FOMAハイスピードとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > FOMAハイスピードの意味・解説 

FOMAハイスピード

フルスペル:フォーマハイスピード
【英】FOMA HIGH-SPEED

FOMAハイスピードFOMAハイスピードとは、NTTドコモが提供している高速パケット通信方式名、および、サービス名のことである。

FOMAハイスピードでは、従来FOMA採用されていたパケット通信方式W-CDMA拡張した、HSDPA呼ばれる方式採用されている。受信時の最大通信速度は3.6Mbpsとなっており、従来W-CDMA方式比べて約10倍の速度での通信が可能となっている。また送信時の最大通信速度も384Kbpsと、W-CDMA方式の約6倍の速度実現している。

FOMAハイスピードを利用することで、テレビ電話を使った通話音楽ダウンロードなど、データ通信量の多いサービスでも快適に利用することができる。

FOMAハイスピード
FOMAハイスピード対応端末「P903iX HIGH-SPEED」

FOMAハイスピードは2006年半ばサービスの提供が開始された。FOMAハイスピードを利用するためには、「HIGH-SPEED通信」に対応したFOMA機種用いて対応通信エリア内でサービス利用する必要がある通信エリアサービス提供開始から徐々に拡大しており、2007年3月時点FOMA通信エリア70%に対応したと発表されている。



※画像提供 / 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
参照リンク
FOMAハイスピード - (NTTドコモ
携帯電話のほかの用語一覧
データ通信:  AXGP  Amazon限定SIM  FOMAユビキタスモジュール  FOMAハイスピード  HSDPA  HSUPA  HSPA+

FOMAハイスピード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/28 23:18 UTC 版)

FOMAハイスピードフォーマ・ハイスピード)は、NTTドコモIMT-2000HSPA)サービス。第3.5世代移動通信システムサービスに分類されている。最大受信14Mbps、送信5.7Mbpsのデータ通信サービス。




  1. ^ データ通信カード市場での顧客満足度No.1はNTTドコモ(IT-Pro)
  2. ^ カード型端末であるFOMA F2402は、従来型FOMAであるが受信・送信速度ともに384kbps通信できた。
  3. ^ NTTドコモ 報道発表資料:FOMAハイスピードエリアの人口カバー率100%を達成より


「FOMAハイスピード」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「FOMAハイスピード」の関連用語

1
52% |||||

2
38% |||||

3
38% |||||

4
36% |||||

5
36% |||||

6
34% |||||

7
34% |||||


9
34% |||||

10
34% |||||

FOMAハイスピードのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Xperia Z SO-02E

iPad mini

Microsoft Band

libretto W100

肩付きルビ

Wedge Touch Mouse

HP Slate7

オフライン作業





FOMAハイスピードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリFOMAハイスピードの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのFOMAハイスピード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS