H11HWとは?

H11HW

H11HW
基本スペック
サイズ 約49.5(W)×97.8(H)×17.5(D)mm
折りたたみ時)
質量
電池パック装着時の重さ
約105g
連続通話時間*1/連続待受時間 190分/約380時間
アドレス帳登録数
電話番号件数/Eメールアドレス件数※1件あたり)
1,000件(4件/1件)
メール保存件数送信/受信 SMS 500件 / メール200件(送受信下書き共用
内部メモリ最大容量 約60MB
外部メモリ(対応カード最大容量*2 microSD™(2GB)
ディスプレイ
ディスプレイ種類 メインTFT / サブ有機EL
ディスプレイサイズ メイン:2.0インチ / サブ:1.0インチ
ディスプレイ解像度 メイン176(W)×220(H)ドット
サブ96(W)×64(H)ドット
カメラ
有効画素数/撮影素子 アウトカメラ:約200万画素(CMOS
インカメラ:約30万画素(CMOS)
静止画記録サイズ最大 メインカメラ:1,600×1,200/JPEG
インカメラ640×480/JPEG
動画記録サイズ最大 176×144
テレビ電話
速度 アップ / ダウンリンク QCIF 15fps@64kbit / s
フォーマット QCIF176×144ピクセル
その他
連続音楽再生時間 約13.5時間*3
日本語入力機能 入力予測変換機能ATOK搭載)/絵文字入力機能
カラー ブラックホワイト
PCモデム接続時対応OS*4 Windows® 2000 SP4、Windows® XP SP2、
Windows Vista®(32bit版)
Bluetooth®通信 ○(1.2)
*1 静止状態の場合
*2 使用する外部メモリメーカーにより、記載容量カードでも対応しない場合あります
*3 製品添付イヤホン接続microSDメモリカードデータ再生開始後、本体折りたたんだ状態で使用した場合。 十分に充電された新品電池パック装着し、電波を正常に受信できる環境で、静止状態で。音楽再生以外の操作を しない場合平均的な値です。環境変化やその他の動作により連続再生時間が短くなる場合もがあります
*4 対応OSはすべて日本語版となります。
標準セット

ACアダプタ電池パック専用USBケーブル専用イヤホンマイクイヤホン変換アダプタCD-ROM取扱説明書簡易取扱説明書保証書本体/ACアダプタ

ツール

メディアプレーヤーアラームカレンダー電卓単位変換通貨変換、タスクリスト、ボイスレコーダーメモ帳ワールドタイムストップウオッチタイマー

ユーティリティ

電話帳メールバックアップスケジュール同期画像音楽等のファイルコピーなど


H11HW

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/02 20:50 UTC 版)

H11HW(エイチいちいちエイチダブリュ)は、ファーウェイが開発した、イー・モバイルの音声通話サービス対応の携帯電話である。






「H11HW」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「H11HW」の関連用語

1
16% |||||

2
12% |||||

3
8% |||||

4
8% |||||

5
8% |||||

6
8% |||||

7
8% |||||

8
8% |||||

9
8% |||||

10
8% |||||

H11HWのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

EMONSTER lite

H11HW

EMONSTER

H11T

EMONSTER lite

EMONSTER





H11HWのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
イー・モバイルイー・モバイル
Copyright (C) 2017 EMOBILE Ltd All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのH11HW (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS