HDCPとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > HDCPの意味・解説 

HDCP

フルスペル:High-bandwidth Digital Content Protection
読み方エイチディーシーピー

HDCPとは、Intelなどを中心として開発された、デジタル著作権管理技術DRM)の一種である。デジタル方式画像映像コンテンツ出力信号暗号化することによって不正コピー防止する機能を持つ。

HDCPでは、画像映像再生するパソコンなどの機器からディスプレイなどの出力機器信号転送する際、転送される信号暗号化が施されている。このことにより、単純に転送信号盗聴するだけでは内容を盗むことができないよになっている

なお、2006年6月現在の最新バージョン2003年発表されたHDCP1.1である。


参照リンク
HDCP specification - (PDF形式
セキュリティのほかの用語一覧
プロテクト:  DTCP-IP  DRMフリー  EPN  HDCP  ハッキング  パスコード  プロダクトキー

コピーガード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/19 12:58 UTC 版)

(HDCP から転送)

コピーガード(英語:Copy protection)とは、BDDVDVHSなど映像メディアや、CDMDなどの音楽メディア、その他、パソコンソフトゲームソフトなど各種メディアにおける無断複製を防止するため、著作権者が自ら、その著作物が複製出来なくなるように処理すること。








英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「HDCP」の関連用語

HDCPのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




HDCPのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2014 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリHDCPの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコピーガード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS