FOMAらくらくホンIIとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 機器 > 精密機器 > 携帯電話端末 (富士通) > FOMAらくらくホンIIの意味・解説 

FOMA らくらくホンII(F881iES)


機能一覧

サイズ 高さ 107mm x 幅 51mm x 厚さ 23mm
連続待受時間注意1
静止時/移動時)
470時間/約 345時間
連続通話時間注意2
音声通話時)
165
ディスプレイ種類注意3 TFTメイン
STNサブ
ディスプレイサイズ 約 2.4インチメイン
約 1.2インチサブ
ディスプレイ最大同時発色 65,536色(メイン
モノクロサブ
ディスプレイ解像度ドット数) 240×320メイン
120×60サブ)<ドット
和音 64和音
電話帳最大登録件数
電話帳1件に登録できる電話番号メールアドレス
500
(3件/3件)
iモード iアプリ最大保存件数 未対応
画面メモ最大保存件数注意4 50
メール 最大保存件数注意4
送信メール受信メール
50件/200
メールフォルダ 29
ミュージックプレーヤー ミュージックプレーヤー 未対応
バックグラウンド再生 未対応
楽曲保存形式 未対応
着信音 メロディ・パターン 15曲+28種類
iメロディ 30注意4
その他 外部メモリー対応
最大容量
未対応
FOMAプラスエリア 対応
赤外線通信対応 未対応
バーコードリーダー 未対応
音声認識 対応
通話料金上限通知 未対応
遠隔ロック 未対応
自動時刻補正機能 未対応

カメラ機能一覧

撮像素子注意1
アウト外側メインイン内側サブ
CMOSCMOS
カメラ有効画素数
アウト外側メインイン内側サブ
32万画素/11万画
記録画素数
アウト外側メインイン内側サブ
31万画素/10万画素
オートフォーカス 未対応
接写 未対応
フォトライト 未対応
動画 動画記録サイズ 176×144
動画ファイル形式 MP4
動画録画時間注意2注意3
本体/外部メモリー16MB)
75秒/未対応
フレームレート 最大15fps
画質 3種
デジタルズーム 最大3倍(3段階
切り出し 対応注意5
テロップ
アフレコ
未対応
静止画 静止画記録サイズ
ファイル形式JPEG
176×144
240×320
352×288
640×480
静止画記録枚数注意4 460注意6
フォルダ 100
連続撮影 未対応
画質 1種
デジタルズーム 最大3倍(3段階
サムネイル 6面(3×2)

FOMAらくらくホンII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/31 14:43 UTC 版)

FOMA らくらくホン II(フォーマ・らくらくホン・ツー)は、富士通が開発した、NTTドコモ第三世代携帯電話 (FOMA) 端末。らくらくホンシリーズの端末で、 FOMA F881iES(フォーマ・エフ はち はち いち・アイ・イー エス)のブランド名。型番末尾の ESEasy Style の略である。






「FOMAらくらくホンII」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「FOMAらくらくホンII」の関連用語

FOMAらくらくホンIIのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

FOMA F706i

docomo STYLE series P-08A

docomo STYLE series L-04A

docomo STYLE series SH-02B

Windows®ケータイ HT1100

docomo SMART series N-04A

キッズケータイ SA800i

らくらくホン プレミアム





FOMAらくらくホンIIのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
NTTドコモNTTドコモ
© 2016 NTT DOCOMO, Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのFOMAらくらくホンII (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS