Galaxy S6 edgeとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > Galaxy S6 edgeの意味・解説 

Galaxy S6 edge

読み方ギャラクシーエスシックスエッジ
別名:Samsung Galaxy S6 edgeギャラクシーS6 edgeサムスンGalaxy S6 edge

Galaxy S6 edgeとは、サムスン電子2015年3月発表したスマートフォン端末である。「Galaxy S6と共に発表された。

Galaxy S6 edgeはGalaxy S6姉妹機であり、共にフラグシップモデルであるが、Galaxy S6 edgeには「GALAXY Note Edge」で初め導入された曲面エッジスクリーン左右両端搭載された「デュアルエッジスクリーン」が搭載されている。このため端末左右ベゼル曲面ディスプレイ回り込むような形状となり、狭額縁化持ちやすさやデザイン性の向上が実現されている。GALAXY Note Edge曲面エッジスクリーンメインディスプレイとは画面共有しない独立した表示領域だったが、Galaxy S6 edgeではメイン画面延長となっている。

Galaxy S6 edge
※画像 / Samsung Electronics Co., Ltd.

Galaxy S6 edgeのOSにはAndroid 5.0 Lollipop搭載されている。プロセッサは2.1GHzのクアッドコアプロセッサと1.5GHzのクアッドコアプロセッサ併用するオクタコア構成となっている。アウトカメラ16メガピクセル1600万画素)、インカメラにも5メガピクセルカメラ搭載している。これらのスペックGalaxy S6と同じである。バッテリー容量2600ミリアンペアmAh)で、Galaxy S6よりも50mAh多い。いずれも端末から取り外し交換することはできない


参照リンク
サムスン電子
モバイル端末のほかの用語一覧
サムスン電子:  GALAXY A5  GALAXY A3  GALAXY A  Galaxy S6 edge  Galaxy S6 SC-05G  Galaxy  Galaxy Note 5

Samsung Galaxy S6

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/15 07:01 UTC 版)

(Galaxy S6 edge から転送)

Samsung Galaxy S6Galaxy S6 edgeGalaxy S6 edge+ は、サムスン電子によって開発されたAndroidスマートフォンである。2015年3月1日に発表[4][5]、大きなS6は、2015年8月13日に発表された一方で.




「Samsung Galaxy S6」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

Galaxy S6 edgeに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Galaxy S6 edge」の関連用語




4
32% |||||

5
32% |||||

6
32% |||||

7
32% |||||

8
30% |||||

Galaxy S6 edgeのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Xperia PLAY

iOS 7

ハブ

iPod touch

Microsoft Expression Encoder

第6世代iPod touch

SG-1000

光ファイバ





Galaxy S6 edgeのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリGalaxy S6 edgeの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSamsung Galaxy S6 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS