FLAKとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > FLAKの意味・解説 

【FLAK】(ふらっく)

  1. 大口径の高射砲代名詞

  2. 正しく第二次世界大戦時、ドイツ軍使用された高射砲の名称。
    ドイツ語でFlugabwehrkanoneの略である。
    口径は20mm~128mmと十数種類あり、中でも88(Acht Acht(アハトアハト))」と呼ばれた88mm高射砲(FLAK18等)は、大口径で有効射程広く連合軍爆撃機乗りにとって最大恐怖であった。

    また、88mm高射砲平射撃を行う事により対戦車砲としても非常に有用だったほか、III/IV号対戦車自走砲ナースホルン」や6号戦車ティーガーII)等の主砲にも転用された。
IMG_5004.jpg
Photo:MASDF

(アハトアハト)





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「FLAK」の関連用語

FLAKのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

用途廃棄

VADS

B-2

V尾翼

Yak-141

エリアルール

AGM-88

ドーサルスパイン





FLAKのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。

©2017 Weblio RSS