microsoft Wireless Display Adapter

Surface 2

最早結合点時刻

Amazon Fire 7





IPCのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
特許庁特許庁
Copyright © Japan Patent office and INPIT. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリIPCの記事を利用しております。
アヴィスアヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのIPC (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS