FHSSとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > FHSSの意味・解説 

FHSS

フルスペル:Frequency Hopping Spread Spectrum
読み方エフエイチエスエス
別名:周波数ホッピング方式

FHSSとは、無線通信で用いられるスペクトラム拡散方式一種で、データ搬送する電波周波数を短い時間次々と変えて行く方式のことである。IEEE 802.11無線LAN標準方式一つとなっている。

FHSSでは、電波短時間様々な周波数帯域へと変化するので、特定の周波数におけるノイズ影響を受けにくくなっており、よりノイズに強いという性質をもっている。同時に通信秘匿性比較的高いという長所持っている通信送信側・受信側はそれぞれ周波数変化法則に関する情報持っているため、データの変復調正しく行うことが可能となっている。短距離向けの無線通信規格であるBluetoothなどが、FHSSの方式採用している。

FHSSと同様、IEEE 802.11規格に基づいた無線通信方式としては、DSSSDirect Sequence Spread Spectrum方式がある。FHSSの通信速度が1~2Mbps程度であるのに比べて、DSSSは最高11Mbpsの高速データ転送が可能となっているという長所がある。なお、FHSSとDSSSの間に互換性はない。


参照リンク
Tutorial on draft standard D3.0 of IEEE P802.11 - (PDF形式
接続インターフェースのほかの用語一覧
IEEE:  DTCP  DTCP-IP  EPP  FHSS  HSTR  バイトモード  標準化団体

スペクトラム拡散

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/05 13:58 UTC 版)

(FHSS から転送)

スペクトラム拡散(スペクトラムかくさん、英語: spread spectrumSS)は、通信信号を本来よりも広い帯域に拡散して通信する技術。無線通信に多く用いられる。「スペクトル拡散」、「周波数拡散」とも言う。


[ヘルプ]
  1. ^ 半導体による「弾性表面波コンボルバ」の大量生産など。
  2. ^ 軍用でも連続波(CW)1wで実用化している。従来はパルス波で数kw以上だった。
  3. ^ 従来は攻撃前のレーダー照射を受信して攻撃を予測できるが、SSでは電波が弱いため探知できない。
  4. ^ この壁を破るために、冗長度を上げたり重畳化して、限定的に解決していた。FM波は、雑音に強かった。
  5. ^ 信号に対する相関係数が少ないからである。SS通信の実用化前には信号を冗長化して、誤りを減らしていた。軍事用では冗長化は逆に解読機会を増やすことがある。
  6. ^ 軍用などでは、もっとランダムな雑音(2進数パターン)を用いる。Gold系列もM系列も民生用の話である。
  7. ^ 秘密入手、バックドア、弱鍵、総あたり攻撃など


「スペクトラム拡散」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

FHSSに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「FHSS」の関連用語

FHSSのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

GALAXY J SC-02F

AQUOS PHONE f SH-13C

Optimus bright

BlackBerry Curve 9350

ARROWSケータイF-05G

AQUOSケータイSH-06G

GALAXY Tab

OHA





FHSSのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2015 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリFHSSの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスペクトラム拡散 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS